遊戯王カード考察:フォトン・ハンド 永続コントロール奪取、発動条件も難しくない

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。

 

 

 

フォトン・ハンド
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか使用できない。
①:自分フィールドに「フォトン」モンスターまたは
「ギャラクシー」モンスターが存在する場合、
1000LPを払い、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
発動時に自分フィールドに「銀河眼の光子竜」が存在しない場合には、
Xモンスターしか対象にできない。

 

 

ギャラクシー及びフォトンのサポートカードとなる通常魔法です。

フォトン・ハンドとは遊戯王ZEXALにおける天城カイトの特殊能力で

相手が持つナンバーズを魂ごと奪い取るというものです。

イラストではまさにそのフォトン・ハンドで

相手の魂を奪い取って自分の管轄外にしようとしている様子が描かれています。

 

 

その効果は1ターンに1度、

自分の場にフォトンかギャラクシーモンスターがいる時にライフを1000支払う事で

相手エクシーズモンスター1体のコントロールを奪取するというものです。

ナンバーズを奪い取るアニメの描写を効果で再現したようなものとなっています。

この際自分の場にギャラクシーアイズ・フォトン・ドラゴンがいる場合

エクシーズに限らず全てのモンスターのコントロールを奪取する事が可能となります。

あくまで銀河眼の光子竜限定でNo.62 銀河眼の光子竜皇

銀河眼の光波竜などでは条件を満たさない点には注意です。

 

 

この手のコントロール奪取用の魔法カードとしては永続的に奪えるのがポイントで

特に相手のエースモンスターのコントロールを奪取にできれば美味しいです。

今の環境ではエクシーズモンスターと対峙するケースはそれほど多くない為

出来るだけ銀河眼の光子竜を用いて発動する事が望ましいでしょう。

肝心の銀河眼の光子竜を場に出す事に関しては

銀河眼の雲篭や輝光竜フォトン・ブラスト・ドラゴンなどを用いれば

場に出すことは難しくないでしょう。

元々【ギャラクシー】や【フォトン】自体が銀河眼の光子竜を主軸にするテーマなので

自然な形で条件を満たす事が可能と思われます。

発動条件さえ満たせれば文句無しに強力なカードであり

相手のエース格をどんどん相手の管轄外にしていきましょう。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:グレイドル・インパクト

ディメンション・オブ・カオスの発売も近づいてきましたね。 今回紹介するのはこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバー・ドラゴン・ズィーガー サイバー流がまた1キル狙いやすく

4月14日に新しいパック、 CYBERNETIC HORIZON(サイバネティック・ホライゾン

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴェンデット・バスタード そこそこの攻撃力と後続への繋げやすさ

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

2016年度遊戯王OCG検定終了、面白かった問題やwikiと裁定の違う問題に関して

4月25日から5月9日までの間、2016年度の遊戯王OCG検定が実施されていました。 28問全

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)ダークリベリオン:遊戯王カード考察 4000程度のダメージは軽くいけます

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:パワー・ウォール

あのヘルカイザーのカードついにOCG化   2016年12月17日に 2

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械飛竜(アンティーク・ギアワイバーン)

アンティーク・ギアなら何でもサーチ!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:精霊獣使い(せいれいじゅうつかい) ウィンダ

ウィンダちゃんは自爆特攻を覚えた!   今回紹介するのはレイジング・テンペスト

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:シンクローン・リゾネーター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 6,401,061 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑