遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

オルターガイスト・キードゥルガー
リンク・効果モンスター
闇属性/魔法使い族/攻1000/LINK-2
【リンクマーカー:左 下】
\ ↑ /
  →

「オルターガイスト」モンスター2体
①:このカード以外の自分の「オルターガイスト」モンスターが
相手に戦闘ダメージを与えた時、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、
このカードが攻撃宣言したターンしか攻撃できない。
②:このカードが戦闘で破壊された場合、
自分の墓地の「オルターガイスト」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

 

 

オルターガイストの新しい仲間となるLINK-2リンクモンスターです。

VRAINSにおいてゴーストガールがリボルバー戦で使用し、

その効果でリボルバーのツイン・トライアングル・ドラゴンを蘇生しました。

 

下半身が馬のさらに多数の腕を持つモンスターです。

下半身の方の両腕に持った両刃の斧槍が特徴的です。

恐らく名前はキーロガー+ドゥルガーだと思われます。

キーロガーとはキーボード等によるコンピューターへの入力を監視する装置で

主に利用者のパスワードなどのキー入力を盗み出す為に使われます。

ドゥルガーとは「近づき難い者」という意味を持つヒンドゥー教の女神で

10本あるとも18本あるとも言われる腕に多数の武器を所持しています。

 

 

【リンクマーカー:左 下】
「オルターガイスト」モンスター2体

リンク素材はオルターガイスト2体です。

この事から基本はオルターガイスト専用のリンクモンスターとなります。

リンクマーカーは左と下にそれぞれあり

EXモンスターゾーン、メインモンスターゾーンどちらでも活かせる向きです。

同じくLINK-2のオルターガイスト・ヘクスティアとは

丁度リンクマーカーの向き左右逆になった形になっています。

 

 

①:このカード以外の自分の「オルターガイスト」モンスターが
相手に戦闘ダメージを与えた時、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは、
このカードが攻撃宣言したターンしか攻撃できない。

①の効果はこのカード以外のオルターガイストが

相手に戦闘ダメージを与えた時に

相手の墓地のモンスター1体をリンク先に特殊召喚する蘇生効果です。

蘇生させる相手モンスターの種類や表示形式は問いませんが

蘇生させたモンスターはこのカードが攻撃宣言したターンしか攻撃できません。

このカードの攻撃力は1000と控えめであり

実際にこのカードで攻撃するには何かしらの工夫が必要になるでしょう。

効果は無効にしない為に攻撃を捨てて効果だけを目当てに蘇生させる手もあります。

オルターガイストが戦闘ダメージを与えるという蘇生の前提条件に関しては

直接攻撃できるオルターガイスト・メリュシークが満たしやすいです。

なお1ターンに1度の制約が無い為、

蘇生させたモンスターを亜空間物質転送装置などでリンク先からどかす事が可能で

なおかつオルターガイストで2回戦闘ダメージを与えられる状況であるならば

連続で蘇生効果を発動する事も可能です。

 

 

②:このカードが戦闘で破壊された場合、
自分の墓地の「オルターガイスト」カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを手札に加える。

②の効果はこのカードが戦闘破壊された場合に

墓地のオルターガイスト1枚を手札に加える回収効果です。

他のオルターガイストリンクモンスターと違い

あくまで戦闘破壊された場合でしか発動できない点には注意しましょう。

このカードの攻撃力は1000しかありませんが

この効果がある為にある程度相手に戦闘破壊させるのを躊躇わせる事が出来ます。

また自爆特攻でも発動が可能でありこのカードが自爆特攻をする事で

①の効果で蘇生させた相手モンスターも攻撃が可能となる為

選択肢の1つとして意識しておくといいでしょう。

 

 

同じくLINK-2のオルターガイスト・ヘクスティアと比較した場合、

あちらはアタッカー及び相手の動きを抑制する要員として使いやすく

一方でこちらは有効に活用できる状況は限られるものの

上手くいけば相手の強力なモンスターを蘇生させる事が可能です。

活かし方は全く違うので上手く使い分けていくといいでしょう。

関連記事

力天使(りきてんし)ヴァルキリア:遊戯王カード考察 無効に出来ればサーチ発動、どうせなら相手ターンにも狙おう

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第133話『輝かしきエンタメショー』感想

遊戯王ARC-V134話の感想です。 ユーリの伏せカード「超融合」を見事に当てた榊遊勝。

記事を読む

イーバ:遊戯王カード考察 手札コストにしてもいいしエクシーズ素材にしてもいい

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSY(サイ)フレーム・サーキット

ハイスピード・ライダーズのCMも公開されましたね。 今回紹介するのはそのCMで判明したこのカー

記事を読む

遊戯王カード考察:シャドール・ネフィリム ネフィリムが帰って来た!・・・・・・あれなんか違う

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ダイナミスト・アンキロス

シンプルだけど嬉しい効果ですよ猿渡さん!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:強欲で貪欲な壷

え?3枚積みしていいの?   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:苦渋の黙札(Painful Escape)

結構色んなデッキで使えるよ!   今回紹介するのはエクストラパック2016より

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:The blazing MARS(ザ・ブレイジング・マーズ)

今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決闘者編」よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王アークファイブ第117話『牙をむく鈴の音』感想

遊戯王ARC-V117話の感想です。 瑠璃とリンの救出したカイトとユーゴですが 既にプロ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:再臨の帝王 素直にリリース要員に使う以外ではエクシーズ素材とかにも

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。 今回紹介するの

遊戯王カード考察:トリックスター・シャクナージュ 墓地からの除外狙ってみる?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

→もっと見る

    • 4,980,048 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑