遊戯王カード考察:ダブルバイト・ドラゴン 出すのはそこまで難しくないです。相手を選んで出しましょう

 

あ、クリスマスは普通に家族と過ごしました。ケーキ美味しかったです。

 

今回紹介するのはLINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)よりこのカードです。

 

 

 

ダブルバイト・ドラゴン
リンク・効果モンスター
闇属性/サイバース族/攻1500/LINK-2
【リンクマーカー:上 下】

←   →

リンクモンスター2体
①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした
モンスターのリンクマーカーの合計×300アップする。
②:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
リンクモンスター以外のモンスターの効果を受けず、
リンクモンスター以外のモンスターとの戦闘で破壊されない。

 

 

闇属性サイバース族のLINK-2リンクモンスターです。

 

本来尻尾となる部分にも頭のある東洋の機械竜といった姿をしています。

機械竜風の姿をしたLINK-2はプロキシー・ドラゴン、

セキュリティ・ドラゴン、LANフォリンクスと続いています。

サイバース族リンクはドラゴン型が結構多いです。

プレイメーカーの方もリボルバーを意識しているのかもしれませんね。

ダブルバイトとは情報量の単位であり0と1の二進数で表せるものが1ビット。

1バイトは8ビットの事でダブルバイト、つまり2バイトで16ビットです。

二進数で言えば65535まで設定できる数値ですね。

特にスーパーファミコン時代ではこの2バイトで設定できる最大値として

「HP65535」みたいなボスは結構存在していました。

現代でも「ダブルバイト文字」と言う2バイトで設定できる文字として使われます。

漢字を含む日本語の1文字もこのダブルバイト文字の1つです。

(今は2バイト文字じゃなくて3バイト文字が主流だったりしますが)

このカードの場合は「二つの頭で噛みつく」といった意味合いもあるでしょう。

 

 

【リンクマーカー:上 下】
リンクモンスター2体

リンク素材にはリンクモンスター2体を要求しています。

LINK-1を2体用意するのが最も簡単に出す方法ですが

このカードの場合素材にしたLINKの合計が多いほど意味があるので

それ以上のLINKを素材にしても勿体ないというわけではありません。

ただそれでもやはりLINK-1を2体用意するのが基本となるでしょう。

レベル4以下のサイバース族1体で出せるリンク・ディサイプルの存在により

【サイバース族】であればほぼ「レベル4以下のサイバース族2体」と同義です。

その他リンク・スパイダーに繋げらる通常モンスターや

リンクリボーに繋げられるレベル1主体のデッキでも簡単にリンク召喚を狙えるでしょう。

リンクマーカーは上と下というセキュリティ・ドラゴンと同じものになっています。

EXモンスターゾーンに出すときは相手にEX召喚枠を渡してしまう点に注意しましょう。

相手にトーチ・ゴーレムや壊獣を送り付けてバックアップ・オペレーターで回収するという

動きをする際にはこの相手側のリンクマーカーが優位に働いたりもします。

 

 

①:このカードの攻撃力は、このカードのリンク素材とした
モンスターのリンクマーカーの合計×300アップする。

①の効果はリンク素材としたモンスターの

リンクマーカーの合計×300だけ攻撃力を上げる自己強化効果です。

元々の攻撃力が1500でありLINK-1を2体素材にしただけでも

600アップするので攻撃力2100がひとまずの基準となるでしょう。

一応スケープゴート1枚でLINK-2を2体用意してそれを素材にすれば

攻撃力2700まで確保する事が可能です。

 

 

②:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
リンクモンスター以外のモンスターの効果を受けず、
リンクモンスター以外のモンスターとの戦闘で破壊されない。

②の効果はこのカードがモンスターゾーンに存在している間

リンクモンスター以外のモンスター効果の効果を受けず

さらにリンクモンスター以外との戦闘では破壊されないという

限定的なモンスター効果への耐性及び戦闘破壊耐性です。

自分側のモンスター効果も受け付けない点には注意しましょう。

リンクモンスターの効果および魔法罠に対しては無力であるものの

昨今ではモンスター除去をモンスターの効果に頼っているというデッキは多く、

リンク召喚主体デッキ以外では意外と厄介な耐性です。

リンクモンスターをまったく使わないというデッキも少なくなってきましたが

それでも例えばシンクロ召喚のお供であるハリファイバー

ペンデュラム召喚のお供であるヘビーメタルフォーゼ・エレクトラムなどは

モンスターを除去する効果を持たず打点もLINK-1を2体素材にした

このカードの攻撃力以下である為、このあたりは大丈夫です。

ただ強力な全体除去であるブラック・ホールが今度無制限になるので

そこは痛い所でしょうか。

それでも「使わせる事に意味がある」と考えるのであれば無駄ではありません。

 

 

リンク召喚主体のデッキ相手ではさすがに活躍するのは難しいですが

それ以外のデッキに対しては結構厄介な存在となるでしょう。

相手を選ぶ類のカードですがEXデッキの選択肢としては面白いと思います。

ただこのカードを出す為に他に2体のリンクモンスターが必要な為、

EXデッキの枠をどう確保するかが一番の問題になるでしょうか。

そういう意味ではEXデッキの枠に余裕がある場合向けのカードですね。

関連記事

遊戯王カード考察:白翼の魔術師(はくよくのまじゅつし)

使いやすいペンデュラムチューナーが来ました   今回紹介するのはペンデュラム・

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ラフメイカー

スマイル・ワールドを使いこなせ!   いよいよ10月8日今日、レイジングテ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:SR(スピードロイド)パチンゴーカート、SR電々大公(でんでんだいこう)

着実に増えるスピードロイド   今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズより

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ダイナマイトガイ

攻撃を防ぎつつ相手にダメージ   今回紹介するのはデステニー・ソルジャーズより

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:琰魔竜(えんまりゅう)レッド・デーモン・ベリアル

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

プチラノドン:遊戯王カード考察

手札からでもデッキからでも破壊されまくるある意味可哀想な子   今回紹介するの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破滅竜ガンドラX(クロス)

とりあえず二回出して殴れば大体勝てると思う   劇場版遊戯王の公開日も近づいて

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:イルミラージュ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-ドウジ:遊戯王カード考察  六武衆における墓地肥やし担当、エニシとは相性抜群

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:魔装戦士 ドラゴディウス

今回紹介するのはクラッシュ・オブ・リベリオンよりこのカードです。   魔装戦士

記事を読む

Comment

  1. 名無し より:

    リンク2やリンク3のモンスターをリンク1の素材に使えることを初めて知りました…
    リンク召喚は奥が深いですね!

    • リンクモンスターは「そのリンク数分のリンクモンスターとしても扱える」なのでただのリンク1分の素材としても使えます。アニメでもプレイメーカーがリンク3×2でファイアウォール出してましたしね。ただリンク3をリンク2分の素材でみたいなのは不可能なので注意しましょう。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回

遊戯王カード考察:ヤジロベーダー さあなんか新用語が出て来ましたよ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,970,658 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑