遊戯王OCG、2018年7月の制限改定判明!やっぱり1ターンキルには厳しい

2018年7月のリミットレギュレーションが判明しました。

 

 

 

 

規制強化されたカード

・禁止

キャノン・ソルジャー
トゥーン・キャノン・ソルジャー
マジカル・エクスプロージョン

 

・制限

アストログラフ・マジシャン
調弦の魔術師
ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム
閃刀機-ホーネットビット
盆回し

 

規制緩和されたカード

・準制限

エルシャドール・ネフィリム
エルシャドール・ミドラーシュ
SPYRAL GEAR-ドローン
SRベイゴマックス
D-HERO ディスクガイ
緊急テレポート

 

・無制限

WW-アイス・ベル
影霊衣の術士 シュリット
マスマティシャン
命削りの宝札
真竜の継承

 

 

禁止カードが一気に3枚追加です。

今回は制限が規制、準制限が緩和とキッチリ分かれていますね。

それではいくつかピックアップしていきましょう。

 

キャノン・ソルジャー(無制限→禁止)

トゥーン・キャノン・ソルジャー(無制限→禁止)

マジカル・エクスプロージョン(制限→禁止)

1キルパーツとして重宝されていたカード達が禁止になっています。

特にキャノン・ソルジャーはABCなどでよく使われていました。

キャノン・ソルジャーだけ禁止してもトゥーンの方が使われるでしょうし

トゥーンの方もまとめて禁止になっています。

今後はABCもキャノン・ソルジャーに頼らないデッキ構築が求められるでしょう。

 

 

アストログラフ・マジシャン(無制限→制限)

調弦の魔術師(無制限→制限)

ヘビーメタルフォーゼ・エレクトラム(無制限→制限)

前回に引き続き魔術師用に使われていたカードががっつり規制されています。

まあ前回の規制をものともしないぐらい環境で活躍していましたからね。

調弦の魔術師規制はとうとう来たかって感じです。

エレクトラムはペンデュラム全般で使われているリンクモンスターだっただけに

魔術師以外のペンデュラムデッキにも少なくない影響があるでしょう。

 

 

閃刀機-ホーネットビット(無制限→制限)

閃刀姫からはトークンを生成できるホーネットビットが規制です。

閃刀起動-エンゲージと共に様々なデッキに出張していたカードで

1ターンに1度の制約が無い事もありカガリを経由する事で

このカード1枚から召喚権なしでLINK-2を用意する事が可能でした。

とは言え魔術師と比較すると規制は緩い方であり

出張こそ難しくなったものの閃刀姫そのものはまだいけるという印象です。

 

盆回し(準制限→制限)

テラ・フォーミングに続いて盆回しも制限となりました。

最近ではますます強力なフィールド魔法が増えており

サーチする難易度を上げる為の処置と言えるでしょう。

メタバースはまだ無制限のままなのでこちらの重要性が上がりそうです。

 

 

エルシャドール・ネフィリム(制限→準制限)

エルシャドール・ミドラーシュ(制限→準制限)

シャドールの融合モンスター2つが準制限に緩和です。

前回ネフィリムの禁止解除から入れ替わるようにミドラーシュが制限となりましたが

大丈夫と判断されたのか2枚合わせて緩和されています。

全盛期のシャドールに大分近づいてまいりました。

 

 

緊急テレポート(制限→準制限)

長らく制限カードになっていた緊急テレポートが緩和です。

現在ではトランスファミリアやサイコ・エース、異次元の探究者など

緊急テレポートに対応するモンスターも増えており

そういったカードがより活躍しやすくなるでしょう。

 

 

SRベイゴマックス(制限→準制限)

スピードロイドのキーカード、ベイゴマックスが準制限に緩和です。

召喚兼なしでレベル3を2体用意できる優秀なカードであり

特にランク3エクシーズを使うデッキにおいてよく出張されていました。

リンク素材としても優秀なカードであり

特に彼岸の黒天使 ケルビーニのリンク召喚に重宝するでしょう。

 

 

WW-アイス・ベル(準制限→無制限)

アイス・ベルが無制限になった事でウィンドウィッチが全盛期の力を取り戻しました。

ウィンドウィッチは少ないカード数ながらも完成度の高いテーマであり

こちらもスピードロイド同様色んなデッキに出張していました。

今後はまたWWを混ぜたデッキも見かけるかもしれませんね。

それにしてもユーゴとリンのカードが同時に緩和とか中々感慨深いです。

 

総評

魔術師ががっつり規制された一方で

環境トップに君臨していた閃刀姫はそこそこの規制で済んだ印象です。

また同じく結果を残していたトロイメアやオルターガイストは無傷であり

これらの今後の活躍が注目される所です。

緩和されたカードには出張パーツとしてよく使われたものも存在しており

今後はそういったカードがどれだけ使われるかも気になる所です。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)セカンドンキー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:HSR(ハイスピードロイド)チャンバライダー

早速魔術師が大会で結果を残しているみたいですね。 まあサーチ手段も豊富でレベル7出しやすいとな

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:沈黙の剣士-サイレント・ソードマン、沈黙の剣

今回紹介するのはデュエリストパック-王の記憶編-よりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)77 ザ・セブン・シンズ

本来ならば来年の2016年に発売されるプレミアムパック18。 しかし2015年の12月19日と

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバー・ファロス ついにパワー・ボンドがサーチできるように

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:小法師(しょうぼうし)ヒダルマー とりあえず②の効果を狙おう

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:弾丸特急バレット・ライナー 地属性機械族って結構います

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ゴヨウ・チェイサー

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:無限泡影(むげんほうよう) 君は手札から発動してもいいし普通にセットして発動してもいい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:剣闘獣(グラディアルビースト)ドラガシス ようやくアンダバタエとエーディトルが救われました

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    カガリはサルベージだから、ビットカガリビットは健在だぞ

  2. 匿名 より:

    マジエク無くなっても残骸爆破あるしまだ行けるな(しかも此方は規制されてないから連続で撃てる可能性もある

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,148,303 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑