遊戯王カード考察:撃滅龍(げきめつりゅう) ダーク・アームド 幻影騎士団ラウンチを使いやすいランク7

今回紹介するのはVジャンプ7月号の応募者全員サービスである

レジェンダリードラゴンズのこのカードです。

 

 

 

撃滅龍 ダーク・アームド
エクシーズ・効果モンスター
ランク7/闇属性/ドラゴン族/攻2800/守1000
レベル7モンスター×2体以上
「撃滅龍 ダーク・アームド」は1ターンに1度、
自分の墓地の闇属性モンスターが5体のみの場合、
自分フィールドのレベル5以上の
ドラゴン族・闇属性モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。
①:このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、自分の墓地からカード1枚を選んで除外する。
この効果の発動後、ターン終了時までこのカードは攻撃できない。

 

 

今なお制限カードとして君臨するダークモンスターのやべーやつ、

ダーク・アームド・ドラゴンがランク7エクシーズとなってリメイクされました。

 

ビフォー

アフター

後ろ向きだったアングルが正面を向いたアングルになり

また黒く巨大な翼が追加されています。

小手のトゲトゲもさらに鋭くなっており迫力が増しています。

決闘竜ライクに変更された名前に付けられた冠は「撃滅龍」。

撃滅とは攻撃して全滅させる事でダーク・アームドの暴力性をよく表しています。

まあこのカード効果発動するとむしろ攻撃できなくなるんですが

 

 

レベル7モンスター×2体以上
「撃滅龍 ダーク・アームド」は1ターンに1度、
自分の墓地の闇属性モンスターが5体のみの場合、
自分フィールドのレベル5以上の
ドラゴン族・闇属性モンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

エクシーズ素材は特にレベル7を2体以上といういわゆる汎用素材です。

このカードの効果は1ターンに1度の指定が無い為、

エクシーズ素材が多ければそれだけ複数回効果を発動する事が可能であり

3体以上を素材にエクシーズ召喚する価値があります。

また正規のエクシーズ召喚とは別にボチヤミゴタイという

闇霊神オブルミラージュを特殊召喚する場合と同じ条件を満たしている時、

レベル5以上の闇属性ドラゴン族1体でエクシーズ素材にする事も可能です。

この方法でのエクシーズ召喚を狙う場合、フィールドに出す候補としては

限界竜シュヴァルツシルトやバイス・ドラゴンあたりが

緩い条件で特殊召喚できるのでオススメです。

サポートカードの多い真紅眼の黒竜も場に出しやすいでしょう。

なおボチヤミゴタイを狙うのでなければ

別に闇属性以外のデッキでエクシーズ召喚しても特に問題なく運用できます。

 

 

①:このカードのX素材を1つ取り除き、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
その後、自分の墓地からカード1枚を選んで除外する。
この効果の発動後、ターン終了時までこのカードは攻撃できない。

その効果はオーバーレイユニットを1つ消費する事で

相手の場のカード1枚を破壊した後に自分の墓地のカード1枚を除外します。

ただし効果を発動するとそのターンこのカードで攻撃できない制約が発生します。

元のダーク・アームド・ドラゴンと違い好きなカードを墓地から除外可能で

除外しても支障のない魔法罠や

不知火のように除外する事がメリットになるカードを除外出来たりします。

また破壊の後に墓地のカードを除外する処理を挟むため

破壊された時に発動する「時の任意効果」なんかはタイミングを逃させる事が可能です。

1ターンに1度の制約がない為、オーバーレイユニットが複数あれば

その数だけこの効果を発動する事が可能です。

 

 

闇属性ランク7の中でもオーバーレイユニットを使い切るのが簡単なカードであり

攻撃できない制約も帳消しにできる関係も含めて

RUM-幻影騎士団ラウンチの対象としてもオススメです。

その場合ランクアップ先の候補としては相手ターンにランクアップすれば

相手の妨害やエンドサイクとして機能するDDD双暁王カリ・ユガ、

さらに続けて除去を行える

No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラーあたりが選択肢でしょうか。

相手の場をがら空きに出来たのならNo.22 不乱健を出して

そのまま4500の攻撃力でダイレクトアタックを仕掛けるのも手です。

 

 

ボチヤミゴタイで出す場合、オーバーレイユニットが1枚のみとなる為

単体ではそこまで強力ではありませんが

「レベル5モンスター1体でランク7を用意できる」と考えた場合、

ランクアップマジックを使う候補として価値があります。

前述の幻影騎士団ラウンチの他アストラルフォースも選択肢で

No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragonと

No.95 ギャラクシーアイズ・ダークマター・ドラゴンに繋げられます。

エクシーズ・シフトで真紅眼の鋼炎竜あたりに繋げてもいいでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:降竜の魔術師(こうりゅうのまじゅつし)

ドラゴン族絶対殺すマンのお供に   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

遊戯王カード考察:闇黒世界-シャドウ・ディストピア- おうお前がモンスターをリリースするんだよ

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:サモン・ソーサレス  あっイグナイトで1ターンキルが発案された

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

旋風機(せんぷうき)ストリボーグ:遊戯王カード考察  リリース素材を手札に戻す新時代のアドバンス召喚!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)バンブー・ホース

展開と墓地肥やし両方で活躍する優等生!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:オッドアイズ・グラビティ・ドラゴン、オッドアイズ・アドベント

10月に発売されるブレイカーズ・オブ・シャドウのカード情報もちらほら出て来ました。 今回はそん

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:霊魂(エスプリット)

史上初のスピリットテーマにして儀式テーマでもるエスプリット、 前回に一度霊魂鳥神-彦孔雀につい

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:プレゼントカード

デッキ破壊を軽視するあなたに送りものです   今回紹介するのはインベイジョン・

記事を読む

エンコード・トーカー:遊戯王カード考察 デコード・トーカーの親戚登場!スピードデュエル向きのリンクマーカー

6月17日にストラクチャーデッキ-サイバース・リンク-が発売されます。 藤木遊作の使うサイバー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)ドラミング・コング

クラッシュ・オブ・リベリオンより今回はこのカードの考察です。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,336,599 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑