遊戯王カード考察:サイバー・ファロス ついにパワー・ボンドがサーチできるように

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。

 

 

 

サイバー・ファロス
効果モンスター
星1/光属性/機械族/攻 0/守2100
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードは自分フィールドの
機械族モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。
②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、
機械族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
③:自分の融合モンスターが戦闘で破壊された時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「パワー・ボンド」1枚を手札に加える。

 

 

 

光属性機械族のレベル1モンスターです。

ファロスとは灯台の意味であり

その名の通りに塔のような姿をした物体が

丈夫から光を何発も放っています。

 

 

①:このカードは自分フィールドの
機械族モンスター1体をリリースして手札から特殊召喚できる。

①の効果は自分の場の機械族1体をリリースする事で

手札から特殊召喚する自己展開効果です。

サイバー流であればサイバー・ドラゴン・ヘルツをリリースする事で

あちらの墓地に送られた時のサーチ効果を発動できるので無駄がありません。

サイバー・ドラゴン・コアも通常召喚した後に

低攻撃力を晒す事なく墓地へ送る事が出来る為こちらもオススメです。

なおこの効果で特殊召喚せずとも通常召喚は普通にでき

その場合でも②の効果に繋げられます。

召喚権と相談して通常召喚する事も視野にいれておきましょう。

 

 

②:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、
機械族の融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

②の効果は1ターンに1度、自分メインフェイズ時に

手札かフィールドから機械族融合モンスターを墓地へ送る事で

その融合モンスターを融合召喚するというものです。

融合テーマではお馴染みとなったモンスターが持つ融合効果ですね。

サイバー流ではこのカード自身を融合素材に出来る

サイバー・エタニティ・ドラゴンが融合召喚する筆頭候補となるでしょう。

それ以外だと炎族と合わせて起爆獣ヴァルカノンを出したり

ドラゴン族と合わせて重装機甲 パンツァードラゴンを出したりも可能です。

自身を融合素材にしない場合でも効果を発動できるので

キメラティック・ランページ・ドラゴン等を出す場合には覚えておくといいでしょう。

 

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:自分の融合モンスターが戦闘で破壊された時、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから「パワー・ボンド」1枚を手札に加える。

③の効果は1ターンに1度、このカードが墓地にある状態で

自分の融合モンスターが戦闘破壊された時に

墓地からこのカードを除外する事で

デッキからパワー・ボンド1枚を手札に加えるサーチ効果です。

強力な融合カードでありサイバー流にとってもキーカードの1つである

パワー・ボンドをサーチできる手段は貴重であり

このカードを軸にする戦術の安定性を高めるのに貢献してくれます。

ただサーチの為には融合モンスターが戦闘破壊される必要があり

サイバー流の融合モンスターは大体戦闘で強いやつばっかりなので

意外とこの発動条件を満たすのが難しいです。

1枚で出したキメラテック・フォートレス・ドラゴンなどを

自爆特攻させて無理やり効果を発動するのも1つの選択肢でしょう。

 

 

何かこうとうとう来てしまったって感じのパワー・ボンドサーチ手段です。

少し手間のかかる条件ですがサイバー流は

パワー・ボンドからキメラティック・ランページ・ドラゴンを出せれば

それだけでもう決着つけられるぐらいの性能は持っているので

これがサーチできる意味は非常に大きいです。

 

 

サイバー流のサポートを意識して作られたカードであり

カード名にもサイバーの名を冠していますが

効果そのものにはサイバー・ドラゴンを指定するものはなかったりします。

特に③の効果は機械族の融合モンスターを活用するテーマであれば

パワー・ボンドのサーチ手段として他のテーマでもお世話になるでしょう。

③の効果を狙うだけなら墓地に送る手段さえ用意すればなんとかなります。

特に【アンティーク・ギア】であれば古代の機械魔神が完全耐性を持っている為

戦闘破壊を誘導しやすくサーチ効果を狙いやすいです。

関連記事

遊戯王OCG、2016年10月の制限改定判明!ついにあのカードが禁止解除!

2016年10月のリミットレギュレーションが判明しました。 4月と10月に大幅な改定が行われる

記事を読む

遊戯王カード考察:深すぎた墓穴 新たなる汎用蘇生カードの選択肢

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第144話『呪われし機械仮面(ギアマスク)』感想

遊戯王ARC-V144話の感想です。 黒咲とデュエルをする為にエクシーズ次元へと旅立った遊矢。

記事を読む

遊戯王アークファイブ第81話『それぞれの戦場』感想

遊戯王ARC-V81話の感想です。 期待していたであろう新旧闇属性鳥獣族対決。 はたして

記事を読む

ドラコネット、ビットロン:遊戯王カード考察

ローレベル通常モンスターの大きなサポート!   今回紹介するのはスターターデッ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第62話『大エンタメデュエル大会!!』感想

遊戯王ARC-V62話の感想です。 デュエルを通じて長次郎にエンジョイを取り戻す事が出来ました

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真紅眼(レッドアイズ)の凶星竜(きょうせいりゅう)-メテオ・ドラゴン、流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン

黒炎弾と合わせて4900バーン   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第39話『闇に葬る弾丸』感想

遊戯王ヴレインズ39話の感想です。 前回のあらすじ:1人だけ横向き  

記事を読む

プロキシー・ドラゴン:遊戯王カード考察  素材指定の緩いLINK2登場、これでエクストラデッキの枠が確保しやすく!

4月21日にVジャンプ6月号が発売されます。 今回はそのVジャンプ6月号の付録カードの紹介です

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-雨四光(あめしこう)-

エンジョォォォォォォォイ!   5月14日にコレクターズパック「閃光の決闘者編

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,411,519 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑