遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカードです。

 

 

エルフェーズ
リンク・効果モンスター
風属性/サイバース族/攻2000/LINK-2
【リンクマーカー:上/右】

←  
/ ↓ \
レベル3以上のサイバース族モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードの攻撃力は、
このカードのリンク先のモンスターの数×300アップする。
②:リンク召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、
自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、
効果が無効化され、リンク素材にできない。

 

 

風属性サイバース族のLINK-2です。

ヴレインズにおいてプレイメーカーがボーマン戦で使用したカードで

サイバース・ウィッチのリンク素材となりつつ

その効果で墓地からデフコンバードを蘇生しました。

マスクとマフラーが特徴的なエルフが回し蹴りしています。

体つきもしっかりとしており日本におけるエルフの華奢なイメージに反して

かなり武闘派なタイプのエルフに感じられます。

名前の由来は「エルフ+フェーズ」からだと思われます。

フェーズ(フェイズ)とは段階や工程を意味する言葉で遊戯王においても

メインフェイズなりバトルフェイズなりでお馴染みな言葉ですね。

 

 

【リンクマーカー:上/右】
レベル3以上のサイバース族モンスター2体

リンク素材にはレベル3以上のサイバース族2体を指定しています。

サイバース族はトークンを使ってリンク召喚をする事が多く

意外とこのレベル3以上という制約が手間になってきます。

簡単なのはレディ・デバッカーやROMクラウディア等で

バックアップ・セクレタリーを手札に持ってきて特殊召喚する方法です。

リンクマーカーは上と右にそれぞれと

メインモンスターゾーンに出す事で真価を発揮できる向きになっています。

ただすぐにこのカードをリンク素材にしてしまう場合は

EXモンスターゾーンに出しても特に問題はないでしょう。

 

 

①:このカードの攻撃力は、
このカードのリンク先のモンスターの数×300アップする。

①の効果はこのカードのリンク先にモンスターがいれば

自身の攻撃力をその数×300アップさせる自己強化効果です。

上と右両方のリンク先にモンスターがいれば攻撃力2600と

LINK-2としては中々の数値に到達します。

いざという時はアタッカーとして活用する事も出来るでしょう。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:リンク召喚した表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、
自分の墓地のレベル4以下のサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターン、
効果が無効化され、リンク素材にできない。

②の効果は1ターンに1度、

リンク召喚しているこのカードがフィールドから離れた場合に

墓地のレベル4以下のサイバース1体を特殊召喚する蘇生効果です。

ただしこの時蘇生したサイバースはそのターンの間効果が無効化され

リンク素材にできない制約が発生します。

シューティングコード・トーカーとは相性がよく

このカードを素材にしてシューティングコードをリンク召喚し、

そのリンク先にモンスターを蘇生させる事で連続攻撃の条件を満たせます。

ベクター・スケア・デーモンをリンク召喚してその効果の為に

蘇生したモンスターをリリースしてしまうのもいいでしょう。

この際サイバース・ガジェットや夢幻崩界イヴリースを蘇生して墓地へ送る事で

そちらの効果も発動できるのでオススメです。

 

 

②の効果はリンク素材にしてしまう他に

サイバネット・バックドア等で一時的に除外する事でも効果を発動可能です。

この場合EXモンスターゾーンのこのカードをメインモンスターゾーンに移動できるので

より①の効果で攻撃力を上げやすくなるでしょう。

また②の効果で発生する制約は特殊召喚したターンのみなので

相手ターンにフィールドから離す事で次の自分ターンには

効果を発動できますしリンク素材にもできます。

そういう意味でも相手ターンに一時的にフィールドから離す事の出来る

サイバネット・バックドアとは相性がいいと言えるでしょう。

関連記事

遊戯王アークファイブ第91話『めぐりあう運命』感想

遊戯王ARC-V91話の感想です。 バレットの勲章ロックにより苦戦を強いられる遊矢。 ユ

記事を読む

トレジャー・パンダー:遊戯王カード考察 除外コストの許す限り何体でも特殊召喚可能!

今回紹介するのはコード・オブ・デュエリストよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:創星神 tierra(そうせいしん ティエラ)

新たなるラスボス、降臨   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD怒濤壊薙王(どとうかいちおう)カエサル・ラグナロク

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:クリボール

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第50話『転校生 穂村 尊』感想

遊戯王ヴレインズ50話の感想です。 前回のあらすじ:不霊夢が思った以上にポンコツ

記事を読む

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:古神(こしん)クトグア

真帝王降臨のCMが発表されましたね。アドバンス召喚好きにはたまりません。 今回紹介するのはEX

記事を読む

遊戯王カード考察:デーモンの招来 今度はシンクロでリメイク、シンプルにありがたい対象耐性

OCG20周年記念イベントとなるSPECIAL PACK 20th ANNIVERSARY EDIT

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第16話『潜入SOL電脳要塞』感想

遊戯王VRAINS16話の感想です。 ゴーストガールからSOL社データバンクのセキュリティホー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,978,511 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑