遊戯王アークファイブ第61話『ドローを捨てた男』感想

公開日: : 最終更新日:2015/06/28 アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王アークファイブ

遊戯王ARC-V61話の感想です。

榊遊矢VS徳松長次郎のデュエルが開始されました。

強力なバーンを持つ花札衛-雨四光-にペンデュラム召喚を封じるイカサマ御法度、

はたしてこの布陣に遊矢はどうやって対抗していくのか。

 

エンジョイ長次郎→秋雨の長次郎

クロウとシンジは長次郎に心当たりがあったようです。

その名もエンジョイ長次郎、かなり名の知れたデュエリストだったようですが

長次郎はその名を否定、今は秋雨の長次郎で通しているとの事です。

そっちもそっちで誰だよ名づけたの

とにかくペンデュラム召喚を封じられた遊矢、今は裏守備でしのぎます。

そして長次郎のターン、雨四光の効果は自分がドローをしてしまうと失ってしまい、

その為に雨四光の効果によって自分のドローを放棄する事で効果を維持します。

さすがに4000ルールでこれは強いと思いましたがデメリットもあるみたいですね。

しかし既に勝利の布陣は完成していると豪語する長次郎、

取り巻きは歓声を送りますが声援なんていらないと長次郎がそれを静止します。

なにやら過去に何か事情がある模様。

そのまま雨四光で裏守備のギッタンバッタンを攻撃して撃破します。

ギッタンバッタンがペンデュラムモンスターであればエクストラデッキに行き、

イカサマ御法度の効果の対象から逃れる事が出来るのですがどうやら違ったようです。

 

 

出落ち

実質残り1ターンとなった遊矢、ここでドローするカードが鍵を握ります。

そして1500のバーンダメージを受けながらもドローしたカードは

EMディスカバー・ヒッポ!

おお、まさかここでカバが打開策となるのか、どうやってカバで状況を切り開くのかと

期待に胸を膨らませていたらそのままカバを裏守備でセットしターンエンド

そしてそのまま雨四光に倒されるディスカバーヒッポ

カバの出番、ただの壁で終了です、合掌

 

 

忘れちまったぜ・・・エンジョイなんて言葉・・・

次のターンで遊矢がドローをし1500のダメージを受ければ長次郎の勝利です。

そんな長次郎の様子にクロウとシンジは変わってしまったと嘆きます。

かつてエンジョイ長次郎はコモンズでも有名だったエンタメデュエリストであり

勝ち負けに拘らずにデュエルを盛り上げるその姿勢に、

子供達にとっての憧れのヒーロー的な存在となっていました。

クロウも子供の頃エンジョイ長次郎に憧れていたようです。

しかしそのヒーローもトップスとのデュエルによって打ち砕かれてしまいます。

トップスに負けてしまったエンジョイ長次郎はブーイングの嵐を浴びせられ、

さらにはブーイングは嘲笑へと変わってしまいました。

この時長次郎は「金にものを言わせたトップスのデュエルに負けた」と言ってますが

それよりも1VS5の方が問題だと思います。

まあ多分普通のデュエリスト相手なら1VS5でも勝てるんでしょう、スゴイ!

そしてデュエリスト生命をかけたデュエルにおいてドローを信じられなくなり、

イカサマに手を出してしまった結果収容所送りになってしまったようです。

 

 

起死回生の無限ループ

長次郎の過去語りに対して遊矢も久々にゴーグルを装着します。

しかしまだデュエルを諦めてはいません、懇親のドローをします。

引いたカードは「EMレインゴート」!

墓地に送る事で効果ダメージを無効にする手札誘発のカードです。

さらに効果により墓地のEMギッタンバッタを特殊召喚します。

ギッタンバッタは1度だけ戦闘破壊を無効化し、さらにエンドフェイズに

リリースする事で墓地のエンタメイトを手札に戻す事が可能です。

これによりレインゴートを手札に戻せば再び効果ダメージを無効にし

ギッタンバッタンを蘇生、またレインゴートを手札に戻すという

防御の無限ループを成立させました。

既に手札を使い切っている長次郎にはこの状況を打開する術はありません。

ブロックスパイダー以来のロック戦術です。主人公にしては珍しい。

カバの事は気にするな!

 

 

 

エンジョイ長次郎復活

無限ループによりドローをしなければ打開できない状況になった長次郎、

取り巻きは「このまま相手にドローさせ続けてればデッキ切れで勝てる」とか言ってました。

さすがにそれはちょっと無謀すぎるぞ取り巻き

勿論長次郎もそんな気長に待つつもりは毛頭ありません。

 

一方で場面が代わり囚人たちが看守に賄賂を送っています。

長次郎のデュエルを聞きつけ、是非観戦したいとの事。

エンジョイ長次郎がどれだけ皆の心をひきつけていたかが分かりますね。

 

そしてついに長次郎が今までのデュエルスタイルを捨てドローの姿勢をとります。

エンジョイ長次郎復活です。取り巻き達も長次郎コールを送っています。

長次郎もそのコールを制止するような事はしません。

そしてあふれ出る長次郎コールを遊矢はさらに盛り上げようとします。

戦う相手の声援も盛り上げようとするエンタメデュエリストの鑑です。

なお痺れノルマも達成した模様。

 

 

新たなる花札衛シンクロモンスター

デュエルとはすなわち人生なり!

人生は一度きり!勝つ日もあれば負ける日もある!

負けを恥じず 勝っておごらず

すなわち レッツエンジョイ!

 

エンジョイ長次郎のエンジョイドローによって引いたカードは「超こいこい」

カード3をドローし、それがカーディアンであれば特殊召喚、

しかし違っていれば墓地に送り1000ダメージというまさに諸刃の剣です。

しかし長次郎がドローした3枚のカードは

花札衛-萩に猪-

花札衛-紅葉に鹿-

花札衛-牡丹に蝶-

と全てカーディアンであり、場に特殊召喚します。

この時の囚人達のこいこいコールが非常に楽しそうでいいですね。

そして超こいこいの効果によりモンスターは全て攻撃力0、レベル2として扱われ

エンジョイ長次郎はそのまま3体のモンスターをチューニングします。

この3枚で出すカードなんて花札的に1つしかありません。

シンクロモンスター、花札衛-猪鹿蝶-の登場です。

そして雨四光と猪鹿蝶の波状攻撃によりギッタンバッタを見事撃破、

さらに貫通ダメージを与え遊矢のライフは残り200です。

 

 

しかしここからは遊矢のターン

無限ループを突破され追い詰められた遊矢。

しかし今度は遊矢が観客を盛り上げるターンです。

遊矢がドローしたのは魔法カード、ペンデュラムストーム。

自身のペンデュラムゾーンを破壊、同時に長次郎のイカサマ御法度を破壊します。

これにより遊矢は改めてペンデュラム召喚が可能になりました。

何か沢渡が「さらば忌まわしき呪縛」とか格好つけてます

そしてEMオオヤヤドカリとオッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴンで

ペンデュラムスケールをセッティング、レベル3のペンデュラム召喚の布陣です。

何気にオッPがペンデュラムゾーンにセッティングするのは初めてでしょうか?

そして観客からペンデュラムコールが湧き上がります。

その声援は独房でしょんぼりしていた黒咲にも聞こえてきた模様。

 

そしてペンデュラム召喚によって呼び出されたのは先ほどエクストラデッキに送られた

時読みの魔術師とEMビッグバイトタートルです。

まずはビッグバイトタートルで雨四光に攻撃します。

ビッグバイトタートルには戦闘した相手を道連れにする効果があり

さらにオッPのペンデュラム効果で戦闘ダメージを0にします。

そしてオオヤヤドカリの効果でオッドアイズペンデュラムドラゴンを蘇生、

そのまま続けざまに猪鹿蝶を攻撃します。

エンジョイ長次郎も罠カード「札改め」で猪鹿蝶を破壊から守りますが

1000のダメージを受けます、そしてまだ遊矢の猛攻は続きます。

遊矢は「ペンデュラム・クライマックス」を発動、

時読みの魔術師をリリースする事で同じくレベル3の相手の墓地にある

花札衛-桜に幕-をオッPに装備します。

そして攻撃力が上がったオッPで再び猪鹿蝶に攻撃!

見事に長次郎のライフポイントを0にし、遊矢の勝利です。

しかし長次郎、負けこそしましたがデュエルの結果には満足しており笑顔です。

観客からも長次郎を称える声が続いていました。

今回は遊矢の勝利となりましたがもしエンジョイ長次郎が勝っていたとしても

遊矢の目論見は見事に果たされていたと言えるでしょう。

そういう意味でも「勝ち負けに拘らないデュエル」であったと思います。

 

 

セレナ暴れてた

一方で1人隔離されているセレナの場面。

テレビで遊矢達の様子を目撃していた様子です。

看守が言うには今までずっと暴れていたがようやく大人しくなったとの事。

冷静だと思っていたけど暴れていたのかセレナ

まあとにかくこれで話が出来る状態になったと思ったロジェ長官は

いよいよセレナの元へ向かうそうです。

普通に雑居房に言っている遊矢達の事はいいんでしょうか?

 

 

次回予告『大エンタメデュエル大会!!』

クロウから突然仲間割れ宣言を言い渡される遊矢。

どうやらシンジと共に脱獄計画を考えているようです。

そしてその為にシンジが大エンタメデュエル大会を開催するようです。

その参加を求められた遊矢ははたしてどうするのでしょうか。

 

 

 

 

超熱血!デュエル塾

今回は長次郎の使うカード「花札衛(カーディアン)」についての解説です

作中で次々とモンスターを特殊召喚していましたがどうやら

かなり複雑な特殊召喚条件が設定されている模様です。

遊戯王というルールの中で花札を再現しようとした結果なのでしょう。

 

花札衛-松に鶴-
特殊召喚・効果モンスター
星1/闇属性/戦士族/攻2000/守2000
このカードは通常召喚できない。
①:「花札衛」モンスターの効果で特殊召喚したモンスター以外の、
自分フィールドのレベル1の「花札衛」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。この効果でドローしたカードが、
その特殊召喚の条件を満たす「花札衛」モンスター以外だった場合、
そのカードを墓地へ送る。

 

花札衛-芒に月-
特殊召喚・効果モンスター
星1/闇属性/戦士族/攻2000/守2000
このカードは通常召喚できない。
①:「花札衛」モンスターの効果で特殊召喚したモンスター以外の、
自分フィールドのレベル1の「花札衛」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。この効果でドローしたカードが、
その特殊召喚の条件を満たす「花札衛」モンスター以外だった場合、
そのカードを墓地へ送る。

 

花札衛-柳に小野道風-
特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星11/闇属性/戦士族/攻2000/守2000
このカードは通常召喚できない。
①:「花札衛」モンスターの効果で特殊召喚したモンスター以外の、
自分フィールドのレベル11の「花札衛」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。この効果でドローしたカードが、
その特殊召喚の条件を満たす「花札衛」モンスター以外だった場合、
そのカードを墓地へ送る。
②:このカードをS素材とする場合、
自分フィールドの全てのモンスターをレベル2の素材として扱う事ができる。

 

花札衛-桐に鳳凰-
特殊召喚・効果モンスター
星12/闇属性/戦士族/攻2000/守2000
このカードは通常召喚できない。
①:「花札衛」モンスターの効果で特殊召喚したモンスター以外の、
自分フィールドのレベル12の「花札衛」モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。この効果でドローしたカードが、
その特殊召喚の条件を満たす「花札衛」モンスター以外だった場合、
そのカードを墓地へ送る。

 

花合わせ
魔法カード
①:デッキから攻撃力100の「花札衛」モンスター4体を攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは特殊召喚の素材にできず、
「花札衛」モンスターの効果以外ではリリースできない。

 

花積み
魔法カード
①:自分のデッキから「花札衛」モンスター3体を選んで発動できる。
そのカードを好きな順番で自分のデッキの上に戻す。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:浮幽(ふゆ)さくら

ミラーマッチ用最終兵器!(他にも色々使えるよ)   今回紹介するのはシャイニン

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜(えんまりゅう)レッド・デーモン・アビス

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新ルール「リンク召喚」登場!新マスタールールにより今までのエクストラデッキにも多大な影響が発生!

今年の春に放送される遊戯王新アニメ「遊戯王ヴレインズ」 やはり皆さんが一番注目していたのは新し

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:竜核の呪霊者(りゅうかくのじゅりょうしゃ)

救いは無いんですか!?   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)モンキーボード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:超戦士の萌芽

墓地肥やししつつ儀式召喚!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)セカンドンキー

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D3(ディーキュービック)

手札コストをどう捻出する?   デステニー・ソルジャーズの収録カード、全て判明

記事を読む

遊戯王アークファイブ第124話『蘇る幻影騎士団』感想

遊戯王ARC-V124話の感想です。 狂気に目覚めたユーリの前に敗北した明日香、 ユーリ

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その4

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,301,291 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑