遊戯王カード考察:地翔星(ちしょうせい)ハヤテ、天昇星(てんしょうせい)テンマ

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

 

 

 

地翔星ハヤテ
効果モンスター
星5/地属性/戦士族/攻2100/守 0
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
または自分フィールドに光属性モンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から戦士族・光属性・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。
③:1ターンに1度、
自分の戦士族モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
このカードの攻撃力を500ダウンし、その攻撃を無効にする。

 

天昇星テンマ
効果モンスター
星5/光属性/戦士族/攻2100/守1000
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
または自分フィールドに地属性モンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から戦士族・地属性・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。
③:1ターンに1度、自分フィールドの
戦士族モンスターを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。
このカードの攻撃力を500ダウンし、その発動を無効にし破壊する。

 

 

それぞれ地属性と光属性の戦士族レベル5モンスターです。

効果にかなり共通した部分が多いのでまとめて紹介します。

アークファイブにおいて勝鬨勇雄が榊遊矢戦で使用し

覇勝星イダテンの融合素材となりました。

いずれも中華風の武将といった感じのカードです。

それぞれ狼と馬を模した被り物をしているのが特徴的です。

勝鬨のカードは炎星のモデルにもなっている水滸伝の百八星にちなんでおり

天〇星、地〇星といったネーミングからその要素が伺えます。

 

 

①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
または自分フィールドに光属性モンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。

 

①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
または自分フィールドに地属性モンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしで召喚できる。

①の効果は相手フィールドにのみモンスターが存在する場合か

自分の場にハヤテは光属性、テンマは地属性モンスターが存在する場合に

リリースなしで召喚できるリリース軽減効果です。

それぞれ自身が地属性と光属性の為お互いのカードが場にあれば

自身もリリースなしで召喚できるようにデザインされています。

召喚権こそ必要としますがサイバー・ドラゴンと同じ条件に加えて

それぞれ対応するモンスターがいるときにもリリース無しで召喚可能で

ある程度意識すればまず手札に腐らせる事はありません。

またハヤテはサイバー・ドラゴンや太陽風帆船、

テンマは機甲忍者アースやリンクスレイヤーがある時に召喚すれば

ランク5のエクシーズ召喚に繋げる事が可能です。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から戦士族・光属性・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
手札から戦士族・地属性・レベル5モンスター1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚に成功した場合に

ハヤテは光属性、テンマは地属性の戦士族レベル5モンスターを

手札から特殊召喚できる展開効果です。

この効果も①の効果同様に

自身を召喚すればもう片方も出せるようにデザインされています。

相方以外ではハヤテはオーバーレイ・ブースターやジャンク・コレクター、

テンマはU.A.パーフェクトエースやU.A.マイティスラッガーあたりを

それぞれ特殊召喚可能になっています。

 

 

③:1ターンに1度、
自分の戦士族モンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
このカードの攻撃力を500ダウンし、その攻撃を無効にする。

 

③:1ターンに1度、自分フィールドの
戦士族モンスターを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。
このカードの攻撃力を500ダウンし、その発動を無効にし破壊する。

③の効果は1ターンに1度、

ハヤテは自分の戦士族モンスターが攻撃対象にされた時、

テンマは相手が戦士族を対象に効果を発動下時に

自身のカードの攻撃力を500下げる事で

それを無効に(テンマは無効にした上で破壊)するというものです。

2体ともフィールドにあればそれぞれ1回ずつ

攻撃と効果の対象から自分のモンスターを守れる事になります。

また攻撃力を下げる点は天融星カイキが持つ

自己蘇生効果の発動条件を満たす役割も備えています。

 

 

片方を召喚すればもう片方を特殊召喚でき、

さらに手札に対応するカードがあれば今度はそちらも特殊召喚が可能と

テーマ化こそされていませんが勝鬨関連のカードは

地属性と光属性のレベル5戦士族モンスターを

フィールドに次々と展開できるコンセプトとなっています。

レベル5の戦士族という事で

蛮族の狂宴LV5を非常に活かしやすいのも見逃せないポイントです。

天融星カイキと合わせて融合召喚を狙うのは勿論の事、

ランク5のエクシーズ召喚も非常に狙いやすくなっており

一緒に収録されるNo.67 パラダイスマッシャーや

No.5 亡朧竜 デス・キマイラ・ドラゴンを3体以上の素材で狙う場合、

特に有力な候補となってくれるでしょう。

アニメではエクシーズモンスターに辛酸を味わった勝鬨くんですが

自分からエクシーズ次元に魂を売り渡すのもまた面白いと思います。

関連記事

遊戯王カード考察:シーアーカイバー リンク召喚するデッキなら無理なく使えます

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:HSR(ハイスピードロイド)マッハゴー・イータ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第96話『借り物の言葉』感想

遊戯王ARC-V96話の感想です。 先週は卓球の影響で延期してしまいましたが改めて今日放送です

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マグネット・フィールド

どちらか片方だけでも物凄く強いのに・・・   今回紹介するのはストラクチャーデ

記事を読む

遊戯王OCG、2015年10月の制限改定判明!コナミさん何か忘れてません?

とうとう2015年10月のリミットレギュレーションが判明しました。 7月の時は思いっきりサボっ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第58話『闇デュエルへの招待』感想

邪悪なる召喚法ペンデュラム召喚を駆使したデニス、 そしてそれを見事撃破した権現坂はギャラガーに

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レアメタルフォーゼ・ビスマギア

今度のメタルフォーゼは効果モンスター!   今回紹介するのはインベイジョン・オ

記事を読む

遊戯王カード考察:星刻の魔術師(せいこくのまじゅつし)

闇属性魔法使い族なんでもサーチ!   12月23日にストラクチャーデッキ-ペン

記事を読む

遊戯王アークファイブ第112話『笑顔あふれる街へ』感想

遊戯王ARC-V112話の感想です。 ノロの手配によりアカデミアに包囲されてしまった遊矢。

記事を読む

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)27 弩級戦艦-ドレッドノイド グレートマグナス救済です

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,761,972 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑