パワーコード・リンクと一緒に揃えておきたいカードは?サイバース・リンクと合わせるのも検討してみよう

公開日: : 最終更新日:2017/12/09 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

明日12月9日にストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-が発売されます。

収録されているカードはこんな感じです。

 

 

モンスターカード
SD33-JP001「ドングルドングリ」
SD33-JP002「ガベージコレクター」
SD33-JP003「シーアーカイバー」
SD33-JP004「フレイム・バッファロー」 スーパーレア
SD33-JP005「レディ・デバッガー」 スーパーレア
SD33-JP006「アンチエイリアン」
SD33-JP007「ストームサイファー」
SD33-JP008「セグメンタル・ドラゴン」 ウルトラレア
SD33-JP009「サイバース・ガジェット」
SD33-JP010「トーチ・ゴーレム」
SD33-JP011「ジュラゲド」
SD33-JP012「幻獣機テザーウルフ」
SD33-JP013「輪廻天狗」
SD33-JP014「スカル・マイスター」
SD33-JP015「同族感染ウィルス」
SD33-JP016「ゴブリンドバーグ」
SD33-JP017「幻銃士」
SD33-JP018「A・ジェネクス・バードマン」
SD33-JP019「魔導雑貨商人」
SD33-JP020「クラスター・ペンデュラム」
SD33-JP021「ドロール&ロックバード」
SD33-JP040「パワーコード・トーカー」 ウルトラレア
SD33-JP041「トラフィックゴースト」 (パラレル)
SD33-JP042「LANフォリンクス」 (パラレル)

 

魔法カード
SD33-JP022「サイバネット・ストーム」
SD33-JP023「ナイト・ショット」
SD33-JP024「死者への供物」
SD33-JP025「禁じられた聖杯」
SD33-JP026「スケープ・ゴート」
SD33-JP027「光の護封剣」
SD33-JP028「名推理」
SD33-JP029「ワン・フォー・ワン」
SD33-JP030「盆回し」

 

罠カード
SD33-JP031「パケットリンク」 (パラレル)
SD33-JP032「荒野の大竜巻」
SD33-JP033「蠱惑の落とし穴」
SD33-JP034「業炎のバリア -ファイヤー・フォース-」
SD33-JP035「トラップ・スタン」
SD33-JP036「安全地帯」
SD33-JP037「リビングデッドの呼び声」
SD33-JP038「無謀な欲張り」
SD33-JP039「透破抜き」

 

新規カードの他にはスケープ・ゴートや幻獣機テザー・ウルフ、

最近話題のトーチ・ゴーレムといったトークンを生成できるカードや

ゴブリンドバーグやジュラゲドなど展開の補助となるカードなど

リンク召喚と相性のいいカードが多数収録されています。

サイバース・ガジェットが収録されているのも

サイバース族デッキを組もうと考える際には非常にありがたいです。

その他のカードも墓地肥やし&展開ににありがたい名推理や

ワン・フォー・ワン、盆回しなど中々粒ぞろいになっています。

今回のパックだけだとややエクストラデッキのモンスターが心もとない為

同じくサイバース族のモンスターが多数収録されている

スターターデッキ2017やサイバース・リンクと組み合わせれば

より盤石なサイバース族デッキを組むことが出来るでしょう。

今回はスターターデッキ2017とサイバース・リンクにあるカードは割合しておいて

それ以外の他に相性の良さそうなカードをピックアップしていきたいと思います。

皆さん、財布と相談しながら何を入れるか悩んでいきましょう。

※カード名クリックでwikiに飛びます。

 

 

一族の結束

墓地が一種族のみの場合にその種族の攻撃力を800上昇させる永続魔法です。

今回のストラクチャーデッキによりよりサイバース族が組みやすくなり

サイバース族統一デッキを組む難易度も下がりました。

特にセグメンタル・ドラゴンの攻撃力を上げられるのは大きく

1枚あれば妥協召喚でも攻撃力2100以下を道連れに持ち込む事が可能です。

ストームサイファーが3200打点になるのもアタッカーとして非常に頼もしいです。

アンチエイリアンも2700打点となり②の効果の発動がしやすくなります。

 

 

トポロジック・ボマー・ドラゴン

リンク先にモンスターが特殊召喚された事を条件に

メインモンスターゾーンのカード全てを破壊する効果を持つ

LINK-4のサイバース族リンクモンスターです。

サイバネット・ストームで出せるカードの中でも特に強力なリンクであり

サイバネット・ストームを扱うのならば是非とも用意しておきたいカードです。

同じくサイバース族LINK-4であるファイアウォール・ドラゴンも欲しいですね。

 

 

悪夢再び

守備力0の闇属性モンスター2体を墓地から回収できる魔法カードです。

今回の新規カードではドングルドングリとストームサイファーが対応しています。

同じくサイバース族ではバックリンカーやROMクラウディアも対応しており

サイバース族において非常に使いやすい手札補充カードと言えます。

フレイム・バッファローの手札コストの確保としても重宝します。

 

 

好敵手の記憶

攻撃してきた相手モンスターの攻撃力分のダメージを受ける代わりに

そのモンスターを除外して次の相手エンドフェイズ時に自分のものに出来る

変速的な攻撃反応罠です。

ダメージこそ痛いですが防御カードと除去カードを兼ねつつ

サイバネット・ストームの③の効果の発動条件を満たしやすくなります。

 

 

二重召喚

通常召喚権を増やせる魔法カードです。

単純に展開力の強化手段として重宝可能であり

またレディ・デバッカーやサイバース・ガジェットなど

召喚するだけでアドバンテージに繋がるカードも多いので相性がいいです。

ガベージコレクターの効果も狙いやすくなるでしょう。

 

 

暗躍のドルイド・ドリュース

攻撃力か守備力0のモンスターを墓地から蘇生できるレベル4です。

今回のパックだとストームサイファーを蘇生させる事が出来ます。

リンク召喚の素材揃えに重宝するだけでなく

ランク4のエクシーズ召喚要素も取り入れやすくなる為

サイバース族に統一しないのであれば選択肢に入ります。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・   今回紹介するのはスターターデッキ20

記事を読む

デコード・トーカー:遊戯王カード考察

リンク召喚のトップバッター兼アピール要因!種族も新しい!   4月に新しく放映

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:同胞の絆

今回紹介するのはMILLENNIUM BOX GOLD EDITIONよりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン

飢えた竜はより貪欲に   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサーズよりこ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第58話『闇デュエルへの招待』感想

邪悪なる召喚法ペンデュラム召喚を駆使したデニス、 そしてそれを見事撃破した権現坂はギャラガーに

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ハイ・スピード・リレベル

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王アークファイブ第57話『黒い旋風 クロウ・ホーガン』感想

遊戯王ARC-V57話の感想です。 今更ですが自分録画環境無かったりします。 その為記憶

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:強欲で貪欲な壷

え?3枚積みしていいの?   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージョンよりこ

記事を読む

遊戯王カード考察:鋼鉄の襲撃者(ヘビーメタル・レイダース)

いよいよ今日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-の発売です。 今回紹介するのはそ

記事を読む

コード・トーカー:遊戯王カード考察

9月9日から各種店舗においてカードが貰える リンクモンスターGETキャンペーンが開催されます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,666 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑