遊戯王カード考察:剛鬼死闘(ごうきデスマッチ) デッキから可能な限りっておま・・・

今回紹介するのはLINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)よりこのカードです。

 

 

 

剛鬼死闘
フィールド魔法
①:このカードの発動時の効果処理として、このカードにカウンターを3つ置く。
②:自分の「剛鬼」モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動する。
このカードのカウンターを1つ取り除く。
③:このカードの効果でこのカードに置かれているカウンターが
全て取り除かれたバトルフェイズ終了時に、自分はこの効果を発動できる。
手札・デッキから「剛鬼」モンスターを可能な限り特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
その後、このカードにカウンターを3つ置く。

 

 

剛鬼用のフィールド魔法です。

 

ザ・グレート・オーガとサンダー・オーガがリングの中で対峙しています。

リングは金網で囲まれておりしかも電流の流れている描写があります。

プロレスの試合にはデスマッチという

試合を盛り上げるギミックを組み込むものがありますが

そ四方を金網で取り囲む金網デスマッチは定番の1つです。

その中でもサンダードーム・ケージ・マッチと呼ばれるものがあり

金網に電流を流してより危険でスリルのある試合にするものがあります。

イラストではかなり腰が引けているザ・グレート・オーガを尻目に

元から電気の使い手であるサンダー・オーガは余裕の仁王立ちです。

このデスマッチは明らかにサンダー・オーガ有利と言えるでしょう。

 

 

効果は3つありますが3つの効果全てが1つの流れに繋がっています。

その効果はまずこのカードの発動時にカウンターを3つこのカードに乗せ

自分の使う剛鬼が相手モンスターを戦闘破壊する度にカウンターを1つ減らします。

そしてこのカードの効果でカウンターが0になったバトルフェイズ終了時に

手札及びデッキから剛鬼を可能な限り特殊召喚、

その後再びこのカードにカウンターを3つ乗せるというものです。

3つのカウンターが1つずつ減っていく様は

まさにプロレスにおける3カウントを意識した効果だと言えます。

デッキから可能な限り特殊召喚とか

なんかすごい事が書いてあります。

特殊召喚できるのはバトルフェイズ終了時な為戦闘には参加させられないものの

条件さえ満たす事が出来れば最大でデッキからモンスター5体を一気に特殊召喚という

トップクラスに豪快な効果を持ったフィールド魔法となっています。

こんな豪快なカードを持つカードは他には超古深海王シーラカンスぐらいです。

その上剛鬼モンスターは墓地へ送られた時にサーチできる効果を持っている為

更に5枚分のアドバンテージまで確保できる見込みまであります。

多少無茶をしてでも十二分に狙う価値のある効果だと言えるでしょう。

 

 

さて特殊召喚を狙うには相手モンスターを剛鬼で3回戦闘破壊する必要があります。

一番簡単なのは全体攻撃の出来る剛鬼ザ・マスター・オーガを利用する事でしょう。

相手モンスターが3体以上いればそのまま効果の発動が狙えますが

いない場合はおジャマトリオなどでお膳立てをしてもいいでしょう。

また弱体化効果を持つザ・グレート・オーガを用いる事でも

他の剛鬼と一緒に並べて効果の発動を狙いやすいです。

自分の場にモンスターが複数並んでしまっていると

特殊召喚できる剛鬼の数が少なくなってしまう弱点こそありますが

それでも3体ぐらい特殊召喚できれば十分にお釣りは来ます。

 

 

なお何も1ターンにモンスターを3体破壊する必要は無い為

ターンをまたいでカウントを減らしていくといった事も可能ですが

相手からすれば発動を許すわけにはいかないマストカウンター級のカードであり

恐らくその前に相手は何がなんでもこのカードを除去してこようと考えるでしょう。

相手に魔法罠除去の手段がない限りはターンをまたいで発動は難しいと思われます。

逆にいえば相手からすれば多少無理をしてでも除去を狙うべきカードであり

魔法罠除去を強いる目的で割り切った運用をするのも1つの手です。

 

 

またこのカードがまだフィールドに存在していない状態であっても

不用意にモンスターを3体以上並べてしまうと

後出しでこのカードを出されて発動を狙われてしまう危険性がある為、

相手はこちらが【剛鬼】であると判断した時点でこのカードを警戒した場合

モンスターを3体以上並べるのを躊躇してくる事もあるでしょう。

そういう意味ではデッキプールに存在するだけで意味のあるカードと言えます。

 

 

とにもかくにも非常に豪快な効果を持つロマン溢れるカードです。

発動条件も十分狙っていけるものなので是非とも3カウントKOを狙いたい所です。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:破戒蛮竜(はかいばんりゅう)-バスター・ドラゴン

ようやく秋らしい涼しさになってきましたね。 自分は完全に冬型の人間で暑いのが大の苦手なので助か

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダーク・ドリアード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

衛生兵マッスラー:遊戯王カード考察  切り込み隊長投げ飛ばしてたあの人が変則的なデメリットアタッカーとして登場

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-萩に猪-、花札衛-紅葉に鹿-、花札衛-牡丹に蝶-

これでもっとエンジョイできる!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

遊戯王OCG,ストラクチャーデッキR-機械竜叛乱-と一緒に揃えておきたいカードは?

ストラクチャーデッキR-機械竜叛乱-がいよいよ9月24日に発売されます。 そして収録カードも判

記事を読む

寄生虫パラノイド:遊戯王カード考察 大丈夫、リメイク前よりはグロくないです

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)キングベアー

レベル7以上ならなんでもサルベージ!   今回紹介するのは今回紹介するのは20

記事を読む

遊戯王テーマ考察:LL(リリカル・ルスキニア)

DIMENSION BOX LIMITED EDITIONには アークファイブのデュエリストに

記事を読む

No.(ナンバーズ)29 マネキンキャット:遊戯王カード考察  壊獣やDNA改造手術あたりと一緒に使ってみる?

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-ペイン・レイニアス、RR-アベンジ・ヴァルチャー

「この痛みだ・・・この痛みこそが俺を本気にさせる!」   今回紹介するのはシャ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,382 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑