遊戯王カード考察:墓穴の指名者 手札誘発メタとしても墓地メタとしても使える

ドラゴンボールファイターズβ版プレイしましたが楽しかったです。

こういう初心者に配慮されてる格ゲーは好きです。

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

墓穴の指名者
速攻魔法
①:相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
次のターンの終了時まで、この効果で除外したモンスター及び
そのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。

 

 

汎用の速攻魔法です。

 

「お前、道連れになってね」

「えぇぇぇぇ!?わしぃぃぃぃぃぃ!?」

 

墓穴の道連れで道連れにされてるおじいちゃんが

今まさに埋められた死体からご指名されている所です。

おじいちゃんのなんとも言えない嫌そうな顔が印象的です。

またおじいちゃんの後ろに何人か人影が見えますが

地面から出てきた腕に気づいていないのか、

それとも「あー指名されなかったよかったよかった」

皆しておじいちゃん見捨てて立ち去る所なのかは不明です。

いずれにしてもおじいちゃんは哀れです

 

 

その効果は相手の墓地のモンスター1体を除外、

つぎのターンの終了時までその除外したカード及び

同名カードの効果が無効化されるというものです。

幽鬼うさぎなど手札から捨てて発動するタイプの効果を

そのまま捨てた傍から除外して無効化出来るのがポイントで

こういった手札誘発系の無効化がまず1番の狙い目となるでしょう。

これを速攻魔法故に自分ターンであれば手札から発動できるのが大きく

このカードを手札に握っていればある程度相手の手札誘発を恐れずに動けます。

また単純に墓地のモンスターをフリーチェーンで除外できる為

蘇生カードや墓地回収カードの妨害としても機能します。

 

 

ただ気を付けなければいけない点として同名カードの無効化が次のターンまで持続し

かつ自分が発動するカードも無効化されてしまうというのがあります。

例えば自分ターンに幽鬼うさぎをこのカードで無効化した場合、

次の相手ターン自分も幽鬼うさぎが無効化されてしまいます。

この手の手札誘発系のカードはお互い同じのを持っているケースは結構あるので気を付けましょう。

 

 

同じように手札誘発のメタとなるカードにカウンター罠の見切りの極意が存在します。

あちらはモンスターだけでなく魔法罠も無効に出来る点や

カウンター罠故に発動にさらにチェーンされる可能性が少ない点、

自分のカードの発動を妨害してしまう心配がない点、

無効にしたカードを破壊できる点などの特徴がありますが

一方でこちらは速攻魔法故に手札からの発動も狙える点、

除外するために黄泉ガエルなどの再利用も防げる点、

死者蘇生などのカードも間接的に妨害出来る点などのメリットが存在します。

一見似ているように見えて手札誘発メタという点以外は

割と別物のような使い勝手なのでデッキに合わせてどちらを採用するか決めましょう。

勿論「何がなんでも手札誘発無効化しちゃる!」という場合は両方採用する選択肢もあります。

関連記事

遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売されます。 今回紹介するのは

記事を読む

遊戯王カード考察:強靭!無敵!最強! カード名通りの耐性をブルーアイズに付与!

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

サイバース・コンバーター:遊戯王カード考察 セクレタリーと並ぶ手札からの展開手段に

7月21日にVジャンプ9月号が発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカー

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:メタモル・クレイ・フォートレス

連続攻撃を決めろ!   今回紹介するのはTHE DARK SIDE OF DI

記事を読む

影星軌道兵器(えいせいきどうへいき)ハイドランダー:遊戯王カード考察  ハイランダー構築に大きな意義を生み出す存在

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王テーマ考察:召喚獣(しょうかんじゅう)

いよいよフュージョン・エンフォーサーズの発売が迫ってきました。 今回はそんなフュージョン・エン

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ディメンション・ガーディアン

モンスターを守りたい場合にうってつけ!   今回紹介するのはTHE DARK

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:巨神竜の遺跡

結構色々なデッキに使えるぞ!   巨神竜復活、続々と再録されるカードが判明して

記事を読む

遊戯王アークファイブ第132話『稀代のエンターテイナー』感想

遊戯王ARC-V132話の感想です。 検討むなしくユーリに打ち負かされてしまったユーゴ。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:メタルフォーゼ・ミスリエル

これでメタルフォーゼ融合も勢ぞろい   インベイジョン・オブ・ヴェノムの収録カ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売され

ソード・ワールド2.5ルールブックⅡ登場!新種族「メリア」やバードやフェアリーテイマーなどの仕様変更など

ソード・ワールド2.0のバージョンアップとなるソード・ワールド2.5。

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのは

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第69話『果たすべき使命』感想

遊戯王ヴレインズ69話の感想です。  

遊戯王カード考察:ヴェンデット・アニマ 除外された他のヴェンデットを再利用

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。

→もっと見る

    • 5,646,432 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑