遊戯王カード考察:飛行エレファント 特殊勝利効果による斜め上の原作再現

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードデース。

 

 

 

飛行エレファント
効果モンスター
星4/風属性/獣族/攻1850/守1300
①:このカードは相手ターンに1度だけ、相手の効果では破壊されない
②:このカードの①の効果を適用した相手ターンのエンドフェイズに発動する。
次の自分ターン中、以下を適用する。
●:このカードが直接攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた時、
自分はデュエルに勝利する。

 

 

風属性獣族のレベル4モンスターデース。

デュエルモンスターズにおいてトム少年がバンデット・キース相手に使い

飛行特性によりガーネシア・エレファンティスの地割れ攻撃を無効、

トムの勝利に繋げマース。アンビリーバボー!

このデュエルはペガサスがキースの思考を全て読み取るという

彼の底知れぬ恐ろしさを知らしめるシーンであり同時に

「トムの勝ちデース」というセリフが妙な人気を呼んだ印象的なシーンデース。

飛行特性だけでなくこの時代のレベル4モンスターで

攻撃力1850という数値は中々に破格デース。

ですがOCGではガーネシア・エレファンティスが地割れ攻撃を持たない為

戦闘破壊を許してしまいマース。オーウノー!

なおアニメでは悪魔族の通常モンスターでしたが

OCGに伴い獣族の効果モンスターと変化していマース。

 

その名の通り耳を翼のようにして空を飛行する象デース。

つぶらな瞳と大きく開いた鼻先が中々に不気味なカードデース。

アニメにおいてもカードイラストが確認されており

極めて忠実なデザインでOCG化されている事が分かりマース。

ちなみにこの時まだソリッドビジョンが存在していなかった為、

カードイラストでしかその存在が確認デキマセーン。

そのようなカードがOCG化されるのは実に異例デース。

 

元ネタはディズニーの空飛ぶ象「ダンボ」と考えてイイデショーウ。

何気にかなり版権的には危ないカードデース。怖いデース。

元はペガサスのカードであり彼のアニメ好きな側面が見て取れマース。

 

 

①:このカードは相手ターンに1度だけ、相手の効果では破壊されない

①の効果は相手ターンに1度、

相手の効果では破壊されないという破壊耐性デース。

ガーネシア・エレファンティスの攻撃は防ぐ事が出来ませんが

その代わりに魔法カードの「地割れ」はちゃんと防ぐ事が出来るのデース。

耐性を付与できるのは相手ターンのみでかつ1ターンに1度のみですが

この効果によって破壊を防ぐ事が②の効果の条件になりマース。

 

 

②:このカードの①の効果を適用した相手ターンのエンドフェイズに発動する。
次の自分ターン中、以下を適用する。
●:このカードが直接攻撃で相手に戦闘ダメージを与えた時、
自分はデュエルに勝利する。

②の効果は①の効果で相手の効果破壊を防いだ次の自分ターン、

このカードのダイレクトアタックで相手プレイヤーにダメージを与える事が出来れば

なんとその時点でトムの勝利になる効果デース。ファンタスティーック!

原作ではキースが戦意喪失による試合放棄に近い形で決着がつきましたが

それを特殊勝利という形で原作再現した効果と言えマース。ブラボー!

 

 

特殊勝利の効果なだけありその発動は簡単には許してもらえマセーン。

①の効果で相手が発動した効果破壊を防ぎ、さらに次のターン、

このカードによるダイレクトアタックを決める必要がありマース。

ダイレクトアタックに関しては流星の弓-シールや

ウィルスメールで付与させるのが効果的デース。

他のカードで相手モンスターを一掃するのも良いデース。

問題は①の効果によって相手の効果破壊を防ぐという条件であり

相手が何かしらの破壊効果を発動してくれないとイケマセーン。

当然ながら場にあるこのカードに

相手がわざわざ破壊効果を発動する事を期待するのは困難デース。

狙い目となるのはブラック・ホールなどの全体除去で

これらにチェーンして強化蘇生やリビングデッドの呼び声などを発動、

墓地の飛行エレファントを蘇生させれば破壊を無効に出来マース。

その後は上手く飛行エレファントを守り切り

直接攻撃を決める事が出来ればトムの勝ちデース。

 

 

ですが上記の方法はあくまで相手が全体除去を発動してくれた場合デース。

自分で能動的に①の効果の発動を狙う場合、相手の場にモンスター破壊効果、

それも強制発動するものを送り付ける必要がありマース。

そのようなカードは限られていますがまったくないわけでもアリマセーン。

その1つがオシリスの天空竜デース。

ギブ&テイクで相手フィールドに蘇生した後に飛行エレファントを蘇生すれば

オシリスの天空竜の破壊効果が飛行エレファント相手に発動しマース。

エンドフェイズにはオシリスの天空竜が墓地へ送られるのも好都合デース。

ですがこの効果で破壊を無効にした場合攻撃力が0になってしまうので

別途攻撃力を上昇させる手段を用意する必要がありマース。

他に強制の破壊効果を持つカードとしては死の4つ星てんとう虫等

いくつかのリバースモンスターが該当しマース。

こちらはリバース・リユースで相手に送り付ける事が可能デース。

リバース効果なので硫酸のたまった落とし穴など

別途表側表示にするカードを用意する必要がありマース。

 

 

実際に相手の破壊効果頼りだと中々特殊勝利を決めるのは難しいと思われマース。

そういう意味でも特殊勝利効果らしい実にロマン溢れるカードデース。

上手く破壊無効と直接攻撃を決めてトム君を勝利に導くのデース。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ヌス-10(トウ)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ペンデュラム・コール

マスター・オブ・ペンデュラムの発売も近づいて来ましたね。 可変機獣 ガンナードラゴンが入ってる

記事を読む

遊戯王カード考察:パケットリンク 自分ターンに発動する?相手ターンに発動する?

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク- よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:黒竜降臨、黒竜の聖騎士(ナイト・オブ・ブラックドラゴン)

今回紹介するのはコレクターズパック-運命の決闘者編-よりこれらのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:ダイプレクサ・キマイラ 簡易融合対応、リンク素材にして2枚回収できるナイスな奴

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

ONi(オニ)サンダー:遊戯王カード考察

雷族待望の万能サーチ!   今回紹介するのはプレミアムパック19よりこのカード

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔界劇団-ワイルド・ホープ

デビル・ヒールの最高の相方   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズよりこ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:メタルフォーゼ・カウンター、メタモルF(フォーメーション)

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG、2017年1月の制限改定判明!正月になじみあるカードが正月に規制!エラッタされて禁止解除されたカードも多数!

2017年1月のリミットレギュレーションが判明しました。 最近結構環境があれてましたが今回どの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)オッドアイズ・ライトフェニックス

オッPよりもペンデュラム召喚しやすいオッドアイズ!   今回紹介するのはシャイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:希望皇(きぼうおう)オノマトピア ヒャッハーカード名全部乗せだぁ!

歴代主人公のエースカードや特性のカードプロテクターなどが収録された

遊戯王カード考察:魔弾の射手 マックス 相手の場にカードあればアド!これでLINK-1なんだぜ・・・

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第77話『相容れない兄妹』感想

遊戯王VRAINS77話の感想です。  

遊戯王カード考察:プラチナ・ガジェット 何かこの制約流行りそう

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王カード考察:ハーピィ・パフューマー サーチ対象は結構多いです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

→もっと見る

    • 5,860,114 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑