遊戯王カード考察:一撃必殺!居合いドロー アリガトウ、オレノデッキ・・・ 外れ前提で使う選択肢もアリ

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。

 

 

 

一撃必殺!居合いドロー
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
相手フィールドのカードの数だけ自分のデッキの上からカードを墓地へ送り、
その後自分はデッキから1枚ドローし、お互いに確認する。
それが「一撃必殺!居合いドロー」だった場合、
それを墓地へ送り、フィールドのカードを全て破壊する。
その後、この効果で破壊され
墓地へ送られたカードの数×2000ダメージを相手に与える。
違った場合、自分はこの効果でデッキから墓地へ送ったカードの数だけ、
自分の墓地のカードを選んでデッキに戻す。

 

 

汎用の通常魔法です。

遊戯王GXにおいて橘一角がデッキの中核としていたカードであり

死神に魂を売り渡す事で確実に成功できるようにしていましたが

十代の説得により自らの力でドローしても見事に成功させました。

この熱い展開と橘が自らのデッキに対して言った

「アリガトウ、オレノデッキ・・・」という感謝の言葉は

(そのセリフのカタコト具合も含めて)今でも語り草で

1話のみのゲストキャラでありながら高い人気を誇る事になりました。

アニメでは外れても墓地肥やし自体は問題なく成立し

また発動と効果が無効化されない特性がありましたが

OCGではそれらの要素がなくなった代わりに

8000ライフに対応しダメージが2倍になっています。

居合というカード名の通りにまさに侍が居合斬りをしようというイラストです。

遊戯王王におけるデュエルディスクからカードをドローするモーションが

居合斬りのそれによく似ている事からのカード名とイラストでしょう。

 

 

その効果は1ターンに1度、手札を1枚捨てる事で

相手の場のカードの数だけ自分のデッキからカードを墓地へ送り

その後に1枚ドロー、そのカードが一撃必殺!居合いドローだった場合は

それを墓地へ送り自分と相手の場にあるフィールドのカード全てを破壊した後に

墓地へ送った数×2000のダメージを相手に与えるというものです。

外れてしまった場合この効果で墓地へ送った枚数分だけ

自分の墓地のカードをデッキに戻します。

注意点として墓地へ送る枚数は「相手の場のカードの数」、

与えるダメージは「お互いのカードの墓地へ送られた数」という点です。

墓地へ送られないトークンやペンデュラム、

墓地へ送られると除外されるカードなどはダメージの枚数に数えない為注意です。

また発動には必ず1枚は相手の場にカードが必要となるため

先行1ターン目で発動したい場合にはトーチ・ゴーレムなどで

相手の場にカードを送り付けるといいでしょう。

 

 

カードデザインの時点で1ターンキルを狙う事が前提に作られている稀有なカードであり

4枚のカードを破壊して墓地に送ればそれで8000ダメージが成立します。

墓地に送るカードは自分のカードでもいいので

4枚以上の破壊を狙うのも難しくはないでしょう。

ですがその性質上デッキからカードを複数枚墓地へ送った後にドローする必要があり

ゾンビキャリアやエッジインプ・シザーの効果で

1枚だけデッキトップに戻しただけでは居合ドローを成功させる事はできません。

死神に魂を売り渡してドローを確実に成功させる場合には

カード・アドバンスや森羅の鎮神 オレイアなど

一度に複数枚のデッキトップを操作するカードが必要となります。

これらのカードでデッキトップを操作し都合よく居合ドローが含まれていた場合には

相手の場のカード数+1の位置に居合ドローを置く事で成功が可能となります。

手札に居合ドローが複数存在している場合にはそのうち1枚をゾンビキャリア等で戻し

改めてカード・アドバンスなりを発動するといいでしょう。

 

 

【森羅】や【ディフォーマー】はデッキトップを操作できるカードを複数有しており

特に居合ドローを成功させやすいテーマと言えるでしょう。

居合ドローに特化したデッキを組みたい場合はこれらに

カード・アドバンスや魔導書整理などを混ぜる事で成功率を高める事が可能です。

 

 

また失敗した場合でもバーンダメージこそ発生させる事はできませんが

その場合でも墓地のカードをデッキに戻すぐらいであり

特に致命的なデメリットが発生するわけではありません。

複数枚のカードを墓地へ送り、また同時に墓地からデッキへ戻す

いわば手札交換ならぬ墓地交換カードとして活用する事が可能です。

失敗した場合はドローしたカードもそのまま手札に置いておくことが可能であり

発動時の手札コスト分は取り戻す事が出来るのもポイントです。

エクストラデッキにカードを戻す事も可能であり

戻せる枚数は相手フィールドの数依存になるものの

「EXデッキのカードを再利用しつつ墓地肥やしも同時に行える」

という稀有な効果を持ったカードとしても機能します。

これはこれで十分に強力であり特にEXデッキの消耗が激しいデッキであれば

貪欲な壺と合わせて使いまわす為のカードとして採用するのも全然アリです。

 

そういう使い方をする場合であれば死神に魂を売り渡すような真似をせずに

自分の運命力に任せて居合ドローの成功を狙ってみるのもいいでしょう。

見事成功した際には是非とも自分のデッキに対して

「アリガトウ、オレノデッキ・・・」と感謝してあげましょう。

居合ドローを引けずともいい墓地の落ち方をした場合にも

「アリガトウ、オレノデッキ・・・」と感謝してあげてもいいでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:ドラグニティ-セナート 墓地の準備なしでシンクロ召喚狙えます

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:究極幻神(きゅうきょくげんしん)アルティミトル・ビシバールキン

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣の追憶

バスターブレイダーの展開を補助する2つの効果!   今回紹介するのはザ・ダーク

記事を読む

遊戯王カード考察:発条補修(ぜんまいほしゅう)ゼンマイコン ゼンマイがより使いまわせるように

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第46話『未来を描き出すサーキット』感想

遊戯王ヴレインズ46話の感想です。 前回のあらすじ:もうこれが最終回でもおかしくないぐ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-アイス・ベル

展開しながらバーンダメージ!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)パチンゴーカート、SR電々大公(でんでんだいこう)

着実に増えるスピードロイド   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:フレンドリーファイア

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レプティアの武者騎兵、ディノンの鋼鉄騎兵、シュルブの魔導騎兵

ペンデュラム以外には結構強い   今回紹介するのはEXTRA PACK 201

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第61話『闇より出でし絶望』感想

遊戯王ヴレインズ61話の感想です。   前回のあらすじ:初心者に翻弄さ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    成功すれば文字通り一撃必殺の破壊力or墓地肥やしで更なる追撃の準備
    失敗してもEXデッキのカードの再利用やデッキにあった方が都合が良いカードの回収

    本当に上手い具合に調整されてますね

  2. 匿名 より:

    いつも楽しい記事をありがとうございます。自分では思いつかないことがあったりして、非常に為になります。

    私は森羅デッキを使っているのですが、残念ながらストールはデッキボトムにカードを戻してしまいます。森羅で大量にデッキトップを操作するならオレイアとかがいいと思います。

  3. M より:

    特殊裁定で墓地からEXのカードは戻せないようですね…

  4. 匿名 より:

    この前ショップ大会で、ディフォーマーデッキで居合いドローワンキル成功しました!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:希望皇(きぼうおう)オノマトピア ヒャッハーカード名全部乗せだぁ!

歴代主人公のエースカードや特性のカードプロテクターなどが収録された

遊戯王カード考察:魔弾の射手 マックス 相手の場にカードあればアド!これでLINK-1なんだぜ・・・

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第77話『相容れない兄妹』感想

遊戯王VRAINS77話の感想です。  

遊戯王カード考察:プラチナ・ガジェット 何かこの制約流行りそう

11月21日にVジャンプ1月号が発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王カード考察:ハーピィ・パフューマー サーチ対象は結構多いです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編4-よりこ

→もっと見る

    • 5,860,114 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑