遊戯王カード考察:ミラーフォース・ランチャー ハノイの崇高なる力を全力サポート

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。

 

 

 

ミラーフォース・ランチャー
永続罠
①:1ターンに1度、
自分メインフェイズに手札からモンスター1体を捨てて発動できる。
自分のデッキ・墓地から
「聖なるバリア -ミラーフォース-」1枚を選んで手札に加える。
②:セットされたこのカードが
相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
墓地のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の
「聖なるバリア -ミラーフォース-」1枚を選び、
そのカードとこのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。

 

 

ハノイの崇高なる力であるミラーフォースのサポートとなる永続罠です。

ヴレインズにおいてリボルバーがプレイメーカー戦に使用し

リンクスレイヤーの効果で破壊された事で

自身とミラーフォースをセットして相手の魔法罠除去を見事に無駄撃ちさせました。

この時リボルバーは事前に

「ミラーフォースを手札に加えたのを相手に見せた上でセットする」

というプレイングをしておりセットしたのがミラーフォースであると

相手に思わせるブラフを仕掛けて除去を誘うのに成功しています。

モンスターを一切フィールドに出さずブラフ1枚のみをセットするというのも

ミラーフォースだと思わせるのに一役買っていたのでしょう。

イラストでは複数のミラーフォースが同時に発動している様が描かれています。

ランチャーというのは複数の意味がありますがリボルバーのカードである事を考えると

恐らくはミサイルやロケット等の発射装置としての意味合いでしょう。

ミラーフォースをミサイル等に見立てて次々と発射するイメージなのでしょう。

 

 

①:1ターンに1度、
自分メインフェイズに手札からモンスター1体を捨てて発動できる。
自分のデッキ・墓地から
「聖なるバリア -ミラーフォース-」1枚を選んで手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、自分メインフェイズ時に

手札からモンスター1体を捨てる事でデッキか墓地から

ハノイの崇高なる力を手札に加えるというものです。

手札コストこそ必要なもののデッキと墓地両方に対応しているのがポイントで

上手く使えば1枚のミラーフォースを使いまわす事も可能です。

問題なのは「相手にミラーフォースを手札に加えた事が分かる」という点で

まず相手にミラーフォースを警戒される事になるでしょう。

アニメでリボルバーがやったようにブラフを代わりに伏せるなど

プレイングの工夫が必要になってきます。

 

 

②:セットされたこのカードが
相手の効果で破壊され墓地へ送られた場合に発動できる。
墓地のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の
「聖なるバリア -ミラーフォース-」1枚を選び、
そのカードとこのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはセットしたターンでも発動できる。

②の効果はこのカードがセットされている状態で

相手の効果で破壊されて墓地へ送られた場合に

手札、デッキ、墓地にあるハノイの崇高なる力と墓地のこのカードを

自分の場にセットするという地雷効果です。

またこの効果でセットした場合そのターン中に発動できる豪華特典もあります。

上手く発動をする事が出来れば相手の魔法罠除去を無駄撃ちさせつつ

さらにもう1枚カードをセットできる為0:2交換が成立します。

こちらは①の効果よりもあからさまに「ミラーフォースをセットした」

という情報アドバンテージを相手に与える事になりますが

このカードも一緒にセットされるのがポイントで

ハーピィの羽箒などの全体除去を迂闊に発動できなくなります。

1ターンに1度の制約もなく効果を発動された直後にまた破壊されたとしても

また効果を発動してミラーフォースを追加でセットできます。

あくまで破壊されて墓地へ送られた場合なので

マクロコスモスやコズミック・サイクロンの前では無力な点には注意です。

 

 

もうこれでもかとミラーフォースをサポートとしています。

地雷カードとして見た場合、ミラーフォースを採用する前提が必要ですが

上手く行けば0:2交換が成立し、相手に破壊してもらえない場合でも

①の効果でミラーフォースのサーチカードとして機能してくれます。

ミラーフォース1枚だと既にセットしていて効果を利用できないケースもあるので

出来れば2枚以上採用するのが望ましいでしょう。

このカードをセットしている状態でミラーフォースを複数枚セットするのも

それはそれで相当にいやらしいです。

 

このカードがあれば安定してミラーフォースを用意する事が出来るので

クリティウスの牙と組み合わせてミラーフォース・ドラゴンを出すのも面白いです。

クリティウスの牙の弱点である「単体だけ引いて事故要員になる」

というケースを大分減らす事が可能です。

 

 

アニメでも散々言われていますがミラーフォースは

リンクモンスターに対して非常に効果的であり

まさに今の時代だからこそ輝くカードと言えるでしょう。

是非ともこのカードと合わせてハノイの崇高なる力を使いこなし

相手を底知れぬ絶望の淵へ沈ませましょう。

リボルバーなんかもうミラーフォース大好きですし

もしかしたら他にもミラーフォースサポート来るかもしれませんね。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン

ついに出た!ブラック・マジシャンのリメイクモンスター!   4月9日に新しいパ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超重武者ヒキャ-Q(ク)

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・プレシオス、ダイナミスト・ステゴサウラー、ダイナミスト・プテラン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

サイバー・ダーク・クロー:遊戯王カード考察  エクストラデッキから墓地に送れるカードが新たに誕生!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG:2018年4月の制限改定を個人的に予想してみる

3月になりました。また花粉症の季節がやってくる・・・。 冬が来てずっと冬だったらいいのに

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ラスト・ストリクス

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:円融魔術(マジカライズ・フュージョン) まあクインテット・マジシャンとセットで

今回紹介するのは2月23日に発売される ザ・ヴァリュアブル・ブック20の付録となるこのカードで

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:鬼(おに)くじ

ゴブリン「スカってなんだよスカって・・・・・・」 今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:グレイドル・アリゲーター、グレイドル・コブラ

ディメンション・オブ・カオス、一気にカードが判明しましたが、 マイペースに少しずつ紹介していき

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD双暁王(そうぎょうおう)カリ・ユガ

7月に発売されるディメンション・オブ・カオスのカードが早くも一部判明しました。 今回紹介するの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,648,641 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑