遊戯王カード考察:トリックスター・フォクシーウィッチ ちくちくじゃ済まないダメージ量

今回12月23日、LINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)の発売です。

今回紹介するのはそんなリンク・ヴレインズ・ボックスよりこのカードです。

 

 

 

 

トリックスター・フォクシーウィッチ
リンク・効果モンスター
リンク3/光属性/天使族/攻2200/LINK-3
【リンクマーカー:上 左 右】

←   →
/ ↓ \
天使族モンスター2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのカードの数×200ダメージを相手に与える。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
EXデッキからリンク2以下の「トリックスター」モンスター1体を特殊召喚する。
その後、相手フィールドのカードの数×200ダメージを相手に与える。

 

 

トリックスターのニューカマーとなるLINK-3です。

トリックスターでは初のLINK-3となります。

 

魔法少女のような恰好をしたとんがり帽子をかぶったトリックスターです。

ハートマークを添えつつもやたらと打撃力の高そうなステッキが特徴的です。

モチーフとなっているのはジギタリスだと思われます。

キツネノテブクロという別名を持つオオバコ科の花で

全身に猛毒を持ちますがその一方で切り傷や打ち身用の薬や強心剤としても重宝されています。

メタルギアソリッド5にも登場しており麻酔銃の原料になっていたります。

傷を癒したり眠らせたり実に魔法少女らしい感じですね。

ちなみに花言葉は「不誠実」や「熱愛」などです。気まぐれで恋多き女の子なのでしょう。

 

 

【リンクマーカー:上 左 右】
天使族モンスター2体以上

リンクマーカーには天使族モンスター2体以上を要求しています。

トリックスターリンクの中では現状唯一素材にトリックスターを指定しておらず

他のデッキにも浮気天使族デッキ全般でリンク召喚を狙えるものとなっています。

【トリックスター】においても他の天使族を混ぜたデッキ構築をした場合でも

リンク召喚に繋げやすくなっています。

リンクマーカーは上と左右でメインモンスターゾーンで真価を発揮するタイプです。

ただリンクマーカーに依存する効果は持っていない為、

他にEXデッキから呼び出すモンスターが無いのであれば

EXモンスターゾーンに出しても問題はないでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのカードの数×200ダメージを相手に与える。

①の効果は1ターンに1度、このカードの特殊召喚に成功した場合に

相手フィールドのカード×200だけダメージを与えるバーン効果です。

相手のフィールドの枚数次第ですがちくちくバーンが基本のトリックスターの中でも

比較的まとまったダメージを与えやすいタイプとなっています。

 

よりダメージを稼ぎたい場合はトリックスター・ライトステージなどで

相手のカードの発動を防ぎつつそのカードを場に留めたり

おジャマトリオなどを相手に送り付けるといいでしょう。

またリンク召喚だけでなく墓地から蘇生した場合でもバーン効果を発動できる為、

トリックスター・リンカーネイションなどの蘇生カードなどでもダメージを稼げます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
EXデッキからリンク2以下の「トリックスター」モンスター1体を特殊召喚する。
その後、相手フィールドのカードの数×200ダメージを相手に与える。

②の効果は1ターンに1度、リンク召喚したこのカードが戦闘破壊か効果破壊された場合に

EXデッキからリンク2以下のトリックスターを特殊召喚し、

その後に相手フィールドのカード×200だけダメージを与える特殊召喚&バーン効果です。

これまた①と同様にトリックスターの中でもまとまったダメージを与えやすいカードであり

相手のフィールドの数次第ですが①の効果と合わせて無視できないダメージを叩き込めます。

後続にも繋げられる為状況次第では自爆特攻から効果の発動を狙ってもいいでしょう。

あくまでリンク召喚した場合限定で発動できる効果の為、

①の効果と違い蘇生した場合では発動できない点には留意してください。

 

 

トリックスターの中でも特にバーンダメージに重きを置いた性能を持っています。

ホーリーエンジェルを出す流れからさらにもう1体トリックスターを用意しつつ

このカードのリンク召喚に繋げて①の効果を発動、

さらに自爆特攻などから②の効果も繋げれば合計ダメージ量は相当なものになります。

とにかくダメージを稼ぎたい場合に活躍できるカードとなります。

また1度リンク召喚すればトリックスター・リンカーネイションで蘇生できる為、

LINK-4のトリックスター・ベラマドンナのリンク素材にするのも向いています。

このカードとあと1枚トリックスターがいればリンク召喚が狙えます。

 

 

また前述した通りリンク素材がトリックスターに限定されておらず。

また効果の方もトリックスターを指定したものがEXデッキのもののみであり

天使族デッキ全般でリンク召喚を狙う事が可能です。

創造の代行者 ヴィーナスで神聖なる球体を特殊召喚したり

神聖なる球体を始めとする天使族通常モンスターを

トライワイトゾーンで蘇生したりする事で素材を揃える事ができます。

やはり効果ダメージを稼ぐ目的で利用できる他

このカードを採用する事でトリックスター・リンカーネイションを

【トリックスター】以外でも有効に活かす事が可能になります。

その場合②の効果で呼び出すトリックスターは

単純にリンクマーカー目的でEXデッキに出す場合はホーリーエンジェル、

メインモンスターゾーンに出せる状況の場合は

他のトリックスターが無くとも効果を発揮できるスイートデビルがいいでしょう。

関連記事

遊戯王カード考察:豆まき 上手くハマレば大量手札交換のロマンカード

モンスターハンターワールドにハマってます。今回曲射が強くて楽しいです。 ドラゴンボールファイタ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第120話『バトル・ビースト』感想

遊戯王ARC-V120話の感想です。 兄に反逆する妹、瑠璃とのデュエルに打ち勝った隼。

記事を読む

遊戯王カード考察:リンク・ディヴォーティー デメリットをどう受け入れるか

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:刻剣(こっけん)の魔術師

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

リコーデッド・アライブ:遊戯王カード考察  主役カードサポート登場、合計2回特殊召喚できる便利な奴です

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

智天の神凰龍(セフィラ・トーラ・グラマトン):遊戯王カード考察

これがセフィラの切り札だ!   1月14日、とうとうマキシマム・クライシスが発

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:レッカーパンダ

場に残せば残すほど攻撃力がどんどん上昇!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:幻奏の音女オペラ

クラッシュ・オブ・リベリオンの新しいカードの情報が出たみたいですね。 せっかくなのでカードの考

記事を読む

異次元の探究者:遊戯王カード考察 帰還タイミングがポイント

モリンフェンスリーブ化されるみたいですね。まあ接戦でしたしね。 この調子でズァークもスリーブ化

記事を読む

やりすぎた埋葬:遊戯王カード考察  調整版早すぎた埋葬、手札コストをどう用意するか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,382 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑