遊戯王カード考察:嵐竜の聖騎士(ナイト・オブ・ストームドラゴン) サイバース・ウィッチから簡単に出せます

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

 

嵐竜の聖騎士
儀式・効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1900/守 900
「サイバネット・リチューアル」により降臨。
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。
②:このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

 

 

光属性サイバース族のレベル4儀式モンスターです。

白竜の聖騎士、黒竜の聖騎士、光子竜の聖騎士に続く

4体目の聖騎士と名の付く儀式モンスターとなります。

ルビの関係上聖騎士サポートを受けられない点には注意してください。

専用の儀式魔法であるサイバネット・リチューアルに関してはこちら参照です。

ファイアウォール・ドラゴンを小さくしたような竜の背に乗る騎士です。

嵐というのはこの場合ヴレインズのデータストームを意味するのでしょう。

その関係もあってか名前に反して風属性ではなく光属性なので注意です。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがモンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

①の効果は1ターンに1度、このカードがモンスターに攻撃するダメージステップ時に

戦闘する相手モンスターを手札に戻すというバウンス効果です。

攻撃を介する必要こそありますが対象に取らない除去として使え

壊獣を再利用したりなんかも出来ると有用です。

自分から攻撃を仕掛けた時にしか発動しないので攻撃した後は相手ターンに残すよりは

そのまま②の効果でリリースするのがオススメです。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードをリリースして発動できる。
手札・デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

②の効果は1ターンに1度、このカードをリリースする事で

手札かデッキからレベル5以上のサイバース1体を特殊召喚するというものです。

同じタイプの聖騎士儀式と比べて特殊召喚できる対象が緩めですが

その代わりとも言うべきか特殊召喚したレベル5以上のサイバースは

そのターン効果を発動できない制約が発生します。

この制約を考えると特殊召喚するサイバース族は

単純にステータスの高いデュアル・アセンブルムあたりが候補でしょうか。

もしくは最初から効果無効と割り切って特殊召喚しておいて、

後で墓地から蘇生させるといった手もあります。

 

 

同じくサイバネット・リチューアル対応のサイバース・マジシャンと比較すると

やはりレベルが低い分全体的に控えめな性能となっています。

しかしこのカードはサイバース・ウィッチの効果を両方とも発動できれば

それだけでこのカードと儀式魔法、生贄要員全て確保する事が可能なので

相当に出しやすいカードとなっています。

サイバース・マジシャン自身は除去と呼べる効果を持っていない事もあり

役割分担はしっかりする事が出来るでしょう。

 

 

今後上級、最上級のサイバース族が増えればさらに価値の高まるカードです。

そういう意味でも実に将来性のあるカードですね。

関連記事

遊戯王カード考察:ファイヤーオパールヘッド 3体目のスケール0、ランスフォリンクスとセットでどうぞ

今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2017で配布されたこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:竜魔王レクターP(ペンデュラム)

シャイニング・ビクトリーズの発売も近づいてまいりました。 既にフラゲ情報も出回っているようです

記事を読む

遊戯王アークファイブ第119話『闇に落ちた小鳥』感想

遊戯王ARC-V119話の感想です。 自分の命を捨ててまで仲間達に情報を伝えてくれた月影。

記事を読む

巨大要塞ゼロス:遊戯王カード考察

ヴァー   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:おろかな重葬(じゅうそう) そろそろ眷竜スターヴ許されなさそう

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:リジェクト・リボーン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)キングベアー

レベル7以上ならなんでもサルベージ!   今回紹介するのは今回紹介するのは20

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:チューニングガム

②の効果だけでも便利!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこの

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜王(えんまりゅうおう)レッド・デーモン・カラミティ

今回紹介するのはVジャンプ10月号の付録カードであるこのカードです。   &n

記事を読む

デュエリスト・アドベント:遊戯王カード考察

結構サーチできるカード多いです   今回紹介するのはマキシマム・クライシスより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,473,381 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑