遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。

 

 

サイバネット・オプティマイズ
永続魔法
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
サイバース族モンスター1体を召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:自分の「コード・トーカー」モンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

 

 

サイバース族、さらにはコード・トーカーのサポートとなる永続魔法です。

バックアップ・セクレタリーとバックアップ・オペレーターが

ビットルーパーに対して何やら作業をしています。

オプティマイズとは「最適化」といった意味で

ソフトウェア等がより効率的、高速に動く用に調整する事です。

イラストから見る限りビットルーパーのオプティマイズを行っているのでしょう。

セクレタリーは立って作業しているのに対しオペレーターは座りながらです。

オペレーターさんその椅子セクレタリーにも分けてあげません?

 

 

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
サイバース族モンスター1体を召喚する。
この効果の発動後、
ターン終了時まで自分はサイバース族モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

①の効果は1ターンに1度、

EXデッキからサイバース族しか特殊召喚できなくなる代わりに

通常の召喚とは別にサイバース族1体を通常召喚できるというものです。

展開力の向上に直結する効果であり

サイバース・ガジェットやROMクラウディア、ドラコネットやイヴリース等

通常召喚時に効果を発動できるサイバース族のサポートとして特に効果的です。

永続魔法故に二重召喚等と違ってフィールドに残っている限り

毎ターン2回通常召喚が狙えるというのも魅力的です。

 

 

②:自分の「コード・トーカー」モンスターが戦闘を行う場合、
相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。

②の効果はコード・トーカーと名の付くモンスターが戦闘を行うダメージステップの間

相手の魔法、罠、モンスター効果の発動を封じるというものです。

ダメステ中のカードの発動を封じられるのがいかに優秀かつ厄介かは

ホープ・ザ・ライトニングで散々思い知った人もいるでしょう。

特に高い攻撃力を確保できるパワーコード・トーカーや

連続攻撃の出来るシューティングコード・トーカーのサポートとして優秀です。

 

 

①の効果だけでも十分に優秀なので仮にコード・トーカーを採用していない場合でも

サイバース族デッキであれば入れて損はないカードだと思います。

今後転生炎獣をはじめとして様々なサイバース族テーマが出てくる可能性もあり

それらのサポートとしてもこのカードは期待できます。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:魔界劇団-ワイルド・ホープ

デビル・ヒールの最高の相方   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこ

記事を読む

異次元の探究者:遊戯王カード考察 帰還タイミングがポイント

モリンフェンスリーブ化されるみたいですね。まあ接戦でしたしね。 この調子でズァークもスリーブ化

記事を読む

デコード・トーカー:遊戯王カード考察

リンク召喚のトップバッター兼アピール要因!種族も新しい!   4月に新しく放映

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜魔王ベクターP(ペンデュラム)

とうとう今日ディメンション・オブ・カオスの発売ですね! 皆さんにとってのお目当てのカードは何で

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-ウィンター・ベル

レベル7までのモンスターを手札から簡単に特殊召喚!   今回紹介するのはレイジ

記事を読む

オルターガイスト・ヘクスティア:遊戯王カード考察 メインアタッカー兼優秀な繋ぎ要因

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

プチラノドン:遊戯王カード考察

手札からでもデッキからでも破壊されまくるある意味可哀想な子   今回紹介するの

記事を読む

パラレルポート・アーマー:遊戯王カード考察 攻撃にも防御にも

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その4

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第64話『ターニング・ポイント』感想

遊戯王ヴレインズ64話の感想です。   前回のあらすじ:↑これ演技でし

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,867,438 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑