遊戯王カード考察:ハイ・キューピット 効果無効で出しても割といける

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

 

ハイ・キューピット
効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 600/守 600
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のデッキの上からカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで、
この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数だけ上げる。
②:フィールドのこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
自分は1500LP回復する。

 

 

光属性天使族のレベル1モンスターです。

「ハイ・キューピットいくわよーーーーっ!!!はあーーーーい♡」

黄緑の髪をした天使が斜め上に向かって矢を放とうとしています。

名前はバレーを意味する排球とキューピットを組み合わせたものだと思われ

球状になった矢じりやバレー用の膝サポーターなどが特徴的です。

キューピットは名前だけなら知っている人も多いと思われますが

ローマ神話における恋の神であり感情を操作する矢を放つと言われています。

本来は男の神様なのでもしかしたらこのモンスターも実は男かもしれません

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のデッキの上からカードを3枚まで墓地へ送って発動できる。
このカードのレベルをターン終了時まで、
この効果を発動するために墓地へ送ったカードの数だけ上げる。

①の効果は1ターンに1度、デッキの上からカードを3枚墓地へ送る事で

デッキからカードを3枚まで墓地へ送りそのターンの間

送った枚数分だけこのカードのレベルを上げる墓地肥やし&レベル変更効果です。

元々のレベルが1なのでレベル1~4まで任意にレベル調整が出来る事になります。

レベル1故にワン・フォー・ワンや金華猫に対応しているのが特徴で

これらからレベル2~4を出せるのは中々稀有な存在だと言えるでしょう。

また墓地へ送るのはコストでありたとえ効果を無効にされていたとしても

発動さえできれば墓地肥やしは可能です。

ジャンク・シンクロンや切れぎみ隊長あたりで蘇生した場合に可能なので

覚えておくといいでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:フィールドのこのカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合に発動する。
自分は1500LP回復する。

②の効果は1ターンに1度、

このカードがフィールドにある状態で相手によって破壊された場合に

1500ライフポイントを回復するライフ回復効果です。

やや相手依存な所がありますが中々の回復量であり

放置されたら放置されで再度①の効果で墓地肥やしを狙えます。

こちらも効果が無効にされた場合でも発動可能であり他に蘇生候補が無い場合に

「とりあえず蘇生するだけして放置する」みたいな使い方も可能です。

 

 

レベル1サポートの使えるレベル2~4のレベル調整要員として、

墓地肥やしやライフ回復要因として中々に幅広い使い方が出来るカードです。

「効果無効状態で出しても一定の活躍が出来るレベル1」というのが中々面白く

ジャンク・シンクロンや切れぎみ隊長を採用しているようなデッキであれば

蘇生対象の1つとして中々に有用だと思います。

墓地肥やしもライフ回復も重宝するデッキ、例えば【堕天使】あたりも

種族も噛み合っている事もあり採用しているのも面白いと思います。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:Em(エンタメイジ)トリック・クラウン

新カード、まだまだたくさんありますね。 今回はこのカードを紹介させていただきます。 &n

記事を読む

幻影騎士団(ファントム・ナイツ)カースド・ジャベリン:遊戯王カード考察

幻影騎士団がランク2にも手を出し始めました   今回紹介するのはマキシマム・ク

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)メンコート

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

セキュリティ・ドラゴン:遊戯王カード考察 そろそろトーチ・ゴーレム許されなさそう

10月21日にVジャンプ12月号が発売されます。 今回紹介するのはその付属としてついてくるこの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)キメラフレシア

これで捕食植物も融合デッキだ!   2016年の11月12日に新しいブースター

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物-『星冠』(せいいぶつ せいかん) 場にいるだけでもいやらしい

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The blazing MARS(ザ・ブレイジング・マーズ)

今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者編」よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械混沌巨人(アンティーク・ギア・カオス・ジャイアント)

圧倒的殺意の塊!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです

記事を読む

智天の神凰龍(セフィラ・トーラ・グラマトン):遊戯王カード考察

これがセフィラの切り札だ!   1月14日、とうとうマキシマム・クライシスが発

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:デニス・マックフィールドと榊遊勝の繋がりについて他

新年あけましておめでとうございます。 今年もどうかこのMUGEN次元をよろしくお願いします。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,760,485 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑