遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、
担当スタッフのミスで「新月」を「しんげつ」として収録してしまいましたため、
今回のメンテナンスでは追加しなくなりました。

大変申し訳ございませんが、今しばらくお待ち下さい…
#アズールレーン

アズールレーンは割と遊戯王ネタの多いゲームなのでせっかくなので時事ネタ。

MUGENネタもあるのでそういう意味でもこのブログ向きです。

 

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

トポロジック・トゥリスバエナ
リンク・効果モンスター
闇属性/サイバース族/攻2500/LINK-3
【リンクマーカー:上 左下 右下】

←   →

効果モンスター2体以上
①:このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスター及びフィールドの魔法・罠カードを全て除外し、
この効果で除外した相手のカードの数×500ダメージを相手に与える。

 

 

闇属性サイバース族のLINK-3リンクモンスターであり

フレイム・オブ・デストラクションのパッケージを務める今回の看板モンスターです。

VRAINSにおいてリボルバーがゴーストガール戦で使用し

トポロジック・ボマー・ドラゴンに続くストーム・アクセスで入手した良き力として

レッド・リブートで発動を封じた罠3枚をその効果で除外してダメージを与え

その後のダイレクトアタックによりゴーストガールのライフを1発で削り切りました。

 

やや竜に近いシルエットを持つ緑のモノアイが特徴的なロボットです。

攻撃時には砲撃モードへと変形してビーム砲を発射します。

かなり凝ったアニメーションをしているので一見の価値ありです。

恐らく名前はアンフィスバエナから派生してつけられているものだと思います。

アンフィスバエナとはローマに伝わる伝説上の生き物であり

尻尾の部分も頭になっている双頭の蛇といった外見をしています。

アンフィスとはギリシャ語で「両方」という意味であり

トゥリスは同じくギリシャ語で「3つの」と言った意味を持ちます。

つまり双頭ならぬ三頭のアンフィスバエナ的なニュアンスでつけられているのでしょう。

 

 

【リンクマーカー:上 左下 右下】
効果モンスター2体以上

リンク素材は効果モンスター2体以上とかなり緩いです。

ある程度展開力のあるデッキ全般でリンク召喚が狙えるでしょう。

リンクマーカーは上、左下、右下とEXモンスターゾーンで真価を発揮するタイプです。

何気にリンク素材、リンクマーカー共にデコード・トーカーと同一です。

ヴァレルロード・ドラゴンやトポロジック・ボマー・ドラゴンが

ファイアウォール・ドラゴンのライバル的存在であるならば

こちらはデコード・トーカーのライバル的存在を意識しているのかもしれません。

 

 

①:このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスター及びフィールドの魔法・罠カードを全て除外し、
この効果で除外した相手のカードの数×500ダメージを相手に与える。

その効果はリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に

そのモンスターとフィールドの魔法罠を全て除外、

この効果で相手のカードを除外した場合に

その相手カードの数×500の数値だけダメージを与える強制効果です。

同じくリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に

モンスターを一掃する強制効果を持つトポロジック・ボマー・ドラゴンとは

丁度モンスターと魔法罠で対になった感じの効果となっています。

特殊召喚する為のモンスターを用意する事さえ出来れば

墓地利用も許さない魔法罠の破壊手段として積極的に使っていけます。

またリビングデッドの呼び声のようなフリーチェーンの蘇生カードを

エンドサイクのように利用する事も可能です。

このカードがあるだけで相手はカードのセットをし辛くなると思います。

アニメでやったようにレッド・リブートでカードの発動を封じつつ

それをまとめて除外してバーンダメージを稼いでもいいでしょう。

 

 

強制効果であり逆に相手がこのカードのリンク先に特殊召喚し

こちらの伏せカードを破壊するという選択肢も取れる点には注意しましょう。

このカードを使うのであればセットするカードは

フリーチェーンで発動できるものを揃えるのが望ましいです。

逆にエクシーズ・ディメンション・スプラッシュのような

除外する事で発動するカードをセットするのも1つの手です。

 

 

発動トリガーにする特殊召喚するモンスターですが

異次元の偵察機や異次元の生還者であれば

毎ターンのエンドフェイズこの効果の発動が狙えます。

エンドサイクのような使い方をするのであれば非常にオススメです。

それ以外でも不知火のように除外される事で効果を発動できるカードであれば

除外要員として無駄になりにくいでしょう。

単純にスケープ・ゴートのトークンを1体犠牲にしてしまうのもいいです。

 

 

効果の発動に若干癖がある程度で魔法罠の除去というのはかなり汎用性の高い効果です。

何気に魔法罠を除去する効果を持つ汎用リンクは結構貴重で

汎用LINK-3の選択肢としては非常にありがたい効果を持っています。

攻撃力も2500と汎用LINK-3の中では

電影の騎士ガイアセイバーに次いで高くアタッカーとしても優秀であり

汎用LINK-3の中では使いやすい部類に入るカードだと思います。

端的に言って良き力だと言っていいでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:青眼の双爆裂龍(ブルーアイズ・ツイン・バースト・ドラゴン)

今回紹介するのはVジャンプの2月号に付録されるこのカードです。    

記事を読む

六武衆の影忍術(ろくぶしゅうのかげにんじゅつ):遊戯王カード考察 展開手段でもあり再利用手段でもある

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:聖霊獣騎(せいれいじゅうき) キムンファルコス 打点補助と展開補助を同時にこなす

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青き眼の巫女、白き霊龍(れいりゅう)

今回紹介するのは11月21日に発売されたVジャンプ1月号の付録であるこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:EM(エンタメイト)ガトリングール

凶悪なバーン効果で相手をハチの巣だぁ!   今回紹介するのはマキシマム・クライ

記事を読む

マスター・ボーイ:遊戯王カード考察 バハムートシャーク救済カード、安心してください皆さんの予想通りの効果です

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花札衛(カーディアン)-雨四光(あめしこう)-

エンジョォォォォォォォイ!   5月14日にコレクターズパック「閃光の決闘者編

記事を読む

遊戯王アークファイブ第123話『栄光の機械竜』感想

遊戯王ARC-V123話の感想です。 見事BB相手にエンタメデュエルを成功させた遊矢、

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

異次元の探究者:遊戯王カード考察 帰還タイミングがポイント

モリンフェンスリーブ化されるみたいですね。まあ接戦でしたしね。 この調子でズァークもスリーブ化

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:再臨の帝王 素直にリリース要員に使う以外ではエクシーズ素材とかにも

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。 今回紹介するの

遊戯王カード考察:トリックスター・シャクナージュ 墓地からの除外狙ってみる?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

→もっと見る

    • 4,980,048 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑