遊戯王カード考察:電網(でんもう)の落とし穴 腐るケースはかなり少ないと思います

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

電網の落とし穴
通常罠
①:相手がデッキ・墓地からモンスターを特殊召喚した時に発動できる。
そのモンスターを裏側表示で除外する。

 

 

新しい落とし穴となる通常罠です。

 

バーチャル世界と思われる場所に穴が開き、

それに周囲が飲み込まれ崩れていくような描写がなされています。

さしずめバーチャル世界に設置された電磁ネットといった所でしょうか。

 

 

その効果は相手がデッキか墓地からモンスターを特殊召喚した場合に

裏側表示で除外するというものです。

「デッキ」というのはメインデッキの事を指しており

EXデッキのモンスターは除外できない点には注意してください。

EXデッキと手札から特殊召喚されたモンスターを除外する時空の落とし穴とは

丁度除去できる範囲がうまい具合に分かれている形となります。

 

 

デッキや墓地から特殊召喚しないというデッキは昨今ではほとんどなく

大概のデッキ相手に腐らせずに運用をする事が可能です。

それに加えて裏側表示の除外というのは再利用がほぼ不可能であり

除去手段としては最高峰に位置するものです。

奈落の落とし穴と違って除外する前に破壊するといった事も無い為、

破壊耐性も対象耐性も無視して除外する事が可能です。

除外できる数に制限もないので

もし相手がソウル・チャージや真炎の爆発あたりを使ってきた場合でも

蘇生したモンスター全てを問答無用で除外する事が可能です。

 

 

ただ切り札級のカードというのは手札かEXデッキから出てくるのが基本であり

このカードで相手のエースを除外するというのは中々機会がないと思われます。

破壊耐性と対象耐性を無視できるといっても

実際にその両方を併せ持つモンスターが

墓地やデッキから出てくるというのも割とレアケースになるでしょう。

あくまで相手がリンク召喚などを狙ってきた場合に

それの準備段階で妨害するカードであり

相手のエースそのものを除去する目的としては使いづらいでしょう。

 

 

ですがそれを踏まえても落とし穴の中でも高い汎用性の高さを持ち

【蟲惑魔】では奈落の落とし穴に次ぐ落とし穴の採用候補と言えるでしょう。

奈落の落とし穴では対処できない破壊耐性を持つモンスターや

奈落の落とし穴の対象範囲外となる攻撃力1500未満のモンスター、

特に黄泉ガエルなど繰り返し蘇生を狙えるようなモンスターに対して

このカードは非常に有効に機能してくれるでしょう。

「落とし穴」カードである事を考慮せずとも再利用させたくないカードを

裏側表示で除外させられる手段の1つとして重宝します。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:超戦士カオス・ソルジャー、超戦士の儀式

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:シャドール・ネフィリム ネフィリムが帰って来た!・・・・・・あれなんか違う

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

【チェーンバーン(遊戯王世界大会2017)】:大会で活躍したあのデッキを検証

Yu-Gi-Oh! World Championship 2017 大規模な遊戯王の世界大会が

記事を読む

戒めの龍(パニッシュメント・ドラグーン):遊戯王カード考察

墓地も除外カードも全部デッキに戻す!   今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第54話『シンクロ次元「シティ」』感想

遊戯王ARC-V54話です。 いよいよシンクロ次元の様子が見れますね。  

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その4

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

遊戯王カード考察:超戦士の萌芽

墓地肥やししつつ儀式召喚!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこの

記事を読む

遊戯王OCG、2015年10月の制限改定判明!コナミさん何か忘れてません?

とうとう2015年10月のリミットレギュレーションが判明しました。 7月の時は思いっきりサボっ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダーク・レクイエム・エクシーズ・ドラゴン

ダークリベリオンの正統進化!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノ

記事を読む

生存境界:遊戯王カード考察

大量展開と万能除去を兼ね備える!   いよいよ今日恐獣の鼓動の発売ですね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,251,477 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑