遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第54話『戦慄のバトルドローン』感想

公開日: : アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王ヴレインズ

遊戯王ヴレインズ54話の感想です。

前回のあらすじ:御覧のアニメはガンゲイルオンラインではなく遊戯王です

 

 

アイアムパーフェクトドローン

バトルドローン・ジェネラルの効果発動、

1ターンに1度、墓地のドローンを蘇生できるというものでポーンを蘇生、

さらに装備魔法「ドローン・ランチャー・ユニット」をジェネラルに装備させます。

これによりジェネラルはモンスター効果の対象にならない耐性をえて

さらに場のリンクマーカー1つにつき100、今回の場合700のダメージを与えます。

そしてカードを2枚伏せてバトルフェイズ。

ここでジェネラルの更なる効果が発動、

レベル4、攻撃力1000以下のドローンはダイレクトアタックが可能というもので

ポーンでダイレクトアタックを仕掛けます。

さらにダイレクトアタックしたドローンをリリースする事で

攻撃力分のダメージを与えるという効果までついています。

そしてバトルドローン・サージェントの効果、

他のドローンがダイレクトアタックに成功した場合に

自身もダイレクトアタック出来るというというもので

リリースして攻撃力分のダメージを与える効果と合わせて

プレイメーカーのライフを一気に残り500にまで削ります。

そしてトドメとばかりにジェネラルでシューティングコードを攻撃、

これに対してプレイメーカーは通常罠「キュア・コンバージョン」を発動、

攻撃される自分のモンスターをリリースする事でバトルを終了、

さらにカードを1枚ドローしそれがモンスターカードだった場合は

その攻撃力分ライフを回復するというものです。

プレイメーカーがドローしたカードはサイバース・ウィザード、

これによりライフが1800回復しますが結果として

ストームアクセスが可能なライフではなくなってしまいました。

ブラッドシェパードはこれでターン終了です。

 

 

プレイメーカーのターン、ドロー。

まず魔法カード「サイバース・ブリッジ」を発動、

手札のサイバース・ウィザードを墓地に送る事で

シューティングコードトーカーをメインモンスターゾーンへ移動、

さらに1枚ドローしそれがモンスターカードだった場合

それと同じレベルのモンスターを墓地から蘇生、

違った場合はドローしたカードを墓地へ送るというものです。

プレイメーカーがドローしたのはレベル4のビットルーパー、

これによりレベル4のクロック・ワイバーンを蘇生します。

さらにその効果でトークンを生成しクロック・ワイバーンと共にコンバイン、

LINK-2、サイバース・ウィッチをリンク召喚です。

そしてウィッチの効果で儀式モンスターと儀式魔法をサーチしつつウィザードを蘇生、

お膳立てが整った所で儀式魔法「サイバネット・リチューアル」を発動し

ウィザードとビットルーパーをリリースしてサイバース・マジシャンを儀式召喚です。

そしてカードを1枚伏せてサイバース・マジシャンでジェネラルを攻撃。

この際墓地のトラッシュハッカーの効果も発動、

墓地から除外する事でジェネラルの効果を無効、

さらにバトルで破壊されないようにして戦闘ダメージを2倍にするというものです。

ブラッドシェパードは罠カード「デモリッション・ドローン」を発動、

ジェネラルを墓地へ送る事で戦闘ダメージを半分にします。

ダメージ軽減の為に潔くエースを捨てました。

プレイメーカーはこれでターンエンドです。

 

 

ストームアクセスダメ、絶対

ブラッドシェパードのターン、ドロー。

まずキャプチャー・ドローンの効果でトークンを3体生成、

そしてまず1体のトークンでサージェントを再びリンク召喚します。

更に残った2体のドローで再びサーキットコンバイン、

LINK-2、メディックドローン・ドックをリンク召喚です。

さらに装備魔法「アセンブル・ドローン」を発動、

墓地のジェネラルを蘇生しつつこのカードを装備させ

装備中攻撃力が出来ない代わりに攻撃力を500アップさせます。

そしてジェネラルの効果でポーンを蘇生、

カードを1枚伏せてバトルフェイズです。

先ほどと同じようにまずはポーンでダイレクトアタック&リリースしてバーン、

ですが今回はサイバース・マジシャンがいるので

オプティックブラストでダメージを半分にしてくれます。

構うもんかとばかりにサージェントでもダイレクトアタック&リリースしてバーン、

プレイメーカーのライフを900まで削ります。

そしてここでスキル「ドローンクラフト・フォース」を発動、

墓地のドローンの数×200まで、今回場合は5枚なので1000まで

相手モンスター1体、この場合サイバース・マジシャンの攻撃力を下げて

自分のモンスター、ジェネラルの攻撃力を上昇させます。

そしてジェネラルでマジシャンを攻撃、

マジシャンはリンクモンスターと戦闘する際攻撃力が1000上昇しますが

それでも上回る事は出来ず撃破、プレイメーカーのライフも200まで削られます。

トドメとばかりにメディックドローンでサイバース・ウィッチを攻撃、

これに対してプレイメーカーは罠カード「エクセス・レッサー・リンカー」を発動、

攻撃されるモンスターの攻撃力をバトルする相手と一緒にして相打ちさせます。

ライフを残せた所でメディックドローンの効果が発動、

プレイメーカーのライフを1000回復させました。

あくまでストーム・アクセスを使わせない方向性です。

ブラッドシェパードはこれでターンエンドです。

 

 

AIに裏切られた男

さてここでブラッドシェパードの過去。

彼の本名は道順健碁といい母親想いの好青年でした。

母親の誕生日にビルのレストランへと食事に誘い、

そして女手1つで育ててくれた母親に楽をさせる為に

高校卒業後そのまま就職するつもりです。

来年の誕生日にはまた別の場所で食事に誘う事を誓いつつ

最新AIで自動操縦してくれるタクシーで家路につこうとしました。

しかしタクシーが交通事故現場に遭遇した所で突如AIにエラーが発生、

突如タクシーが交通事故現場へ正真正銘のダイレクトアタックを決行します。

恐らくはサイバーテロか何かでAIが狂わされたのでしょう。

これにより母親は植物人間状態に、自身も右腕を不随になってしまいました。

この影響もあり健碁はAIを深く憎む事になり

サイバー担当部署でAI相手に右腕を振るう日々を送ります。

恐らくは右腕になんらかの改造処置を施したのでしょう。

AIをまったく信頼せず「貴様らAIは人間の支配下にあればいい」と発言してますが

AIによって人生を大きく狂わされてしまったので無理もない事でしょう。

そしてその憎しみの矛先はイグニスであるAiにも、

そしてAiを信頼するプレイメーカーにも向けられている様子です。

 

 

融合召喚

プレイメーカーのターン、ドロー。

まず永続魔法「ディメンション・リンケージ」を発動、

ライフを半分支払いシューティングコードを除外させます。

対象のカードがフィールドから離れた事でキャプチャードローンが除外、

リンクモンスターが攻撃可能となりますがブラッドシェパードは

間髪入れずに永続罠「ドローン・コードン」を発動、

ドローンに対象耐性を付与しつつリンクモンスターの攻撃を封じるというもので

徹頭徹尾リンクモンスターに対してメタを貼ってきます。

しかしライフが半分になった事でスキル「ストーム・アクセス」を発動します。

そして墓地のサイバネット・リチューアルを除外してトークン2体を生成、

このトークン2体でサーキット・コンバイン、

LINK-2、クロック・スパルトイをリンク召喚です。

そしてスパルトイの効果でデッキからサイバネット・フュージョンを手札に加えます。

そう、フュージョンです。

さらに墓地のディメンション・リンケージを除外する事で

先ほど除外したシューティングコードを攻撃力600アップ、効果無効で特殊召喚、

スパルトイの更なる効果で墓地のクロック・ワイバーンも効果無効で蘇生します。

そして魔法カード「サイバネティック・フュージョン」を発動、

クロックワイバーン、シューティングコード、クロックスパルトイを融合素材にし

今 勇猛なる翼のもとに集いし兵たちよ!
新たな伝説となれ!
融合召喚! サイバース・クロック・ドラゴン!!

サイバース・クロック・ドラゴンを融合召喚です。

ヴレインズ初となる融合召喚を果たしました。

そしてサイバース・クロック・ドラゴンの効果発動、

融合素材にしたリンクモンスターのリンクマーカーの枚数、

この場合5枚までデッキからカードを墓地へ送り

そのカードの数×1000だけ攻撃力を上昇させるという素晴らしい脳筋効果です。

これによりサイバース・クロック・ドラゴンの攻撃力は7500まで上昇、

その圧倒的な攻撃力でジェネラルを攻撃してブラッドシェパードのライフを0にしました。

プレイメーカーの勝利です。

 

 

 

 

いやぁここにきて融合召喚とはしびれました。

ソウルバーナーも儀式召喚を使った事でプレイメーカーの独自性を心配してましたが

リンク召喚以外の召喚法を色々してくれる方向性で攻めてくれそうですね。

この調子でシンクロ召喚やエクシーズ召喚も期待したい所です。

 

ブラッドシェパードの【ドローン】は

とにかくダイレクトアタックを主軸にするテーマのようですね。

 

 

次回予告 55話『未知なる世界へ』

侵入禁止エリア

SOLテクノロジーですら手に負えない

この場所の中心にあるゲートに

一同は意を決し突入する

視界に飛び込んできた光景は

データストームが荒れ狂う風の谷であった

風を前面に押し出してます風のイグニスが絡んでくるのでしょう。

意外な人物が出迎えるって話ですが誰の事なのでしょうね。

書き方からして恐らく登場済の人物で風のイグニス関係となると

なんとなく誘拐された仁ではないかとも思っていますが。

関連記事

遊戯王アークファイブ第73話『地を這う敗北者達』感想

遊戯王ARC-V73話の感想です。 また遊戯王アニメで記念すべき777回でもあります。

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第29話『クサナギ・レポート』感想

遊戯王ヴレインズ29話の感想です。 ゲノム、バイラ、ファウストの3騎士全てを退けたプレイメーカ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第70話『届かぬ叫び』感想

遊戯王ARC-V70話の感想です。 今回の対戦カードはセレナVSトニーですがデュエル以外の描写

記事を読む

遊戯王アークファイブ第93話『破滅のデュエルマシン』感想

遊戯王ARC-V93話の感想です。 セルゲイから柚子を守る事が出来なかった遊矢。 シンク

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械射出機(アンティーク・ギアカタパルト)

歯車街のトリガーにどうぞ   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-機械竜叛

記事を読む

影星軌道兵器(えいせいきどうへいき)ハイドランダー:遊戯王カード考察  ハイランダー構築に大きな意義を生み出す存在

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

スリーバーストショット・ドラゴン:遊戯王カード考察  かなり戦闘向きな汎用LINK-3

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王アークファイブ第117話『牙をむく鈴の音』感想

遊戯王ARC-V117話の感想です。 瑠璃とリンの救出したカイトとユーゴですが 既にプロ

記事を読む

サイバー・ダーク・クロー:遊戯王カード考察  エクストラデッキから墓地に送れるカードが新たに誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    リンク召喚特化デッキで儀式はともかく融合召喚だとォ!?
    お前のEXどうなってんだよ遊作ゥ!!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,557,823 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑