遊戯王カード考察:雷神龍(らいじんりゅう)-サンダー・ドラゴン 何気に除去効果に回数制限なし

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。

 

 

 

雷神龍-サンダー・ドラゴン
融合・効果モンスター
星10/光属性/雷族/攻3200/守3200
「サンダー・ドラゴン」モンスター×3
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●手札の雷族モンスター1体と、「雷神龍-サンダー・ドラゴン」以外の
自分フィールドの雷族の融合モンスター1体を
除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
①:雷族モンスターの効果が
手札で発動した時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
②:このカードが効果で破壊される場合、
代わりに自分の墓地のカード2枚を除外できる。

 

 

サンダー・ドラゴンの進化形となる光属性雷族のレベル10融合モンスターです。

3つの頭を持つサンダー・ドラゴンとも言うべき形状であり

融合素材からもサンダー・ドラゴン版の青眼の究極龍や

サイバー・エンド・ドラゴンとも言うべきモンスターとなっています。

前進から稲妻がほとばしっているのが迫力満点ですね。

 

 

「サンダー・ドラゴン」モンスター×3
このカードは融合召喚及び以下の方法でのみ特殊召喚できる。
●手札の雷族モンスター1体と、「雷神龍-サンダー・ドラゴン」以外の
自分フィールドの雷族の融合モンスター1体を
除外した場合にEXデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。

融合素材はサンダー・ドラゴン3体となっていますが

生気の融合召喚以外にもこのカード以外の雷族融合モンスターと

手札の雷族1体を除外する事で融合なしでEXデッキから特殊召喚可能です。

普通に融合召喚するよりも断然出しやすいので基本はこちらを狙う事になるでしょう。

超雷龍-サンダー・ドラゴンから繋げる事をデザインしていると思われますが

簡易融合で雷神の怒りを出せば後は手札に雷族1体を用意すれば特殊召喚が可能です。

 

ジェムナイト・フュージョンからジェムナイト・プリズムオーラを融合召喚する手もあります。

この場合ジェムナイト・ラズリーとジェムナイト・ルマリン(orアンバー)を素材にする事で

ラズリーの効果でもう片方を回収できるのそのまま超雷龍-サンダー・ドラゴンに繋げられます。

 

変わった所では聖霊獣騎 カンナホークと聖霊獣 カンナホークでも出せます。

【聖霊】においては特殊召喚の為に除外する事もメリットとなるでしょう。

 

 

①:雷族モンスターの効果が
手札で発動した時に発動できる(ダメージステップでも発動可能)。
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

①の効果は手札で雷族モンスターの効果が発動した場合に

フィールドのカード1枚を選んで破壊するというものです。

手札で発動できる雷族はサンダー・ドラゴン、エレクトリック・ワームが該当します。

サンダー・シーホースも該当しますが特殊召喚できなくなる制約があるので

このカードを出した次のターンに発動するなどの工夫が必要となります。

基本的にはサンダー・ドラゴンからの発動を狙う事になるでしょう。

対象に取らない破壊でありまた何気に1ターンに1度の制約も無い為、

手札から雷族の効果を発動する度に効果を発動可能です。

場合によってはサンダー・ドラゴンを1体ずつサーチしてもいいですし

墓地のサンダー・ドラゴンを貪欲の壺なりでデッキに戻し

更に繰り返し発動を狙ってもいいでしょう。

 

 

②:このカードが効果で破壊される場合、
代わりに自分の墓地のカード2枚を除外できる。

②の効果はこのカードが効果破壊される場合に

自分の墓地のカード2枚を除外する事で身代わりにできるというものです。

超雷龍-サンダー・ドラゴンも似たような効果を持っていますが

あちらが1枚の除外でOKで戦闘破壊にも対応しているのに対し、

こちらは2枚の除外が必要ですが除外するカードの種類を問いません。

メタファイズや不知火のような除外がメリットになるカードや

不要になった魔法罠を除外できるという点ではこちらの方が扱いやすいとも言えます。

実質的に3200打点が効果破壊に耐性を持っているのは単純に優秀です。

 

 

【雷族】や【ジェムナイト】であればかなり緩い条件で特殊召喚する事が可能であり

そこにサンダー・ドラゴンを混ぜる事で①の効果も狙う事が可能となります。

「シンプルながらも使いやすい除去効果を持つ耐性持ちの3200打点」

という出しやすさと強さが高水準でまとまった優秀なカードだと言えるでしょう。

しかしまさかサンダー・ドラゴンにスポットが当たるとは予想外でした。

元々サンダー・ドラゴンは手札コストとして一定の需要のあるカードでしたが

超雷龍-サンダー・ドラゴンと合わせてここに来て新しい使い方が生まれてきました。

何度か言ってますが自分はこういう昔のカードを活かした強化は大好きです。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:The suppression PLUTO(ザ・サプレッション・プルート)

対象に取らないコントロール奪取!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光

記事を読む

真紅眼の鉄騎士(レッドアイズ・メタルナイト)-ギア・フリード、真紅眼の幼竜(レッドアイズ・ベビードラゴン):遊戯王カード考察

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第106話『アークエリア・プロジェクト』感想

アークファイブ106話の感想です。 黒咲でさえもカイトを説得する事は出来なかった。 その

記事を読む

動画紹介:エンターテイメントのデュエルとは?

今回紹介するのは遊戯王のニコニコ動画の中でも非常に有名なものの1つです。 それでもこの動画は是

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴェンデット・キマイラ 儀式召喚してもいいし生贄にしてもいい

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王テーマ考察:【サンダー・ドラゴン】 皆して手札から捨てて発動しよう

サンダー・ドラゴン 遊戯王OCGの初期も初期、vol7から存在する非常に歴史あるカードです。

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第37話『我が母なる樹』感想

遊戯王ヴレインズ37話の感想です。   前回のあらすじ:お兄様がヒロイ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第48話『裁きの矢』感想

遊戯王ヴレインズ48話の感想です。   前回のあらすじ:なんで仁くんす

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第3話『ファースト・コンタクト』感想

遊戯王ヴレインズ3話の感想です。 見事デコード・トーカーを駆使してハノイの騎士を倒したプレイメ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:精霊獣使い(せいれいじゅうつかい) ウィンダ

ウィンダちゃんは自爆特攻を覚えた!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    地味に①の効果によって「ダメージステップでも発動できる手札誘発の雷族モンスター」が収録されることがほぼ確定したんだよね。
    融合以外の「サンダー・ドラゴン」モンスターの追加にも期待できる。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:希望皇(きぼうおう)オノマトピア ヒャッハーカード名全部乗せだぁ!

歴代主人公のエースカードや特性のカードプロテクターなどが収録された

遊戯王カード考察:魔弾の射手 マックス 相手の場にカードあればアド!これでLINK-1なんだぜ・・・

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第77話『相容れない兄妹』感想

遊戯王VRAINS77話の感想です。  

遊戯王カード考察:プラチナ・ガジェット 何かこの制約流行りそう

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王カード考察:ハーピィ・パフューマー サーチ対象は結構多いです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

→もっと見る

    • 5,860,114 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑