ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:炎武帝グレンダール

公開日: : 最終更新日:2016/09/01 TRPG

MUGENキャラを使ったSW2.0の神々紹介、今回はこの神です。

 

 

 

 

 

 

 

 

グレンタール1

炎武帝グレンダール

古代神(エンシェント・ゴッド) 男神

聖印:炎に包まれた剣

一般的な神像の形:隆々とした体躯の男性、髪や髭が炎になっている事も

格言
「炎が鉄を鍛える。苦難と逆境が人を鍛える」
「熾火のごとく潜み、烈火のごとく攻めよ」
「工夫せよ。思考せよ。蛮勇は勝利を遠ざける」

 

ドッゴラァ!!!

 

炎を象徴とする神様であり、破壊と再生を司っています。

戦神であると同時に鍛冶の神でもあります。

第1の剣の神という事になっていますが第2の剣の神であるという説もあります。

この神を主に信仰している人は軍人、職人、料理人と多岐に渡ります。

ドワーフを創ったと言われている神であり多くのドワーフが信仰している他

破壊と再生を司る教義から蛮族にも信仰している人が多いです。

また蛮族に組しているダークドワーフも大半がグレンダール信仰です。

が、基本的に人族と蛮族のグレンダール神官は相容れる事が無いそうです。

なんかこう殴り合い宇宙とかやる展開面白いと思うんですけどね。

 

グレンダール本人の人となりとしては「堅苦しく暑苦しい」

というある意味非常にイメージ通りな人物だったそうです。

どうやら神紀文明時代に生まれた神様らしくその時代に炎の力を使い、

金属や陶器作りの礎を作ったと言われています。

ティダンのライバル的存在だったといわれていますが

こと恋愛勝負においてはグレンダールの完敗です。

グレンダールは月神シーンに好意を寄せていたらしいのですが

結局の所シーンはティダンと結ばれてしまいました、ぐるじお・・・。

あとアステリアにも苦手に思われているそうです。ぐるじお・・・。

どことなく不器用で不遇な神様ってイメージがあります。

 

積極的に戦う事を推奨している神様である為

「武闘派の神官をやりたい!」という場合には真っ先に候補に挙がる神様です。

闘う事が大好きなPCにはぴったりの信仰と言えるでしょう。

蛮族PCが信仰する神としてもかなりオーソドックスな神様です。

また戦神といっても蛮勇は忌避しており勝つ為に工夫する事を推奨しています。

蛮族も普通に信仰している神である為、敵としてグレンダール信者を出す場合

奇策や奇襲を積極的に使ってくる蛮族にするとダルクレムとの差別化が図れます。

 

公式リプレイではやはりドワーフのPCでグレンダールを信仰している者がいます。

またドレイクPCであるアンセルム・ベレスファーストも

直接プリースト技能こそ取っていませんがグレンダール信仰だと言っていいでしょう。

 

 

特殊神聖魔法
サイン・トーチ
ヒート・ウェポン
バーニング・ソウル
フレイム・バースト
オフェンティック・ファイア

 

まさに炎を司る戦神とも言える特殊神聖魔法が揃っています。

全て炎に関係する魔法であり、なおかつ戦闘で役立つ魔法ばかりです。

ヒート・ウェポンとバーニング・ソウルは術者本人を補助する魔法であり、

神官戦士として積極的に前線で戦う事を想定していると言えるでしょう。

またオフェンティック・ファイアは非常に希少な形状突破の攻撃魔法です。

全力移動しながら範囲攻撃を放つのは中々他では真似できない芸当です。

攻撃よりの神ではありますが攻撃魔法の習得は10レベルからと遅いです。

やはり基本的には神官戦士としての運用が基本となるでしょう。

関連記事

動画紹介:東方卓遊戯という名目のMUGEN卓

今度はTRPG、ソードワールド2.0から動画を紹介していきたいと思います。 一応このサイト、T

記事を読む

【ソード・ワールド2.0】フォルトナコード発売!16レベル以上に特化したデータブックです

8月20日に発売されるSW2.0の新しいデータブックである「フォルトナコード」 無事ゲットして

記事を読む

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:太陽神ティダン

MUGENのキャラを使ってソードワールド2.0の神々を紹介するコーナー。 今回紹介するのはこの

記事を読む

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:始祖神ライフォス

ソードワールド2.0に関する記事、何か書こうかなーとも思っていたのですが、 何を記事にしたらい

記事を読む

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:賢神キルヒア

今月はSW2.0のリプレイ発売されないんですね、少し残念です。 MUGENキャラを使ったSW2

記事を読む

SW2.0:ラクシアゴッドブック登場、PC用新種族「センティアン」は3種類の性能に分かれます

5月20日、今まで登場した46柱もの神様を記載した神様用のゴッドブックです。 今までサプリやリ

記事を読む

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:妖精神アステリア

MUGENのキャラを使ってソードワールド2.0の神々を紹介するコーナー。 今回紹介するのはこの

記事を読む

SW2.0:バルバロスブック登場、追加PC種族に加えて蛮族の各種族についての生態や追加アイテムも

7月20日に発売されたSW2.0用の新しいデータブック「バルバロスブック」、 本来ソードワール

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
東方鈴奈庵第51話『博麗霊夢の誤算(後編)』感想

鈴奈庵51話の感想です。 ・前回のあらすじ 魔理沙「君は行

白闘気海豚(ホワイト・オーラ・ドルフィン):遊戯王カード考察  自己蘇生の可能な戦闘担当レベル6シンクロ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

剛鬼(ごうき)サンダー・オーガ:遊戯王カード考察  お互いの召喚権を増やす豪気なカード!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第3話『ファースト・コンタクト』感想

遊戯王ヴレインズ3話の感想です。 見事デコード・トーカーを駆使し

オッドアイズ・ランサー・ドラゴン:遊戯王カード考察  サポート豊富で結構出しやすい3000打点

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,305,680 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑