遊戯王カード考察:竜魔導の守護者 キャーユーゴーサーチ&ソザイソセイドウジニカノウサーン

2月21日にVジャンプ4月号が発売されます。

今回紹介するのはその付録となるこのカードです。

 

 

 

竜魔導の守護者
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1800/守1300
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、
自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「融合」通常魔法カードまたは
「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。
②:EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。
そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を
自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

 

 

闇属性ドラゴン族のレベル4モンスターです。

さわやかなブルーの鎧を身に纏い槍を片手に持った竜騎士です。

ファイナルファンタジーあたりに紛れ込んでいてもまったく違和感がありません。

いかにも戦士族って見た目ですがドラゴン族なので注意しましょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、
自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「融合」通常魔法カードまたは
「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。

①の効果は1ターンに1度、召喚か特殊召喚に成功した場合に

手札を1枚捨てる事で「融合」もしくは「フュージョン」と名の付く

通常魔法を1枚手札に加えるサーチ効果です。

手札コストこそ必要ですが融合を軸にするデッキにとっては

融合カードの貴重なサーチ手段として機能してくれるでしょう。

サーチできるのは通常魔法に限定されている為罠カードの融合準備や

永続魔法のブリリアント・フュージョンなどはサーチできない点に注意です。

というよりは通常魔法限定なのって多分ブリリアント対策ですよねこれ

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できず、
このカードの効果を発動するターン、
自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
②:EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。
そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を
自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せる事で

その融合モンスターにカード名がしっかりと明記されている融合素材1体を

墓地から裏側守備表示で特殊召喚する蘇生効果です。

一応補足しておくと「カード名が記されている融合素材モンスター」というのは

例えば召喚獣メルカバーの融合素材である

「召喚師アレイスター」+光属性モンスター

を例に出すとこの「召喚師アレイスター」がカード名が記されている融合素材モンスターです。

逆に「光属性モンスター」という大雑把な方はカード名が明記されていないので

こちらを蘇生する事はできません。

特に最近の融合モンスターはこういう大雑把な融合素材指定が多いので気を付けましょう。

裏側守備表示でも融合素材には利用できるので

素直に融合素材として活用するといいでしょう。

残念ながら現在この効果で蘇生できるリバースモンスターは存在しませんが

召喚師アレイスターであればリバース時に効果を発動する事が可能です。

 

 

どちらの効果も発動するターンの間

EXデッキから融合モンスターしか特殊召喚できなくなる制約が発生するので

基本的に融合召喚を軸とするデッキで活用する事になるでしょう。

このカードと手札1枚、そして墓地に蘇生対象が存在すれば

このカードの召喚から蘇生と融合魔法のサーチを同時にこなす事が可能です。

どうせならこのカードも融合素材にできれば無駄がないので

それが可能なモンスター&融合魔法を用意しておくといいでしょう。

 

まず蘇生候補として挙がるのはブラック・マジシャンです。

ブラックマジシャンを蘇生する事でこのカードと合わせて

竜騎士ブラック・マジシャンの融合召喚が狙えます。

【ブラック・マジシャン】デッキに採用するドラゴン族の候補としては

うってつけの存在と言えるでしょう。

 

バスター・ブレイダーもオススメです。

破壊剣士融合こそサーチできませんが墓地からバスター・ブレイダーをサーチしつつ

竜破壊の剣士・バスターブレイダーを融合召喚可能です。

ただ融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できなくなる為

破戒蛮竜-バスター・ドラゴンを出したい場合には気を付けましょう。

 

暗黒騎士ガイアなんかも蘇生さえできれば

天翔の竜騎士ガイアの融合召喚に繋げられたりします。

天翔の竜騎士ガイア自体は融合素材にカード名が明記されていませんが

通常の竜騎士ガイアの方に明記されているので問題ありません。

 

またクリッチーを見せる事で蘇生できるクリッターと黒き森のウィッチは

どちらもフィールドから墓地に送られる事でサーチ効果を発動可能です。

このカードと合わせてスターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンが

融合召喚可能なので一緒に採用しておくといいでしょう。

 

 

特殊召喚に関する制約にさえ許容できるのであれば

融合サーチと蘇生を1枚で行えるという点でかなり優秀であり

上記以外にも様々な融合デッキで採用が検討出来ると思います。

有効活用できるデッキがあるなら3枚確保して損はないでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:マジシャン・オブ・ブラック・イリュージョン

ついに出た!ブラック・マジシャンのリメイクモンスター!   4月9日に新しいパ

記事を読む

動画紹介:どういうことだ!? 説明しろギラグ!!

かつて、あの重々しき歌に送られた戦士たち。 故国を守る誇りを厚い拳に包んだ反骨の闘士の、ここは墓場

記事を読む

クラッキング・ドラゴン:遊戯王カード考察  相手が展開すればするほど大ダメージ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバーロード・フュージョン サイバー流速攻魔法版平行世界融合

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:竜宮のツガイ

もうすぐハイスピード・ライダーズも発売されますが。 ディメンション・オブ・カオスのカードもまだ

記事を読む

遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCG:2017年10月の制限改定を個人的に予想してみる

9月になりました。涼しくなってきたという声もあるようですが ぶっちゃけここら辺はまだまだめっち

記事を読む

【星杯(せいはい)】:遊戯王テーマ考察  連続でリンクしろと言わんばかりの展開能力!

コード・オブ・ザデュエリストに登場するリンクテーマ「星杯」 恐らくはこれがアニメ本編と関係ない

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの支配 ライフ払うどころか逆に回復できる万能カウンター罠

本日いよいよデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズの発売です。 今回紹介するのはそのダーク・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黄昏の忍者シンゲツ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    キャーリュー(マドウノシュゴシャ)サーン
    ゲートウェイドラゴンや超越融合と一緒になんとかインチキできないもんかと想像力が滾る一枚ですね

  2. 匿名 より:

    良き力だ(迫真)
    3冊どころか、少なくとも
    6冊は買いたくなる…

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,932 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑