遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)オハジキッド

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。

 

 

SRオハジキッド
効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻1000/守 200
①:このカードが召喚に成功した時、
自分または相手の墓地のチューナー1体を対象として発動できる。
そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚し、
そのモンスターとこのカードのみを素材として風属性のSモンスター1体をS召喚する。

 

 

また新しいスピードロイドが判明しましたね。

昔の玩具である「おはじき」をモチーフにしているモンスターですが

銃のハジキともかけているのかガンマン風の見た目をしています。

アークファイブでユーゴがデュエルチェイサーズ相手に使ったモンスターであり、

相手のチューナーモンスターを奪い取ってシンクロ召喚する効果を持っていました。

OCG化されてもその効果はしっかり再現されており、また使いやすくなっています。

 

 

その効果は召喚に成功した時に自分か相手の墓地のチューナー1体を対象とし

そのままフィールドに特殊召喚した後に風属性のシンクロモンスターを

シンクロ召喚するというものです。

中々都合よく相手のチューナーを奪える状況も作れない為、

基本的には自分の墓地のチューナーでシンクロ召喚する事になるでしょう。

注意しなければいけないのはちゃんとシンクロ召喚の素材を満たす必要がある事で

例えば3体の素材を必要とするミスト・ウォームなどは召喚できない点には注意です。

 

 

現在スピードロイドのチューナーにはSR赤目のダイスが存在しますが

特殊召喚してすぐにシンクロする関係上赤目のダイスの効果が使えず

また召喚条件を満たせるレベル4のシンクロモンスターも存在しない為、

現状スピードロイドだけではシンクロ召喚できないカードとなっています。

最もこの問題は他にスピードロイドのチューナーが出れば解消されます。

もしくは古神ハストルが上陸した場合も解消されます。

 

 

とりあえず現時点ではカードはスピードロイドをメインとするデッキよりも

他のシンクロ召喚を狙うデッキに出張してこそ輝くカードと言えるでしょう。

特にスピードロイド以外でHSRチャンバライダーを採用している場合

オハジキッドを出張させておくと③の効果も腐らせないでおけます。

問題は除外手段ですがこれもHSR魔剣ダーマで解消できるでしょう。

 

 

肝心の風属性汎用シンクロモンスターですがレベル5から9まで幅広く存在します。

チューナーのレベルとして2~6まで対応しているので、

かなり幅広い種類のチューナーを吊り上げてシンクロ召喚に繋げられます。

特に浮鵺城を手札1枚で出せるカードは中々貴重ではないでしょうか。

 

 

ホルホース

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

ヴァイロン・テトラ

オハジキッドで蘇生させた後にチャンバライダーをシンクロ召喚すれば、

チャンバライダーに耐性を付与する事が可能です。

戦闘で優秀な効果を持つチャンバライダーに耐性を付与できるのは

大きな利点となるでしょう。

またヴァイロン・プリズムもオハジキッドと高相性です。

攻撃力3500のクリアウィング・シンクロ・ドラゴンを作り出せます。

 

 

クレーンクレーン

レベル3のモンスターを中心としたシンクロデッキを作ろうと思った場合、

多くのレベル3チューナーを共有できます。

メンタル・カウンセラー・リリーやクイック・スパナイトなど

シンクロ素材とした時に効果を発揮できるレベル3チューナーもいる為、

これらを共有できるのはよりデッキの安定性に繋がるでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント

今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真実の名

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)考察:第1話時点での謎とその予測について、サイバース世界は危険?

遊戯王VRAINS、いよいよ放送開始しました。 ディエルこそありませんでしたがその分世界観の紹

記事を読む

遊戯王アークファイブ第73話『地を這う敗北者達』感想

遊戯王ARC-V73話の感想です。 また遊戯王アニメで記念すべき777回でもあります。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:光の導き

メぇぇぇ~~~リぃぃぃぃクリっスマぁぁぁーーースぅ!! 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:次元障壁(じげんしょうへき)

とっても使いやすいメタカード   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

遊戯王カード考察:暗黒の召喚神(あんこくのしょうかんしん)

三幻魔がデッキからポンと出てくる!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:アモルファージ・ヒュペル、アモルファージ・ノーテス

アモルファージ以外でも使ってみる?   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:神の摂理(Ultimate Providence)

解放のアリアドネと組み合わせると一気に凶悪カードに   今回紹介するのはEXT

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)ダークヴルム:遊戯王カード考察

だから1枚でスケールセッティングできるのやばいって   今回紹介するのはマキシ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

輪廻のパーシアス:遊戯王カード考察 カウンター罠多めに採用すれば他のデッキにも

ストラクチャーデッキR-神光の波動-の発売にも近づいてまいりました。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第19話『闇に葬られし事件』感想

遊戯王VRAINS19話の感想です。 リバースモンスターを駆使す

SW2.0:エイジ・オブ・グリモワール登場 新種族「ノーブルエルフ」「マナフレア」に新技能「グリモワール」「アーティサン」「アリストクラシー」

2017年9月20日、ソードワールド2.0の新しいサプリメント、

銃砲撃(ガン・キャノン・ショット):遊戯王カード考察 実にキースらしいイカサマカード

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこ

→もっと見る

    • 4,629,455 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑