遊戯王アークファイブ第60話『地獄の沙汰もカード次第』感想

公開日: : 最終更新日:2015/06/21 アニメ感想, 遊戯王, 遊戯王アークファイブ

遊戯王ARC-V60話の感想です。

ロジェ長官の手腕によって一網打尽とされてしまったランサーズ。

まとめて収容所送りです。残るランサーズは零児、零羅、月影の3人しかいません。

はたしてこれからどうなってしまうのか。

個人的にはなんとなく今後の展開は零羅が鍵を握ってくるんじゃないでしょうか。

零羅の成長物語に期待したい所ですね。

 

 

 

沢渡さん、ギャグ要因っすよ!

開幕でいきなり車に放り込まれて潰される沢渡。

すっかりギャグ要因が定着しちゃってます。

監獄編という重苦しい雰囲気の中では貴重な癒し要因と言えるでしょう。

セキュリティもさすがに子供達までは捕まえなかったようです。

まだ捕まってないクロウの仲間達もいるみたいで彼らに面倒見てもらうようです。

 

 

あ、ちゃんと気付いてた

零羅を心配する遊矢でしたがそこはセレナがフォローします。

セレナは月影が零羅を連れて行った事を見ており心配はいらないだろうとの事。

よかった、ちゃんと月影だって気付いてたんですね。

前回のデュエル塾で気付いてなかった系の会話をしてたので心配してました。

月影は本当に忍者らしい忍者で有能ですね。

それにしても巻き込まれた形なのに恨み言の1つも言わない

クロウとシンジは本当に人間が出来てますね。

 

 

セレナだけ特別房へ

ロジェ長官は融合を使用したセレナに何か思う所があるようです。

というわけでロジェ長官の命でセレナだけ特別房送りです。

どうやらロジェ長官が個人的に取り調べするという薄い本案件みたいです。

まあ女子を同じ所に収容するのも問題ありますしね。

連行したのが女性看守だった事もありセレナもあまり疑問に思わなかったようです。

一応他のランサーズも普通の囚人とは別の所に収容しようと考えていたみたいですが

肝心の看守が思いっきりレースゲームをやっていてサボっています。

色々ハイテクなシンクロ次元ですがどこにでもあるような携帯ゲーム機でした。

もしかしたらコモンズで普及しているゲーム機かもしれません。

長官の指示も話半分に聞いてるみたいでこれは何かやらかすフラグですね。

 

 

デュエルディスクは没収、デッキは返す

捕まった遊矢達はデュエルディスクこそ没収されますがデッキは返して貰えます。

看守達の話によるとデッキこそが生命線の様子。

勝手なデュエルは駄目って事でデュエルディスクは没収されますが

まあそれを差し引いてもデュエルディスク万能ツールすぎますしね。

荒事を事前に防ぐ為にも没収しているのはまあ妥当な処置と言えるでしょう。

所でこの時デッキが返してくれる事にクロウが疑問に思っていますが

クロウって前科持ちで過去に収容所に送られた経験があるわけではないんでしょうか?

もしかしたらクロウもこの収容所に送られるのは初めてなのかもしれません。

 

 

彼(サボってた看守)はもう終わりですね

話半分に聞いていた看守は案の定遊矢達を雑居房に収容してしまいます。

これはクビフラグですね分かります。

連れてこられた雑居房にはまーいかにもな囚人達がわんさかいるのですが

どうやらここの囚人の大半は無実の罪で収容された人たちのようです。

それでもガラ悪そうな人が多いのは環境に適応した結果という感じなんでしょうか。

囚人には目の死んでいる人と目の死んでいない人の2種類がいる事を話します。

 

 

しかしそこでは権現坂が大活躍していた

寝床に案内された遊矢達はさっそく元から住んでいた囚人に絡まれます。

しかし権現坂も同じ寝床だったようで遊矢に熱い抱擁をかわします。

デニスも一緒の寝床にいましたが黒咲は既に乱闘騒ぎを起こしており独房入りだそうです。

微妙に黒咲さんがしょんぼりしているように見えるのは気のせいでしょうか。

そして遊矢達に絡んでいた囚人には既に権現坂の舎弟になっていたみたいで

遊矢と沢渡が権現坂の親友とただの知り合いである事を知って態度を一変、

そのままDOGEZAをして許しを請いだしました。

ますます権現坂がヤンキーに見えてきます

ところで沢渡の特に親友ではないって説明、必要だったんですかねぇ?

 

ところで多分権現坂達にも雑居房には入れないようにって通達あったはずなんですが

もしかして看守こっちでもやらかしてたんでしょうか

それにしてもデニスも黒咲も特別房送りではないんですね。

ロジェ長官、エクシーズ召喚に関してはあまり重要視していないのでしょうか?

こうなるとセレナだけ特別房送りにした理由が気になってきますね。

融合次元の侵略に関して何か情報を入手していたりするんでしょうか。

 

 

収容所恒例の新人いじめ

収容所に入れられた遊矢達ですがまあお約束というかなんというか

とっても差別的な扱いを受けています。

遊矢が食事の量を減らされるのを見て沢渡が配膳係に脅しをかけます。

が、結果は変わらず。まあそうりゃそうですよね。

それにしても量の問題さえなければ普通に美味しそうな食事です。

そしてその後も配膳の様子を見ていた所囚人の1人が配膳係に

氷結界の虎王ドゥローレンを賄賂として送り、大盛りの食事にありついていました。

この記事書いてる頃には既にwikiにその件が書いてありました、wikiすごい。

ここに来てカードが命の次に大切だっていう事の意味が判明しましたね。

 

そしてこれまたお約束な展開で遊矢が足を引っ掛けられ食事を台無しにされました。

他の仲間もバケツの水を食事にかけられて同じ有様です。

全然無実の罪で捕まった人たちには見えません。

環境による変化って怖いですね。

 

 

収容所のボス、徳松長次郎

そしてこの収容所を仕切っているボスも登場しました。

明らかに豪華な椅子で豪華な食事という特別扱いを受けている年配の男性、

その名も徳松長次郎です。シンクロ次元では貴重な日本名ですね。

看守より偉い囚人、これもまたお約束といっていい展開です。

 

 

露骨な賄賂

場面は変わって遊矢達がシャワールームの掃除をさせられるシーン、

どうやらここに来る前に既に皿洗いもしていた模様です。

遊矢達意外にも掃除をさせられる囚人はいましたが

彼らは次々と看守にカードを渡して掃除から免除されていました

賄賂に使ったカードはこれまたジュラック・メテオ等懐かしい面々ばかりです。

 

こうして遊矢達もカードが通過代わりに取引されてる事を知ります。

しかしカードをそんな事の為に使う事を遊矢は強い怒りを示します。

権現坂にも同意を求めますが権現坂はちょっと苦い顔。

そこに先ほどの権現坂の舎弟になっていた囚人たちがフォローをします。

どうやら権現坂はカードの無かった自分達の為に代わりに賄賂を贈っていた模様、

このあたりはさすが権現坂というべきですね。

デニスも権現坂に格好つけさせてはいられないと自分も賄賂を贈っていました。

シンクロ次元に来てからデニスのいい人度がどんどん上がっていきます。

 

 

なんとそこには大量のカードが!

そうして話をしていると例のサボり看守が遊矢達をどこかへ連れて行きます。

連れてこられたのは先ほどのボス、長次郎の間です。

ものっそい和室です。というか完全に極道とかのそれです。

あと取り巻きのマーカーがすごい前衛的です。

もしかしたらマーカーのデザインも賄賂で指定できるのかもしれません。

こうなってくると一種のファッションみたいな扱いにもなってきますね。

長次郎が要求するのは遊矢達のカードです。勿論遊矢達は大反対。

すると長次郎がジャンプ、先ほど自分が座っていたカードの山を披露します。

どうやらここに来てから10年間集めてきたカードの模様、すごい枚数です。

ちょっと見ただけですがゾンビキャリアは確認できました、まだまだ現役なカードですね。

正確な計算とか億劫すぎてやってないんですけど実際どれくらいあるんでしょうね。

 

 

遊矢VS長次郎

カードは楽しむ為にあるものと主張する遊矢に長次郎はデュエルを仕掛ける事になりました

看守にハーピィの羽箒を賄賂として送っています。これはレアカードですね間違いない。

というわけでデュエルが始まりました。

何気に遊矢がシンクロ次元のデュエルディスクを装着している貴重なシーンです。

先行は長次郎、魔法カード「花合わせ」を発動しいきなりモンスターを4枚揃えます。

攻撃力100のモンスターをデッキから特殊召喚する効果のようで

4体ともモンスターのレベルはバラバラです、中にはレベル12も見えました。

長次郎のデッキは【花札衛(カーディアン)】、花札をモチーフにしたテーマです。

特殊召喚したカードも松や柳など花札に実際にあるカードですね。

案外ありそうでありませんでしたね、花札テーマ。

やはり花札だけあってフィールドに役を揃えていくテーマなのでしょうか?

その後さらにデッキトップ操作からモンスターをリリース、

新たなモンスターを特殊召喚といった動きを次々繰り返していきます。

凄まじいまでのソリティアです。飛ばしまくっています。

所で「花札衛-松に鶴-」に映っていた鶴、これクレーンクレーンですよね?

エクシーズ次元のカードのはずですが普通にモチーフなっているんですね。

え・・・じゃあ隣の「花札衛-芒に月-」に描かれている黒い球体、

これもしかして邪神アバターか!?

三邪神!?三邪神が何故ここに!?

そして最終的に4枚のモンスターでチューニング、

レベル8、花札衛-雨四光-をシンクロ召喚します。

その効果はドローする度に1500ポイントのダメージを与えるというもの

ライフ4000のルールでこのバーン効果は強烈です。

 

一方で遊矢のターン、ライフを削られながらも時読みの魔術師と

新カード、EMビッグバイトタートルでペンデュラムスケールをセッティング、

邪悪なる召喚法ペンデュラム召喚によりまたもや新しいエンタメイトである

EMギッタンバッタ、EMオオヤヤドカリを一気に場に揃えます。

10年間外の世界を知らなかった長次郎はペンデュラム召喚を

収容されている間に娑婆で発見された新しい召喚方法だと思ったようです。

しかし初めて見る召喚にも同様せずに罠カード「イカサマ御法度」を発動。

魔宮の賄賂!?魔宮の賄賂が何故ここに!?

正直今回で一番笑いました、悪代官風の魔宮の賄賂の破壊力がパないです。

そしてこっちでもwikiがすぐさま対応してました、だから早いって。

こうしてペンデュラム召喚を封じられたてしまった遊矢、

はたしてどうやって切り返していくのか。

 

 

次回予告『ドローを捨てた男』

長次郎「俺はドローをしねぇ」

遊矢「ドローしなってどうやってデュエルするんだよ!?」

すいませんそれもう満足がやってるんですよ。

 

 

超熱血!デュエル塾

詰めデュエルの回答編ですね。

セレナが得意気に答えを見つけ出していました。

融合次元のデュエリストですがエクシーズの適正もありそうですね。

 

 

 

収容所に来たと思ったらいきなりボスと戦ってますね。

しかも看守より偉いみたいな設定あるので意外と早く収容所編終わるのかもしれません。

また長次郎は先ほどソリティアの途中でカードを墓地に送っていました。

やはり流れからして五光が出てくるのかもしれませんね。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:シンクローン・リゾネーター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:SR(スピードロイド)オハジキッド

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:聖戦士カオス・ソルジャー

待ちに待った大逆転裁判を入手できてちょっと興奮が抑えきれないユリポエです。 でも頑張ってブログ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花積み、超こいこい、イカサマ御法度

カーディアン本領発揮!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムより

記事を読む

シューティング・ソニック:遊戯王カード考察

上手く狙えば複数デッキバウンス可能!   今回紹介するのは20th ANNIV

記事を読む

遊戯王アークファイブ第78話『革命の嵐』感想

遊戯王ARC-V78話の感想です。 2回戦第2試合目は榊遊矢VSシンジ・ウェーバー! 今

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSYフレームロード・Ω

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ネクロ・ヴァルチャー

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

覇王眷竜(はおうけんりゅう)クリアウィング:遊戯王カード考察  シンクロ召喚すれば相手モンスター全破壊、覇王眷竜どれも強いぞ!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第123話『栄光の機械竜』感想

遊戯王ARC-V123話の感想です。 見事BB相手にエンタメデュエルを成功させた遊矢、

記事を読む

Comment

  1. きりしゅや より:

    命の次に大切なデッキを奪ったらダークシグナーになった前例があるから……。
    デッキを奪うとリスク高いんだよきっと

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 4,530,662 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑