遊戯王カード考察:BF(ブラックフェザー)-フルアーマード・ウィング かなり出しやすい完全耐性持ち

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。

 

 

 

BF-フルアーマード・ウィング
シンクロ・効果モンスター
星10/闇属性/鳥獣族/攻3000/守3000
「BF」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:このカードは他のカードの効果を受けない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのモンスターが効果を発動する度に、
その相手の表側表示モンスターに楔カウンターを1つ置く(最大1つまで)。
③:1ターンに1度、
相手フィールドの楔カウンターが置かれたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
④:自分エンドフェイズに発動できる。
フィールドの楔カウンターが置かれたモンスターを全て破壊する。

 

 

BF-アーマード・ウィングの進化版となる闇属性鳥獣族のシンクロモンスターです。

ビフォー

アフター

右手に剣、左手に銃というダンテスタイルが特徴で

元のアーマードウィングに比べて髪も生え翼や装甲も立派になっています。

正直元の面影があるの赤い大きな1つ目ぐらいですね。

 

 

「BF」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

シンクロ素材にはブラックフェザーのチューナーと

チューナー以外のモンスター1体以上を指定しています。

レベルは10と高いですがBFであればBF-砂塵のハルマッタンと

BF-弔風のデスもしくはBF-極北のブリザードと組み合わせれば

比較的容易にシンクロ召喚が狙えます。

BF-逆巻のトルネードの効果が使えるのであれば

BF-流離いのコガラシを蘇生する事で手札1回でシンクロ召喚も可能です。

チューナー以外のモンスターは別にBF以外でもいい為

手札から特殊召喚できるモンスター等を用意しておくのもいいでしょう。

 

 

①:このカードは他のカードの効果を受けない。

①の効果は他のカードの効果を受けない完全耐性です。

攻撃力守備力も3000と高めの数値を確保しており高い場持ち性能を誇ります。

ただ自分のカードの効果も受けなくなる為

BF-月影のカルートなどのサポートも受けられなくなる点には注意です。

 

 

②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのモンスターが効果を発動する度に、
その相手の表側表示モンスターに楔カウンターを1つ置く(最大1つまで)。

②の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在する間

相手の場にいるモンスターが効果を発動した際に

そのモンスターに楔カウンターを1つ置くというものです。

③や④の効果の効果の布石として利用できる他、

同じく楔カウンターを利用するアーマードウィングの効果も活用できます。

 

 

③:1ターンに1度、
相手フィールドの楔カウンターが置かれたモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。

③の効果は1ターンに1度、

楔カウンターの置かれた相手モンスターのコントロールを得る奪取効果です。

大きなアドバンテージを確保できる非常に優秀な効果ですが

②の効果の「相手の場のモンスターが効果を発動する」という条件は

基本的に相手ターンに楔カウンターが乗る事が多い為、

自分ターンに来る前にこのカードが除去されてしまうケースは多いでしょう。

一緒に収録されるBF-南風のアウステル等で別途カウンターを乗せる、

もしくは開き直って除去された後にリビングデッドの呼び声などで蘇生して

改めて発動するなどの工夫をする事で発動機会を増やせるでしょう。

 

 

④:自分エンドフェイズに発動できる。
フィールドの楔カウンターが置かれたモンスターを全て破壊する。

④の効果は自分エンドフェイズに

フィールドの楔カウンターが置かれたモンスターを全て破壊するというものです。

十分に強い効果なのですが発動が自分エンドフェイズとやや遅いのと

③の効果で奪ったモンスターも破壊してしまう点が辛い所でしょうか。

発動するかしないかは任意なので場合によっては発動しないのも選択肢です。

③の効果でコントロールを奪いきれずに

かつ場に残したくないモンスターがいる場合などに使う事になるでしょう。

 

 

③のコントロール奪取効果も優秀ですし何よりも

特にシンクロ条件も厳しくないレベル10シンクロで

完全耐性を所持しているのは破格といっていいでしょう。

一度シンクロ召喚すれば蘇生なども自由なので

蘇生手段を別途用意するだけでも相手にとっては非常に厄介な存在となるでしょう。

BF T-漆黒のホーク・ジョーやA BF-涙雨のチドリで

蘇生する候補としても有力な選択肢です。

 

攻撃力3000というのは今の環境では割と突破される数値ですが

シンクロ素材となる事で戦闘破壊耐性を付与できる

地竜星-ヘイカンと組み合わせる事でさらに強靭となった耐性を得る事が可能です。

実際に地竜星-ヘイカンを素材としたシンクロ召喚を狙うのも

精鋭のゼピュロスと疾風のゲイルあたりを活用すればそこまで難しくありません。

戦闘破壊耐性までつくと壊獣ぐらいでしか突破されなくなるので

狙う価値は十分にあります。

関連記事

影星軌道兵器(えいせいきどうへいき)ハイドランダー:遊戯王カード考察  ハイランダー構築に大きな意義を生み出す存在

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第102話『非情の狩人』感想

遊戯王ARC-V102話の感想です。 沢渡と権現坂を倒したカイトは怒りの矛先を次は遊矢に向けて

記事を読む

エクスコード・トーカー:遊戯王カード考察  今度のコード・トーカーはメインモンスターゾーン向き

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

マスター・オブ・ペンデュラムと一緒に揃えておきたいカードは?財布と相談だ!

6月20日土曜日、いよいよマスター・オブ・ペンデュラムの発売ですね。 数多くの魅力的な新カード

記事を読む

【魔導獣(マジックビースト)】遊戯王テーマ考察 ペンデュラム召喚しないペンデュラムテーマ

魔導獣 ケルベロス 2005年のストラクチャーデッキ-魔法使いの裁き-に登場した12年前のカー

記事を読む

遊戯王アークファイブ第65話『打ち砕かれたエンタメ』感想

ジャックアトラスに完膚なきまでに完敗し、 さらにエンタメにまでダメ押しを喰らってしまった遊矢。

記事を読む

闇の進軍:遊戯王カード考察  ライトロードに墓地回収カード登場、除外効果を活かせるかがカギを握る

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

DDD超死偉王(ちょうしいおう)パープリッシュ・ヘル・アーマゲドン:遊戯王カード考察  シンプルながらも強い破壊効果

今回紹介するのは4月28日に発売されるマスターガイド5の 付属カードとしてついてくるこちらです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨神竜の遺跡

結構色々なデッキに使えるぞ!   巨神竜復活、続々と再録されるカードが判明して

記事を読む

幻想魔術師(マジカルイリュージョニスト)・ノー・フェイス:遊戯王カード考察 サクリファイス用の優秀な蘇生要員

なんかまた暑くなってきました? 今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,949,393 総合計アクセス数
  • 2018年12月
    « 11月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑