遊戯王カード考察:見習い魔嬢(まじょう) これで6属性全て揃いました

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

見習い魔嬢
リンク・効果モンスター
闇属性/魔法使い族/攻1400/LINK-2
【リンクマーカー:左下 右下】
\ ↑ /
←   →

闇属性モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドの闇属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、
光属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

 

 

見習い魔女のリメイクとなり闇属性魔法使い族のLINK-2です。

ミセス・レディエント、マスター・ボーイ、ドクトル・キメラ、グレートフライと

順番に収録されていっており今回既にスーパースターのリメイクである

ハイパースターが収録された為、次のパックに登場するのかと思いきやまさかの同時収録です。

 

ビフォー

アフター

 

ってなんか若返ってるー!?

今まで同じ属性強化リメイクが概ね成長した感じの姿だったのに対し

こちらはむしろ幼くなっている感じです。歯を見せた笑顔が素敵ですね。

単純に絵柄の問題というだけでなく翼まで小さくなっています。

もしかしたら本人ではなく娘さんという可能性もありますね。

ちなみに自分はこのモンスターの名前の予想(イラストが発表される前)として

結婚して「家内魔女」あたりになるかなと思っていましたが

「見習い」ではなく「魔女」の方が変化しました。

魔嬢とか予想外すぎるよ、むしろ若返るのが予想外だよ

ていうかマスターボーイから5体の名前予想をしていましたが

結局正解していたのはグレートフライだけでした。

 

 

【リンクマーカー:左下 右下】
闇属性モンスター2体

リンク素材には闇属性2体を要求しています。

相手ターンのエンドフェイズに終焉の焔でトークン2体を出しておけば

次のターンにそのトークンでリンク召喚を狙う事が可能です。

スケープゴーストで出したトークンを利用するのも面白いでしょう。

またレベル1モンスターがあればリンクリボーに繋げて

それをリンク素材にしてしまう事が可能です。

リンクマーカーは左下と右下というもうすっかりお馴染みの奴です。

EX召喚枠の確保としてはやっぱりこのマーカーはありがたいです。

 

 

①:フィールドの闇属性モンスターの攻撃力・守備力は500アップし、
光属性モンスターの攻撃力・守備力は400ダウンする。

①の効果は場の全ての闇属性の攻撃力守備力を500アップさせ

逆に光属性の攻撃力守備力を400ダウンさせる強化&弱体化効果です。

見習い魔女が持っていた効果が守備力にも影響するようになったお馴染みの奴です。

ハイパー・スターにも言える事なのですが闇属性のモンスターは非常にメジャーであり

相手のモンスターも強化してしまうケースは割と発生してしまうでしょう。

その分逆に光属性モンスターと対峙する機会も多い為

弱体化効果を活かせる機会も多いのが利点と言えます。

また見方を変えると「闇属性と光属性の攻撃力を変化させる効果」とも捉える事が可能で

闇属性と光属性という2大メジャー属性に属するモンスターを

No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロの効果で破壊する事が可能になります。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、
自分の墓地の闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。

②の効果は1ターンに1度、嬢が戦闘破壊か効果破壊された場合に

墓地の闇属性モンスター1体を手札に加えるというお馴染みの回収効果です。

ジャンク・シンクロンや金華猫を回収して再びリンク召喚を狙ってもいいですし

冥府の使者ゴーズやバトルフェーダーを回収して相手の攻撃に備えるといった手もあります。

手札誘発カードとしてはD.D.クロウあたりが回収候補となるでしょう。

 

 

というわけで闇属性版「いつもの」です。

EX召喚枠を増やすLINK-2の選択肢が増えたとはいえ

闇属性の強化&墓地回収がついていてこの性能を有しているのはありがたく

展開力に優れた闇属性デッキ全般、例えば【インフェルニティ】や

【ゴーストリック】あたりにおいて選択肢の1つとなってくれるでしょう。

個人的にはレベル1メインのデッキに採用するのも面白いと思っています。

前述のようにレベル1であればリンクリボーに繋げてリンク素材に出来る他に

主軸となる金華猫やジェスター・コンフィの再利用も可能になります。

ゴーストリック・デュラハンで3400打点まで対応可能になるのも侮れません。

 

 

これで6属性の属性強化モンスターのリメイクが全て揃った事になります。

ミセス・レディエントの登場から丁度1年ほどのかかっての全員集合であり

ちょっと感慨深いものがありますね。

関連記事

覇王眷竜(はおうけんりゅう)オッドアイズ:遊戯王カード考察  ちゃんと覇王龍ズァークの効果で出せます!

本日4月15日、いよいよコード・オブ・ザ・デュエリストの発売日です。 今回紹介するのはコード・

記事を読む

遊戯王OCG,10月の制限改定を個人的に予想してみる

新しいリミットレギュレーションが出る10月も近づいてまいりました。 前回7月の制限改定はまさか

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:天帝従騎(てんていじゅうき)イデア

皆さんは夏休みの宿題を溜めておくタイプでしたか?自分もそうでした。 今回紹介するのは真帝王降臨

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物の交心(せいいぶつのこうしん) 妨害&展開サポートで色々美味しい

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重魔獣(ちょうじゅうまじゅう)キュウ-B(ビー)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王カード考察:スモウ魂(スピリット) YOKO-ZUNA(ヨコヅナ) ペンデュラムにしてスピリット!

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-スノウ・ベル

風属性デッキ全般のシンクロをサポート!   今回紹介するのはレイジング・テンペ

記事を読む

No.(ナンバーズ)29 マネキンキャット:遊戯王カード考察  壊獣やDNA改造手術あたりと一緒に使ってみる?

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ワンダー・エクシーズ

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:降竜の魔術師(こうりゅうのまじゅつし)

ドラゴン族絶対殺すマンのお供に   今回紹介するのはレイジング・テンペストより

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    同じパックで新規ルイン様出るから「見習い女神」かな?
    と予想していましたが、魔嬢って発想は無かったですね~

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,557,823 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑