遊戯王カード考察:ティンダングル・トリニティ 特殊召喚できる、耐性付与できる、サーチもできる、墓地肥やしもできる

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

ティンダングル・トリニティ
リバース・効果モンスター
星4/闇属性/悪魔族/攻   0/守1500
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキから「ティンダングル・ベース・ガードナー」1体を特殊召喚する。
②:リバースしたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の「ティンダングル」モンスターは戦闘では破壊されない。
③:このカードが「ティンダングル」リンクモンスターの
リンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ジェルゴンヌの終焉」1枚を手札に加え、
デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

 

 

ティンダングルの新規となるレベル4リバースモンスターです。

3つの顔を持つなんとも言えない異質な形状を持つモンスターです。

左上の顔がティンダングル・エンジェルに似ており何かしらの関連を伺わせます。

もしかしたら残る2つの顔を持つティンダングルもいるのかもしれませんね。

 

 

①:このカードがリバースした場合に発動できる。
デッキから「ティンダングル・ベース・ガードナー」1体を特殊召喚する。

①の効果はリバースした場合にデッキから

ティンダングル・ベース・ガードナーを特殊召喚するというリバース効果です。

ベース・ガードナーはティンダングル・アキュート・ケルベロスの持つ

攻撃力増加効果を狙う場合に必須でありこの効果でデッキから特殊召喚できれば

より安定してアキュート・ケルベロスを活かす事が出来るでしょう。

 

 

②:リバースしたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の「ティンダングル」モンスターは戦闘では破壊されない。

②の効果はリバースしたこのカードがモンスターゾーンに存在する間

自分のティンダングルモンスター全体に戦闘破壊耐性を付与するというものです。

自身及び①の効果で特殊召喚したベース・ガードナーも戦闘から守る事が出来る為

「相手ターンに攻撃から身を守り自分ターンでリンク召喚を狙う」

という動きが狙いやすくなります。

 

 

このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが「ティンダングル」リンクモンスターの
リンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「ジェルゴンヌの終焉」1枚を手札に加え、
デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

③の効果は1ターンに1度、

ティンダングルリンクのリンク素材として墓地へ送られた場合に

デッキからジェルゴンヌの終焉を手札に加えつつ

更にデッキから魔法罠1枚を墓地へ送るサーチ&墓地肥やし効果です。

現状存在するティンダングルリンクはアキュート・ケルベロスのみであり

実質的にアキュート・ケルベロスのリンク素材になるのが前提となります。

墓地へ送る魔法罠カードに制限はなく

特にティンダングル・ドロネーを墓地へ送れるのは非常に大きいです。

ナーゲルの守護天やオイラーサーキットも

手札コストこそ必要ですが墓地に送る事で間接的なサーチが可能です。

 

 

リバースするという前提条件こそありますが

デッキからモンスターを特殊召喚しつつ破壊耐性を付与できる上に

リンク素材になればサーチ効果を発動しつつ墓地肥やしも可能と

もうとにかく贅沢に効果を詰め込んだカードとなっています。

ティンダングル・ドロネーでこのカードを蘇生しつつ

リンク素材になって再度ティンダングル・ドロネーを墓地にという芸当も可能であり

何かとアドバンテージの確保に働いてくれるカードとなるでしょう。

ティンダングルは墓地肥やしが非常に重要なテーマですが

上手くこのカードをリバースする事が出来れば場にモンスターを2体揃える事が可能であり

そこにティンダングルもう1体出してアキュート・ケルベロスのリンク召喚、

そこから③の効果でティンダングル・ドロネーを墓地にという動きが出来るので

まだ墓地に十分にカードが無い状態でこそありがたいカードと言えます。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)シェード・ブリガンダイン、幻影騎士団トゥーム・シールド

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王カード考察:星遺物(せいいぶつ)への抵抗 上手く相互リンクしてハラキリだ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

超重武者(ちょうじゅうむしゃ)オタス-K(ケー):遊戯王カード考察  見た目に恥じぬメイン盾、直接攻撃もこれで安心!

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

ムーンバリア:遊戯王カード考察

相手のメインフェイズ2を奪い取れ!   今回紹介するのは20th ANNIVE

記事を読む

遊戯王カード考察:トランスコード・トーカー LINK-3蘇生しつつ更に打点強化&耐性付与

3月24日にSTARTER DECK(2018) が発売されます。 今回紹介するのはそのスター

記事を読む

遊戯王カード考察:闇黒世界-シャドウ・ディストピア- おうお前がモンスターをリリースするんだよ

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-闇黒の呪縛-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真竜剣士マスターP(ピース)

やっぱり無効化は強い!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこの

記事を読む

遊戯王エイプリルフール企画、なんか集英社が海馬コーポレーションに乗っ取られてた

4月1日、エイプリルフールですね。 嘘をついていい日という事で日本の企業はやたらとこの日が大好

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第14話『ゴーストガールの誘い(いざない)』感想

遊戯王ヴレインズ第14話の感想です。 前回はマスコミが可哀想になっていましたね。 さてゴ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:大欲な壺

もう除外ゾーンは安全ではない   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,414,037 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑