遊戯王カード考察:リンク・ストリーマー 効果を発動させる手段は色々あります

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

リンク・ストリーマー
効果モンスター
星4/光属性/サイバース族/攻1600/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
自分フィールドにサイバース族モンスターが召喚・特殊召喚された時に発動できる。
自分フィールドに
「データトークン」(サイバース族・光・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

 

 

光属性サイバース族のレベル4モンスターです。

ソーラーパネル型の翼が特徴的な機械竜です。

また腹部から何かを照射しています。

ストリーマーとは様々な意味がありますがこの場合は恐らく

音声や動画などのファイルをダウンロードしつつ随時再生する

ストリーミングから来ていると思われます。

このストリーミングで動画を再生する人をストリーマーと呼び、

主に動画のリアルタイム配信者などがそれに該当します。

このカードの場合はサイバース族が特殊召喚された際に

それのデータをすぐさまトークンとして再生しているのでしょう。

 

 

その効果は1ターンに1度、このカードがモンスターゾーンにある状態で

自分の場にサイバース族が召喚、特殊召喚された場合に

トークンを1体特殊召喚するというものです。

【サイバース族】においてこの条件を満たすのは非常に簡単であり

バックアップ・セクレタリー、ブート・スタッガード、サイバース・コンバーターのいずれかが

手札にあればそれを特殊召喚すれば条件を満たす事が可能ですし

ワンタイム・パスコードでトークンを作成する事でも条件を満たせます。

トークンを出した後はそのままLINK-3あたりに繋げるといいでしょう。

 

その他にも通常モンスターを素材にリンク召喚できるリンク・スパイダーや

レベル1を素材にリンク召喚できるリンクリボーをトリガーにするのもいいでしょう。

前者は予想GUYから、後者は黄泉ガエルやジェスター・コンフィ等から展開できるので

これまた容易に発動条件を満たせます。

 

個人的にはこのカードが光属性なのもあり

フォトン・サンクチュアリを使うのも面白いと思っています。

トークン2体でセキュリティ・ドラゴンあたりをリンク召喚する事で条件を満たせ

そこからファイアウォール・ドラゴンやトロイメア・グリフォンに繋げられます。

 

 

サイバース族の中でもかなり使いやすい類のカードなので

積極的にデッキに採用していく事ができるでしょう。

サイバース族のモンスターは展開手段に長けた効果が多いものの

1ターンに1度の制約がついているものが中心なので

こういった使いやすいカードが増えるのは単純に嬉しいです。

それにしてもサイバース族はトークンや通常モンスターを積極的に活用していきますね。

関連記事

No.(ナンバーズ)29 マネキンキャット:遊戯王カード考察  壊獣やDNA改造手術あたりと一緒に使ってみる?

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第128話『決戦!精霊機巧軍(スピリット・テック・フォース)』感想

遊戯王ARC-V128話の感想です。 娘を元に戻したいという父親としてのエゴを貫こうとする零王

記事を読む

遊戯王OCG、2017年4月の制限改定判明!十二獣はがっつり規制!新マスタールールの影響で規制、緩和されたカードも

2017年4月のリミットレギュレーションが判明しました。 新マスタールールの登場もあり今回の制

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:レッド・ワイバーン

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ハイ・スピード・リレベル

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG,7月の制限改定を個人的に予想してみる

新しいリミットレギュレーションの時期も近づいて来ましたね。 かなり群雄割拠の環境ですがそれでも

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:オッドアイズ・ペルソナ・ドラゴン

スケール1&エクストラデッキメタ!   今回紹介するのは3月21日に発売される

記事を読む

『タイミングを逃す』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説、キーワードは「時」と「できる」!あと「その後」!

遊戯王に新しく導入されるリンク召喚、そして新マスタールール。 今回のルール変更はあまりにも今ま

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇団-メロー・マドンナ 意外と魔界劇団以外でも採用できそう

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:ドラグニティ・ドライブ 特殊召喚の制約はまあなんとかなります

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,414,011 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑