遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第40話『勝利への渇望』感想

公開日: : アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王ヴレインズ

遊戯王ヴレインズ40話の感想です。

前回のあらすじ:ミラフォトレンド入り

 

 

例え絶望の淵へ沈んでも

ミラーフォースによりGo鬼塚のモンスターが全滅した事で

子供たちや直樹くんが底知れぬ絶望の淵へ沈んでいます。

リボルバーもやめるなら今のうちだとGo鬼塚にサレンダーを促しています。

しかしGo鬼塚本人はモンスターを破壊された事で吹っ切れたと宣言、

未だ消えぬ闘志を以て一歩も引かない心構えです。

Go鬼塚は手札から剛鬼ヘルトレーナーを特殊召喚、

モンスターいない時に手札から特殊召喚が可能であり

さらにその効果で墓地からグレートオーガを攻撃力を500下げて蘇生します。

Go鬼塚はこれでターンエンド。

 

リボルバーのターン、ドロー。

まず速攻魔法「クイック・リボルブ」を発動し

デッキからマグナヴァレット・ドラゴンを特殊召喚です。

この時グレートオーガの効果が発動しマグナヴァレットの攻撃力が守備力分ダウン、

しかし気にせず速攻魔法「スクイブ・ドロー」を発動、

マグナヴァレットを破壊して2枚ドローです。

さらにリボルバーはフィールド魔法「リボルブート・セクター」を発動、

2つの効果を持ちますが今回は手札から2体ヴァレットを特殊召喚する効果を選択、

シェルヴァレットとメタルヴァレットを特殊召喚します。

そしてこの2体でサーキットコンバイン、

LINK-2、ブースター・ドラゴンをリンク召喚です。

次に2体目のシェルヴァレットを通常召喚してこいつにブースターの効果を発動、

攻撃力を500アップさせる効果ですがリンクモンスターの効果の対象になった事で

シェルヴァレットが破壊されて効果発動、同じ縦列の相手モンスター、

ヘルトレーナーを破壊しさらにその隣のジャイアントオーガも破壊します。

再度Go鬼塚のモンスターは全滅してしまいました。

そしてがら空きになった所でブースター・ドラゴンでダイレクトアタック、

GO鬼塚のライフは残り1000まで減らされてしまいます。

リボルバーはこれでターンエンド、エンドフェイズ時に

破壊された各種ヴァレットの効果が発動し

デッキからシェルヴァレットとメタルヴァレットが特殊召喚されます。

 

 

諦めない意思

Go鬼塚のターン、ドロー、彼の闘志はまだ折れません。

3枚目の剛鬼再戦を発動、墓地からムーンサルトとツイストコブラを蘇生させます。

ムーンサルト、名前に動物名が見当たりませんが見た目からすると

月面という事で兎モチーフのカードっぽいですね。

そしてこのムーンサルトの効果発動、墓地から剛鬼リンクをEXデッキへ戻し

墓地から剛鬼モンスター1枚を手札に加えます。

そしてムーンサルトとツイストコブラでサーキット・コンバイン、

再び剛鬼ジェット・オーガをリンク召喚します。

さらにスープレックスを通常召喚してその効果でツープラトンを手札から特殊召喚、

ツープラトン・・・これもしかしてトン(豚)って事でしょうか?

ここでジェット・オーガの効果発動、自身を破壊して場のモンスター全てを攻撃表示にし、

さらに場の剛鬼の攻撃力を500アップさせます。

次に装備魔法「剛鬼怒根性(ごうきどこんじょう)」を発動、

墓地のジェット・オーガを蘇生してこのカードを装備させてます。

こうしてGo鬼塚の場にモンスターが3体並ぶことになり

またリボルバーのモンスターを全て戦闘破壊可能となりますが

与えられるダメージ量は低く、またヴァレットは倒してもさらに後続が出て来ます。

そこでGo鬼塚は総攻撃をするのではなくさらなるリンクに繋げる事にしました。

ジェット・オーガ、ツープラトン、スープレックスでサーキットコンバイン、

LINK-4 剛鬼ザ・ジャイアント・オーガをリンク召喚です。

モデルはジャイアント馬場かアンドレ・ザ・ジャイアントあたりでしょうね。

墓地に送られたスープレックスの効果でマンジロックを手札に加えつつ

さらにツープラトンの効果でリンク素材となった時に

ジャイアントオーガの攻撃力を1000アップさせます。

この時ジャイアントオーガの効果も発動、自身の攻撃力が変動した際に

攻撃力を1000アップさせその攻撃力は5000にまで達しています。

そしてブースター・ドラゴンを攻撃して戦闘破壊、

リボルバーのライフを一気に残り900にまで削りました。

しかしただでは倒れずブースター・ドラゴンの効果でスリーバーストを蘇生させます。

Go鬼塚はこれでターンエンド、ジャイアントオーガの攻撃力は3000に戻ります。

 

 

第2のヴァレル

リボルバーのターン、ドロー。

墓地のブースター・ドラゴンの効果発動、スリーバーストをリリースして自身を蘇生です。

同じくブースターの効果で手札からハイバネーション・ドラゴンを特殊召喚しつつ

その効果で墓地からレベル4以下の闇属性、マグナヴァレットを手札に加えこれを通常召喚、

さらにブースターの効果でマグナヴァレットを対象にしてこれを破壊、

その効果でジャアイントオーガを破壊しようとします。

ですがジャイアントオーガは自身の攻撃力以下、

この場合3000以下のモンスター効果を受けないという耐性を持っておりこれを無効化します。

 

Go鬼塚は言います。今まで自分たちは子供たちの笑顔の為に戦ってきたと。

しかし今現在自分の場に応援する子供たちはおらず所詮デュエルとは己1人だと。

そしてデュエルとは誰でもない自分の為に戦うものであると、

今のGO鬼塚が戦う理由、それは勝利への渇望の為、最強である事を証明する為。

だからこそリボルバーに全力でこいと言います。

それに対してリボルバーは望み通りにしてやると返します。

リボルバーは3体のモンスターでサーキット・コンバイン、

閉ざされし世界を切り裂く我が烈風!

LINK-4、ヴァレルソード・ドラゴンをリンク召喚します。

銃剣がモチーフだったりするんでしょうか。

それにしてもリボルバーはちゃんと召喚口上を言いますね。

そしてヴァレルソードでジャイアントオーガを攻撃、

攻撃力はどちらも同じ3000ですがヴァレルソードは戦闘で破壊されず

またジャイアントオーガも同じように戦闘で破壊されない耐性を持ち相打ちです。

しかしこの時ヴァレルソードの効果が発動、

戦闘終了後、相手モンスターの攻撃力の半分の数値分、自身の攻撃力を上昇させ

さらに戦闘したジャイアントオーガの攻撃力を半減させます。

こうして攻撃力が下がった所でヴァレルソードの更なる効果により

メタルヴァレットを守備表示にします。恐らくフリーチェーン効果でしょう。

これによりメタルヴァレットの効果を発動、自身を破壊して

同じ縦列にある攻撃力の下がったジャイアントオーガを破壊しようとしますが

ジャイアントオーガの効果により攻撃力が増減した場合に攻撃力が1000上昇し

その攻撃力は2500に、これによりメタルヴァレットの効果を上回りその破壊効果を受けません。

しかしリボルバーは言います、こんな事(除去)で勝負をつける気はないと。

ヴァレルソードの更なる効果、

それは自身の効果を発動した際にもう1度攻撃できるというものでした。

これにより攻撃力4500のヴァレルソードで2500のジャイアントオーガを攻撃します。

Go鬼塚のライフは残り1000、手札にはダメージを半減できるマンジロックがありますが

半減しても防ぎきれないダメージ量を受けGO鬼塚のライフは0となりました。

途中でハトとカエルが吹っ飛ばされた為中継は途切れていますが、

子供たちはずっと勝利を願い続けていました、しかし鬼塚の敗北を予感させるように

写真立てが床に落ち、ひび割れてしまいます。

 

Go鬼塚はライフが0になっても倒れずに立ったままの状態を維持し続け、

プレイメーカーに後を頼むと言い残すとそのまま消滅してしまいました。

ハノイの塔の完成まで残り僅か、そして今この世界にいるデュエリストは

プレイメーカーと自分だけだとリボルバーは言います。

いよいよ最後の戦いが始まろうとしていました。

 

 

 

 

とうとうGo鬼塚も退場してしまいました。

プレイメーカー側ハノイ側ともに次々と離脱者が出ており

まさにクライマックスって感じですね。

Go鬼塚は誰も応援してくれる人がいないって言っていたけど

ちゃんとずっと子供たちが応援していた事は知っていてもらいたい所です。

 

次回予告 41話『欺かれた事実

追い求めてきた敵は目の前にいいる

これまでの戦いによって散っていったデュエリスト達が

プレイメーカーをここまで導いた

事件から10年 長きに渡る復讐の旅路に

終止符を打つ時が来た

プレイメーカーとリボルバーがDボードに乗っています

という事はスピードデュエルのようですね。

サブタイトルが意味深ですがAiが動揺している様子から考えると

いよいよAiが隠していた事が明るみになってきたりするんでしょうか。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:ペンデュラム・リボーン

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:賤竜の魔術師

今回はマスター・オブ・ペンデュラムよりこちらの紹介です。   賤竜の魔術師

記事を読む

SR(スピードロイド)アクマグネ:遊戯王カード考察

幅広く相手モンスターを素材にできる!   今回紹介するのはマキシマム・クライシ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第139話『闇に染まる眼』感想

遊戯王ARC-V139話の感想です。 ズァークに立ち向かう4番手は沢渡とクロウ。 ここま

記事を読む

『蘇生制限』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説  召喚条件無視って聞くと出来るって思っちゃうよね

「何このカードゲーム難しい・・・」 そんな感想をいだく遊戯王初心者の為の解説コーナー、

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第45話『極限領域のデュエル』感想

遊戯王ヴレインズ45話の感想です。   前回のあらすじ:お父さん亡くな

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-リハン:遊戯王カード考察  融合の六武衆が登場、影忍術で使いまわそう

8月11日にデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズが発売されます。 今回紹介するのはその

記事を読む

遊戯王カード考察:終焉龍(しゅうえんりゅう) カオス・エンペラー ペンデュラム召喚は狙わなくて大丈夫

5月21日に発売されるVジャンプ7月号には応募者全員サービスとして 過去に禁止カード、制限カー

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:チキンレース

海外でまたバーニングアビスとU.Aの新規が出るみたいですね。 ・・・バーニングアビスあれ以上強

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:フルメタルフォーゼ・アルカエスト

相手モンスターを溶かしまくれ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,932 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑