遊戯王カード考察:星遺物(せいいぶつ)への抵抗 上手く相互リンクしてハラキリだ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

星遺物への抵抗
通常罠
①:フィールドの相互リンク状態のモンスターの数まで、
フィールドの魔法・罠カードを対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 

 

星遺物の通常罠です。

「離せ!自分の命が惜しくないのか!?」

「皆を傷つけるぐらいなら・・・!」

恐らくは星遺物からの目覚めの続きなのでしょう。

霊体となったイヴがイヴリースの手を操り

そのまま自ら剣を突き立てハラキリをしようとしています。

イヴの命がけの行動に対し必死に制止しようとするアヴラムとイムドゥークですが

そして2人の想いもむなしくイヴの命がけの行動は成し遂げられるのでしょう。

 

 

その効果はフィールドの相互リンク状態のモンスターの数まで

フィールドの魔法罠を破壊する魔法罠用の除去効果です。

いわばリンク召喚用のサイクロンか砂塵の大竜巻とも言うべきカードと言えます。

単純に相互リンクの条件を満たすだけならばリンク・スパイダーかリンクリボーあたりを出し

その下に副話術士クララ&ルーシカか星杯竜イムドゥークを出す事で

モンスター2体から相互リンクを狙う事が可能でこれでも2枚の魔法罠が破壊可能です。

スケープ・ゴートのトークンからセキュリティ・ドラゴンか

スペース・インシュレーターの合計2体を出すのもいいでしょう。

3枚以上の破壊を狙いたい場合はトロイメアリンクを活用するのが最も狙いやすいでしょう。

ただ【トロイメア】でこのカードを使う場合

積極的にイヴリースがハラキリするというシュールな構図になりますが

セップクはスポーツじゃないです!

 

 

ただリンク召喚を狙う際に肝心の破壊したい魔法罠から妨害される可能性があるので

いかにそういった妨害をかいくぐれるかも1つの鍵となってくるでしょう。

どちらかと言えば伏せカードを破壊するよりは

永続魔法やフィールド魔法、ペンデュラムゾーンのカードなどの

既に発動されているカードが狙い目となります。

 

 

このカードでハラキリする場合にライバルとなってくる存在が

同じく通常罠の魔法罠除去である砂塵の大嵐です。

あちらは特別の条件とか必要なしに2枚の魔法罠の除去が可能であり

相手ターンにエンドサイクを狙う場合にあちらが大きく使い勝手で勝るでしょう。

その一方でこちらはバトルフェイズが行えないデメリットが発生せず

自分ターンに使っても問題ないがない点、

相互リンクしているモンスターの数次第では3枚以上の破壊も狙える点、

何よりも「星遺物」の名を冠している為

星遺物-『星鎧』などでサーチが可能な点で優れています。

このカードを採用する場合は上手くこれらの要素を活かすようにして

効果的なハラキリをしていきましょう。

関連記事

遊戯王カード考察:逢魔ノ妖刀-不知火(おうまのようとう しらぬい) 馬頭鬼やシノビネクロの再利用に是非

今回紹介するのはSAVAGE STRIKE(サベージ ストライク)よりこのカードです。 &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:電子光虫(デジタル・バグ)-ライノセバス

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:左腕の代償

最近ずっとモンスターハンターXやっております。 ニャンターがすごく楽しいです。 ブーメラ

記事を読む

センサー万別:遊戯王カード考察 群雄割拠の逆バージョン!種族がバラバラな事が強みに

本日10月14日、いよいよエクストリーム・フォースの発売です。 今回紹介するのはEXTREME

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:開闢の騎士、宵闇の騎士

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物-『星冠』(せいいぶつ せいかん) 場にいるだけでもいやらしい

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イルミラージュ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

電送擬人(でんそうぎじん)エレキネシス:遊戯王カード考察 10期向け手札誘発、メタカード以外の使い道も

10月です。とうとう新しいリミットレギュレーション適用ですね。 まあ既にSPYRAL環境になっ

記事を読む

遊戯王カード考察:スクラップ・ワイバーン 蘇生して破壊してリクルートしてまた破壊

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK2よりこのカードです。   &

記事を読む

遊戯王カード考察:調弦の魔術師(ちょうげんのまじゅつし)

手札からのペンデュラム召喚を狙え!   今回紹介するのはディメンション・ボック

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,969,652 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑