遊戯王カード考察:地翔星(ちしょうせい)ハヤテ、天昇星(てんしょうせい)テンマ

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

 

 

 

地翔星ハヤテ
効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻2100/守 0
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
または自分フィールドに光属性モンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から戦士族・光属性・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。
③:1ターンに1度、
自分の戦士族モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
このカードの攻撃力を500ダウンし、その攻撃を無効にする。

 

天昇星テンマ
効果モンスター
星5/光属性/戦士族/攻2100/守1000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
または自分フィールドに地属性モンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から戦士族・地属性・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。
③:1ターンに1度、自分フィールドの
戦士族モンスターを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。
このカードの攻撃力を500ダウンし、その発動を無効にし破壊する。

 

 

それぞれ地属性と光属性の戦士族レベル5モンスターです。

効果にかなり共通した部分が多いのでまとめて紹介します。

アークファイブにおいて勝鬨勇雄が榊遊矢戦で使用し

覇勝星イダテンの融合素材となりました。

いずれも中華風の武将といった感じのカードです。

それぞれ狼と馬を模した被り物をしているのが特徴的です。

勝鬨のカードは炎星のモデルにもなっている水滸伝の百八星にちなんでおり

天〇星、地〇星といったネーミングからその要素が伺えます。

 

 

①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
または自分フィールドに光属性モンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。

 

①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
または自分フィールドに地属性モンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。

①の効果は相手フィールドにのみモンスターが存在する場合か

自分の場にハヤテは光属性、テンマは地属性モンスターが存在する場合に

リリースなしで召喚できるリリース軽減効果です。

それぞれ自身が地属性と光属性の為お互いのカードが場にあれば

自身もリリースなしで召喚できるようにデザインされています。

召喚権こそ必要としますがサイバー・ドラゴンと同じ条件に加えて

それぞれ対応するモンスターがいるときにもリリース無しで召喚可能で

ある程度意識すればまず手札に腐らせる事はありません。

またハヤテはサイバー・ドラゴンや太陽風帆船、

テンマは機甲忍者アースやリンクスレイヤーがある時に召喚すれば

ランク5のエクシーズ召喚に繋げる事が可能です。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から戦士族・光属性・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から戦士族・地属性・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚に成功した場合に

ハヤテは光属性、テンマは地属性の戦士族レベル5モンスターを

手札から特殊召喚できる展開効果です。

この効果も①の効果同様に

自身を召喚すればもう片方も出せるようにデザインされています。

相方以外ではハヤテはオーバーレイ・ブースターやジャンク・コレクター、

テンマはU.A.パーフェクトエースやU.A.マイティスラッガーあたりを

それぞれ特殊召喚可能になっています。

 

 

③:1ターンに1度、
自分の戦士族モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
このカードの攻撃力を500ダウンし、その攻撃を無効にする。

 

③:1ターンに1度、自分フィールドの
戦士族モンスターを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。
このカードの攻撃力を500ダウンし、その発動を無効にし破壊する。

③の効果は1ターンに1度、

ハヤテは自分の戦士族モンスターが攻撃対象にされた時、

テンマは相手が戦士族を対象に効果を発動下時に

自身のカードの攻撃力を500下げる事で

それを無効に(テンマは無効にした上で破壊)するというものです。

2体ともフィールドにあればそれぞれ1回ずつ

攻撃と効果の対象から自分のモンスターを守れる事になります。

また攻撃力を下げる点は天融星カイキが持つ

自己蘇生効果の発動条件を満たす役割も備えています。

 

 

片方を召喚すればもう片方を特殊召喚でき、

さらに手札に対応するカードがあれば今度はそちらも特殊召喚が可能と

テーマ化こそされていませんが勝鬨関連のカードは

地属性と光属性のレベル5戦士族モンスターを

フィールドに次々と展開できるコンセプトとなっています。

レベル5の戦士族という事で

蛮族の狂宴LV5を非常に活かしやすいのも見逃せないポイントです。

天融星カイキと合わせて融合召喚を狙うのは勿論の事、

ランク5のエクシーズ召喚も非常に狙いやすくなっており

一緒に収録されるNo.67 パラダイスマッシャーや

No.5 亡朧竜 デス・キマイラ・ドラゴンを3体以上の素材で狙う場合、

特に有力な候補となってくれるでしょう。

アニメではエクシーズモンスターに辛酸を味わった勝鬨くんですが

自分からエクシーズ次元に魂を売り渡すのもまた面白いと思います。

関連記事

ぶつかり合う魂:遊戯王カード考察

ライフアドバンテージの概念が変わる   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン

ダークリベリオンの正統進化!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

スリーバーストショット・ドラゴン:遊戯王カード考察  かなり戦闘向きな汎用LINK-3

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王アークファイブ第125話『烈火の竜』感想

遊戯王ARC-V125話の感想です。 寄生虫に操られた瑠璃、セレナとデュエルを行う遊矢とユート

記事を読む

異次元の探究者:遊戯王カード考察 帰還タイミングがポイント

モリンフェンスリーブ化されるみたいですね。まあ接戦でしたしね。 この調子でズァークもスリーブ化

記事を読む

遊戯王OCG:CYBERNETIC HORIZON(サイバネティック・ホライゾン)のカードリスト

ふとテキストまでまとめたパックのカード一覧って 需要あるのかなって思い一度試しに作ってみる事に

記事を読む

セフィラの神意(しんい)、セフィラの星戦(せいせん):遊戯王カード考察

まだまだセフィラは戦える!   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこの

記事を読む

遊戯王カード考察:太陽電池メン 単三型がより使いやすく、雷族全般で有用

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:パケットリンク 自分ターンに発動する?相手ターンに発動する?

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク- よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第110話『破かれたスマイル・ワールド』感想

遊戯王アークファイブ110の感想です。 カイトの助けによりオベリスクフォースを撃破できた遊矢達

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

→もっと見る

    • 5,411,519 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑