遊戯王カード考察:銀河の修道師(ギャラクシー・プリースト) EXデッキを補充しつつ2枚ドロー

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。

 

 

 

銀河の修道師
効果モンスター
星4/光属性/魔法使い族/攻1500/守 600
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの、「フォトン」Xモンスターまたは
「ギャラクシー」Xモンスター1体を対象として発動できる。
手札のこのカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「フォトン」カード及び「ギャラクシー」カードの中から
合計5枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカードをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

 

 

ギャラクシーの新規となり光属性魔法使い族のレベル4モンスターです。

青く光る1つ目が特徴的なサイバーチックな神官です。

プリーストという点からも銀河の魔術師の相棒感が出ていますね。

 

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分フィールドの、「フォトン」Xモンスターまたは
「ギャラクシー」Xモンスター1体を対象として発動できる。
手札のこのカードをそのモンスターの下に重ねてX素材とする。

①の効果は1ターンに1度、

自分の場のフォトンエクシーズかギャラクシーエクシーズ1体に

手札のこのカードをオーバーレイユニットにするというものです。

フォトンエクシーズもギャラクシーエクシーズも素材に困るケースは少なく

②の効果とトレードオフになる為あまり使う機会はありませんが

蘇生させたエクシーズに素材を渡すといった動きが可能となります。

またCNo.107 超銀河眼の時空龍から出せるCX 冀望皇バリアンは

オーバーレイユニットが増えれば増えるほど強力になる為

この効果でオーバーレイユニットを水増しする意味もあるでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「フォトン」カード及び「ギャラクシー」カードの中から
合計5枚を対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカードをデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

②の効果は1ターンに1度、このカードを召喚か特殊召喚した場合に

墓地のフォトンかギャラクシーと名の付くカードを5種類デッキに戻し、

その後デッキから2枚ドローするというドロー促進効果です。

5枚という枚数は一見多いように見えますが魔法罠もデッキに戻す事が可能で

またギャラクシーは頻繁に重ねてエクシーズ召喚する事が多い為、

レベル8のギャラクシー2体で銀河眼の光波竜

→ギャラクシーアイズ FA・フォトン・ドラゴン→銀河眼の光波刃竜 

と繋げていくだけでもすぐに条件の5種類を満たす事が出来るでしょう。

むしろこういった重ねてのエクシーズを繰り返す場合

EXデッキの消耗が激しくなる為、その補充の目的としても重宝します。

 

 

とにかく②の効果が優秀で

ドローソース兼EXデッキの補充として何かと重宝します。

レベル4なので効果を使った後は輝光竜フォトン・ブラスト・ドラゴンを

始めとするランク4エクシーズに繋げるといいでしょう。

幸いフォトン・スラッシャーやフォトン・バニッシャーあたりと並べやすく

ランク4へ繋げるのは難しくありません。

関連記事

遊戯王カード考察:魔界劇団のカーテンコール EXデッキから全員集合

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:希望の魔術師 初のランク4エクシーズペンデュラム P召喚が出来ない時などに

本日4月21日にVジャンプ6月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこの

記事を読む

遊戯王カード考察:ジェムナイト・ファントムルーツ ジェムナイトの持ち味である連続融合のサポートに

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCG:2018年7月の制限改定を個人的に予想してみる

6月になりました。 だんだんと暑くなってきてしんどいです。 自分はとにかく冬型の人間なの

記事を読む

灰流うらら(はるうらら):遊戯王カード考察

すごいメタカードが来ちゃいました   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよ

記事を読む

遊戯王カード考察:エターナル・エヴォリューション・バースト 相変わらず殺意全振りなサイバー流

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:RR(レイド・ラプターズ)-デビル・イーグル、RR-ワイルド・ヴァルチャー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重忍者(ちょうじゅうにんじゃ)サルト-B

今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-アルティメット・ファルコン

シャイニング・ビクトリーズのCMも放送されましたね。 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・   今回紹介するのはスターターデッキ20

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,282,632 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑