遊戯王カード考察:テクスチェンジャー デコード・トーカーとかのリンク先に置いておく?

本日3月24日、STARTER DECK(2018)の発売日です。

今回紹介するのはそのスターターデッキ2018よりこのカードです。

 

 

 

テクスチェンジャー
効果モンスター
星1/闇属性/サイバース族/攻 100/守 100
①:1ターンに1度、
自分のモンスターが攻撃対象に選択された時に発動できる。
その攻撃を無効にする。
その後、自分の手札・デッキ・墓地から
サイバース族の通常モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 

 

闇属性サイバース族のレベル1モンスターです。

山本先輩!山本先輩じゃないですか!

初代プレイステーションとかセガサターンあたりの

それぐらいの時代にありそうな実にポリゴンしているカエルです。

名前の由来は恐らくテクスチャマッピングからでしょう。

テクスチャマッピングとはコンピューターグラフィックにおいて

ポリゴンのような3次元オブジェクトの表面に張る画像の事です。

サッカーボールで例えるとまず球体の3次元オブジェクトを作り

そこにサッカーボールの白黒の模様を張り付けるような感じです。

 

 

その効果は1ターンに1度、

自分のモンスターが攻撃対象に選択された時に

多分こんな感じで攻撃を受け止めて無効にし

その後手札、デッキ、墓地のいずれかから

サイバース族通常モンスター1体を特殊召喚するというものです。

攻撃を守れるのは1回だけでしかもフィールドにいる必要がある為、

相手にとっても対策は立てやすいですがこのカードが場にあるだけで

他のモンスターも攻撃から守れるのはちょっとしたポイントで

そこにさらに特殊召喚のおまけがついているのは美味しいです。

有効に活用するのであれば相手のバトルフェイズ中に

守りたいモンスターを相手が攻撃してきたぐらいのタイミングで

戦線復帰などで蘇生すればより不意をつける形で出せるので効果的です。

この場合攻撃回数が1回であればそのまま相手は攻撃を中断せざるを得ないですし

2回あってもモンスターの特殊召喚を許してでも攻撃するかどうか悩ませられます。

キラートマトあたりからこのカードを特殊召喚するのも1つの手です。

 

 

特殊召喚する通常モンスターとしては攻撃力2000のライドロン

守備力2000のビットロンあたりが候補となるでしょうか。

デッキから墓地からも特殊召喚できるので

トライワイトゾーンなどの蘇生効果の布石にしたい場合はデッキから、

逆にレスキューラビットなどでデッキに残しておきたい場合は墓地からと

状況に応じて融通が利きます。

受動的な効果故に壁要因以上の活躍は難しいですが

デコード・トーカー等リンク先にモンスターがいる事で効果を発揮するカードの

リンク先にとりあえず置いておく候補としては悪くないと思います。

レベル1なのでガベージコレクターでこのカードを手札に戻せば

ドングルドングリを特殊召喚できる点も覚えておいて損はありません。

もし今後上級、最上級のサイバース族通常モンスターが登場した場合

さらに面白いカードになりそうです。

関連記事

遊戯王カード考察:フォーマッド・スキッパー レベル5以上のサイバースと一緒に出張させよう

今回紹介するのはLINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録となるこのカードです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)インコーラス

地味に嬉しいペンデュラム効果!   今週のアークファイブはまだ放送する不確定み

記事を読む

遊戯王カード考察:寝ガエル 端っこに置かれてしまった場合には?

本日4月14日、いよいよCYBERNETIC HORIZONの発売です。 今回紹介するのはそん

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第4話『カリスマデュエリスト Go鬼塚』感想

遊戯王ヴレインズ4話の感想です。 ハノイの騎士のフリをしてプレイメーカーをおびき寄せるGo鬼塚

記事を読む

遊戯王カード考察:超進化の繭 進化の繭からめっちゃ進化してます

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

捕食植物(プレデター・プランツ)バンクシアオーガ:遊戯王カード考察 捕食カウンターをのっけるのも利用するのもお手のもの!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)キングベアー

レベル7以上ならなんでもサルベージ!   今回紹介するのは今回紹介するのは20

記事を読む

遊戯王カード考察:クロック・スパルトイ 融合軸サイバース族のキーカード

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真実の名

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,473,449 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑