遊戯王カード考察:ブースター・ドラゴン とりあえずヴァレットの効果発動したい時に

VRAINS主要4キャラのテーマである

サイバース族、トリックスター、剛鬼、ヴァレットの4テーマを収録した

LINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)が

12月23日に発売されます。

今回紹介するのはそのLINK VRAINS BOXよりこのカードです。

 

 

 

ブースター・ドラゴン
リンク・効果モンスター
闇属性/ドラゴン族/攻1900/LINK-2
【リンクマーカー:左下 右下】
\ ↑ /
←   →

「ヴァレット」モンスター2体
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:1ターンに1度、このカード以外の
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 

 

闇属性ドラゴン族のLINK-2リンクモンスターです。

 

その名の通りブースターの頭部を持った機械竜といった感じのモンスターです。

ブースターというのは様々な意味がありますが

このカードの場合は銃に取り付けるパーツの事でマグニファイアとも呼ばれます。

ダットサイト(照準器)と併用して取り付ける拡大鏡の事で

ダットサイトから見える画面を拡大して照準を手助けする役割があります。

 

 

【リンクマーカー:左下 右下】
「ヴァレット」モンスター2体

リンク素材にはヴァレット2体を指定しています。

丁度リローダー・ドラゴンと同じ素材指定であり

クイック・リボルブやリボルブート・セクターなどを用いれば

リンク素材を揃えるのは難しくないでしょう。

リンクマーカーは左下と右下というEX召喚枠の確保に優れた向きです。

特にリンクマーカーに依存する効果は持っていない為

純粋にEX召喚枠の確保として活用する事になるでしょう。

 

 

①:1ターンに1度、このカード以外の
フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。

①の効果は1ターンに1度、このカード以外の表側モンスター1体を選択、

そのモンスターの攻撃力守備力を永続的に500アップさせる強化効果です。

またこの際相手にチェーンの発動を封じます。

対象に取るリンクモンスターの効果であり

各種ヴァレットの対象に取られた時の効果を発動するのに重宝します。

また攻撃力守備力の上昇量も500と悪くなくさらに永続的に強化が出来る為

単純な強化効果として見ても使いやすいものとなっています。

ただ【ヴァレット】におけるエースとなるヴァレルロード・ドラゴンは

対象耐性を持っている関係で強化できない点に注意してください。

 

 

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られた場合、
このカード以外の自分の墓地のドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、リンク召喚された状態のこのカードが

戦闘破壊か効果破壊された場合に自身以外のドラゴン族1体を

自分の墓地から特殊召喚できる蘇生効果です。

蘇生対象がドラゴン族全般とかなり広く【ヴァレット】であれば

展開の要となるレッドアイズ・ダークネスメタルドラゴンや

エースであるヴァレルロード・ドラゴンを蘇生できれば理想的です。

状況次第ではタクティカル・エクスチェンバー等で自発的に破壊を狙ってもいいでしょう。

 

 

対象に取る効果を持つリンクモンスターを用意する事から始まる【ヴァレット】にとって

素材2体でリンク召喚できるこのカードは

特にヴァレルロード・ドラゴンを用意する余裕がない場合に重宝します。

ヴァレルロード・ドラゴンと違ってフリーチェーンで発動こそできないものの

各種ヴァレットの効果の発動をコンスタントに狙えるカードとして活用が可能です。

同じくLINK-2でヴァレットを対象に選択できるカードとして

アンダークロックテイカーがありますが

あちらが相手モンスターを弱体化させるのに優れているのに比べて

こちらは1900という打点とリンク先以外も対象に指定できる点で優れており

またサポートを共有しやすいドラゴン族という点も魅力です。

単純に①と②の効果も使いやすい部類に入る為

ヴァレットの発動トリガー以外にも積極的に活躍させていけます。

関連記事

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)ダグ・ダガーマン

ブレイブアイズの融合素材にどうぞ   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

遊戯王カード考察:競闘(きょうとう)-クロス・ディメンション アルティメット・パウンドと相性抜群

デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-、いよいよ明日発売です。 今回紹介するのはそん

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:覚醒の暗黒騎士ガイア

今回はVジャンプ9月号の付属カードであるこのカードの紹介です。    

記事を読む

Re:EX(レックス):遊戯王カード考察  2700打点まで届く下級恐竜族の脳筋担当!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:捕食植物(プレデター・プランツ)スピノ・ディオネア

召喚するだけで相手に捕食カウンター!   今回紹介するのはフュージョン・エンフ

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバネット・ストーム さあ皆もストーム・アクセスしよう

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカードです。  

記事を読む

ゴーストリック・リフォーム:遊戯王カード考察  なんという事でしょう、2ターンで駄天使のオーバーレイユニットが10に

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:幻影騎士団(ファントム・ナイツ)シェード・ブリガンダイン、幻影騎士団トゥーム・シールド

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王アークファイブ第148話(最終回)『ペンデュラムが描く奇跡』感想

遊戯王ARC-V148話の感想です。 3年続いたアークファイブもついに最終回を迎える事になりま

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-クリスタル・ベル

君は何をコピーする?   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカード

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:再臨の帝王 素直にリリース要員に使う以外ではエクシーズ素材とかにも

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。 今回紹介するの

遊戯王カード考察:トリックスター・シャクナージュ 墓地からの除外狙ってみる?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

→もっと見る

    • 4,980,048 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑