遊戯王OCG新カード考察:真紅眼の遡刻竜(レッドアイズ・トレーサードラゴン)

レジェンダリーコレクションから結構時間経ってますけど気にせずいきます。

今回紹介するのはこのカードです。

 

 

真紅眼の遡刻竜
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1700/守1600
①:自分フィールドのレベル7以下の「レッドアイズ」モンスターが
相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊され自分の墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札から守備表示で特殊召喚し、
可能な限りその破壊されたモンスターを破壊された時と同じ表示形式で特殊召喚する。
②:このカードをリリースして発動できる。
このターン、自分は通常召喚に加えて1度だけ、
自分メインフェイズに「レッドアイズ」モンスター1体を召喚できる。

 

 

 

レッドアイズの新しいカードです。

時の機械-タイム・マシーンから出てきたようなイラストをしており

実際に効果の方もタイムマシーンを意識したような代物になっています。

 

 

①の効果はレベル7以下のレッドアイズが相手の攻撃か効果で破壊されて墓地に送られた時に

手札から特殊召喚すると同時に破壊されたレッドアイズを同じ形式で復活させるというものです。

まさにレッドアイズ限定の手札誘発型のタイムマシーンともいうべき効果をしており、

また1体だけでなく複数体の蘇生に対応、効果破壊にも対応と強化されています。

特に激流葬やブラック・ホールでフィールドが一掃された時に効果を発揮すると言えるでしょう。

ただしレベル7以下のレッドアイズ限定というのが辛い所であり、

レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンの他、エクシーズモンスター故にレベルを持たない

真紅眼の鋼炎竜も蘇生不可能でありエースモンスターの維持という点では不向きです。

 

 

②の効果はこのカードをリリースする事でレッドアイズの召喚権を増やす効果です。

デュアルモンスターである真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモンや真紅眼の黒炎竜を

サポートする事を想定してデザインされている効果だと思われます。

①の蘇生効果と併せて再度召喚を狙いやすくなるでしょう。

特にエビルデーモンの効果を活かしたい場合にはよいサポートになると思われます。

 

 

また地味な所として下級で普通に出せるレッドアイズという点も嬉しい所です。

黒鋼竜をより腐らせにくく運用できるだけでなく、任意にリリースが可能な為、

サーチ効果を能動的に活かしやすいという利点もあります。

デッキに戻してもあまり困らないカードの為伝説の黒石のコストにもしやすいです。

同じ下級のレッドアイズとして真紅眼の飛竜が存在しますがあちらと比較して

闇属性である為他のレッドアイズと闇属性サポートを共有しやすい事、

墓地からの再利用がしやすいなどの利点が存在します。

勿論デッキによっては両方採用してもいいでしょう。

派手な強みこそ無いものの要所要所で潤滑油となってくれるいぶし銀の1枚です。

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

真紅眼の鎧旋

通常召喚で出せる為気軽に真紅眼の鎧旋の発動条件を満たせる上に

墓地の真紅眼の凶雷皇-エビル・デーモンや真紅眼の黒炎竜を蘇生させた後に

真紅眼の遡刻竜の②の効果を使えば簡単にこれらの再度召喚を狙う事が出来ます。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:不知火の隠者(かげもの)

不知火だけでなくアンデット族全般とっての期待の新生!   今回紹介するのはザ・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:底なし落とし穴

リリース手段なければ阿鼻叫喚!     とうとうザ・ダーク・イ

記事を読む

遊戯王カード考察:おジャマパーティ 普通におジャマ単体で使えるほど優秀

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

No.(ナンバーズ)89 電脳獣ディアブロシス:遊戯王カード考察  EXデッキメタにも墓地メタにもデッキ破壊にも

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械混沌巨人(アンティーク・ギア・カオス・ジャイアント)

圧倒的殺意の塊!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イグナイト・ユナイト

アヴェンジャーやスティンガーが一気に使いやすく!   今回紹介するのはインベイ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:花札衛(カーディアン) “閃光の決闘者編”

デュエルとはすなわち人生なり 人生は一度きり 勝つ日もあれば 負ける日もある 負けを恥じず 勝

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ラーの翼神竜-球体形(スフィア・モード)

初代遊戯王のボス敵存在であり多くのファンを持つ人気カードであるラーの翼神竜。 ですが今までOC

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。   前回のあらすじ:皆融合

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超量機獣エアロボロス

今回紹介するのはウィング・レイダーズよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:サイバネット・オプティマイズ 通常召喚追加はやっぱり強い!

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:トークバック・ランサー LINK-1の中でも攻撃力高め、効果も優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:サイバネット・コーデック 最大で6枚サーチ!あとはデッキに何を採用するか

本日6月23日、ストラクチャーデッキ-マスター・リンク-の発売です。

遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

→もっと見る

    • 5,414,037 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑