遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)フェイスターン 剛鬼用蘇生カード2枚目、いっその事一緒に使おう

今日はバレンタインですね。

本来は男性が女性にプレゼントする日というのは実際どれくらいの知名度なんでしょうね。

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

剛鬼フェイスターン
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの「剛鬼」カード1枚と
自分の墓地の「剛鬼」モンスター1体を対象として発動できる。
対象のフィールドのカードを破壊し、対象の墓地のモンスターを特殊召喚する。

 

 

剛鬼用の通常魔法です。

ヴレインズにおいてGo鬼塚がゲノム戦で使用し

ヒールの証である剛鬼ザ・ダークマスクを破壊しつつ

墓地より剛鬼スープレックスを蘇生しました。

またこの際ダーク鬼塚からGo鬼塚へフェイスターンする演出もされています。

 

イラストでは剛鬼ザ・グレート・オーガがコーナーポストの上に立ち

バトルアクスとマスクを投げ捨てています。

フェイスターンというのはプロレスにおいて

ヒール(悪役)からベビーフェイス(正統派)へ転向する事を指します。

アークファイブでもデニス・マックフィールドが似たような事してましたね。

対義語としてベイーフェイスからヒールへ転向するヒールターンが存在し

こちらもアニメにおいてGo鬼塚がやっていました。

イラストがザ・グレート・オーガがベビーフェイスへ転向している様子を表すのなら

ザ・グレート・オーガは元々はヒールだったと解釈ができますね。

 

 

その効果は1ターンに1度、フィールドの剛鬼カードを破壊しつつ

墓地の剛鬼モンスター1体を墓地から特殊召喚するという蘇生効果です。

剛鬼用の蘇生カードには既に剛鬼再戦が存在しており

あちらは2体同時に蘇生が可能でフィールドの剛鬼を破壊する必要もありませんが

こちらは攻撃表示でも蘇生が可能な事、何よりもレベルの指定がない事から

リンクモンスターの剛鬼も蘇生可能な点が特徴となっています。

剛鬼リンクの多くはEXモンスターゾーン向きのリンクマーカーをしていますが

剛鬼ザ・グレート・オーガであればメインモンスターゾーンであっても

十二分に活躍させる事が可能です。

単純に高いLINK数を持つ剛鬼を蘇生させて

さらなるリンク召喚に繋げるのもいいでしょう。

 

 

剛鬼再戦ともども1ターンに1枚しか発動できない為

使い分けるというよりは両方とも併用して活用していく方が展開に繋がります。

剛鬼再戦で蘇生したカードを破壊しつつこのカードで蘇生するという動きも可能ですし

どちらも剛鬼モンスターの共通効果でサーチが非常に容易な為、

剛鬼にとってサーチできる蘇生カードが2枚に増えるという事が

何よりも嬉しいポイントです。

関連記事

ダウンビート:遊戯王カード考察 トランスターンとの違いを把握しよう

ウミガメのスープって面白いですね。最近ハマってます。 今回紹介するのはEXTREME FORC

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超重忍者(ちょうじゅうにんじゃ)サルト-B

今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:磁石の戦士δ(マグネット・ウォリアー・デルタ)

マグネット・バルキリオンがさらに救済!     8月21日にV

記事を読む

キャッスル・リンク:遊戯王カード考察

カードの位置を動かせる事が何を意味するか   今回紹介するのはコード・オブ・ザ

記事を読む

伝説のフィッシャーマン二世:遊戯王カード考察 梶木くんなにカードになってんねん・・・・・・

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第69話『疾走するディーバ』感想

遊戯王ARC-V69話の感想です。 今回は柊柚子VSエンジョイ長次郎。 シンクロ次元に来

記事を読む

集いし願い:遊戯王カード考察

多分これが1番オーバーキルできると思います   今日ついに20th ANNIV

記事を読む

遊戯王アークファイブ第61話『ドローを捨てた男』感想

遊戯王ARC-V61話の感想です。 榊遊矢VS徳松長次郎のデュエルが開始されました。 強

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ

フィールドも墓地も全て除外してしまえ   今回紹介するのは12月19日に発売さ

記事を読む

遊戯王カード考察:星刻の魔術師(せいこくのまじゅつし)

闇属性魔法使い族なんでもサーチ!   12月23日にストラクチャーデッキ-ペン

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,414,037 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑