遊戯王OCG新カード考察:ペンデュラム・コール

マスター・オブ・ペンデュラムの発売も近づいて来ましたね。

可変機獣 ガンナードラゴンが入ってるあたり

やはりランク7のエクシーズ召喚が魔術師のコンセプトの1つなのでしょう。

今回紹介するのはこのカードです。

 

 

 

ペンデュラム・コール
通常魔法
「ペンデュラム・コール」は1ターンに1枚しか発動できず、
「魔術師」PモンスターのP効果を発動したターンには発動できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
カード名の異なる「魔術師」Pモンスター2体をデッキから手札に加える。
この効果の発動後、次の相手ターン終了時まで
自分のPゾーンの「魔術師」カードは効果では破壊されない。

 

 

 

魔術師ペンデュラムの新しいサーチカードです。

魔術師ペンデュラムも随分とサーチカードが増えましたね。

 

異なる魔術師ペンデュラムを2枚デッキからサーチできる効果を持っています。

発動に手札コストを1枚要求するので実質2:2交換ですね。

手札コストにするカードは何でもよくて2枚同時にサーチできるという。

サーチカードの中でも非常に優れた効果を持っています。

このカードがあればペンデュラムスケールを揃える事は容易でしょう。

 

 

そして効果の発動後相手ターン終了時までペンデュラムゾーンの魔術師に

破壊耐性を得る事が可能です。この耐性はペンデュラムにとって非常にありがたく、

「ペンデュラムスケールをセッティングした後すぐ羽箒喰らって大打撃!」

みたいな事態はまあ日常茶飯事なわけですがその場面に対し1ターンの猶予を貰えます。

ペンデュラムを2回決めれるのなら状況にもよりますがその後に羽箒を喰らったとしても

ある程度損失分を補填する事は十分に可能になるでしょう。

相手も心情的にペンデュラムカードを破壊できない時に羽箒を打ちたくないでしょうから

そのターンは他の伏せカードも羽箒の被害を受けにくいという副次的効果もあるでしょう。

あくまで「ペンデュラムゾーンの魔術師カード」を破壊から守るカードであり

モンスターゾーンの魔術師ペンデュラムには耐性を付与しない点には気をつけましょう。

 

 

また1ターンに1度しか発動できない制約と魔術師ペンデュラムの

ペンデュラム効果を発動したターンには発動できない制約があります。

間違いなくこいつの対策です。

そもそも「発動したターン」と書かれている関係上、ペンデュラム・コールの後では

魔術師のペンデュラム効果は問題なく発動が可能であり、あまり制約になっていません。

発動後の破壊耐性も慧眼の魔術師のペンデュラム効果を使えなくする措置とも言えます。

さすがにサーチしつつエクストラデッキにすぐさま送れるのはまずいと判断したのでしょう。

とはいえ1ターン待てば発動可能な為、問題なく両方採用する事は可能でしょう。

 

 

こんなもん必須カードに決まってます

サーチカードが弱いわけないのにさらに耐性付与効果までついてます。

補助程度に数枚の魔術師ペンデュラムを採用しているデッキならまだしも

魔術師ペンデュラムをメインに運用するデッキなら思考停止でフル投入していいカードです。

このカードのおかげで魔術師ペンデュラムの安定性は大きく上がるでしょう。

魔術師ペンデュラムと相性のいい霞の谷の巨神鳥も場に出しやすくなると思われます。

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

キラー・スネーク

手札コストとして代表的なモンスターですね。

魔術師ペンデュラムには同じく手札コストを必要とする竜脈の魔術師竜穴の魔術師がいるので

魔術師ペンデュラムに採用して困る事はないモンスターと言えるでしょう。

 

 

賤竜の魔術師

魔術師ペンデュラムの中でも特に恩恵が大きいカードと言えるでしょう。

魔術師ペンデュラムをペンデュラム・コールのコストにした場合でも再び手札に回収できます。

ペンデュラム・コールでスケールを簡単に揃えられる為、レベル6のこのカードも

簡単にペンデュラム召喚でき、モンスター効果を有効活用する事が出来ます。

またペンデュラム効果の発動条件も簡単に満たす事が可能になります。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:矮星竜 プラネター

クラッシュ・オブ・リベリオン、いよいよ今日発売ですね。 今回はこのカードの解説です。 &

記事を読む

遊戯王アークファイブ第82話『究極の隼VS黒羽の雷』感想

遊戯王ARC-V82話の感想です。 まだまだ続く黒咲VSクロウの新旧闇属性鳥獣族対決。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破壊剣-アームズバスターブレード、 破壊剣-ウィザードバスターブレード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械混沌巨人(アンティーク・ギア・カオス・ジャイアント)

圧倒的殺意の塊!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです

記事を読む

遊戯王OCG新テーマ考察:SR(スピードロイド)

ハイスピード・ライダーズに収録されるカードも少しずつ判明してきましたね。 やはり予想通りといい

記事を読む

リンクスレイヤー:遊戯王カード考察  ありふれた半上級?いえいえこいつにしかできない役割あります

今回紹介するのはスターターデッキ2017よりこのカードです。    

記事を読む

真竜(しんりゅう)「ランク9軸」:遊戯王テーマ考察

V.F.D.(ザ・ビースト)率いる真竜皇とそれに対抗する為に メタルフォーゼ、クリストロン、十

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:死なばもろとも

そういえば今までモンスターカードの考察しかしていませんでしたね。 というわけで今回はデュエリス

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:デストーイ・ハーケン・クラーケン

かゆい所に手が届くデストーイ!   今回紹介するのはフュージョン・エンフォーサ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) デッドリーガイ

結構お世話になる打点強化要因   今回紹介するのは20th ライバル・コレクシ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
トリックスター・ブラッディマリー:遊戯王カード考察  Sっぽいけど癒し系、でもその実ハンデスの布石となるえげつない子

Vジャンプ9月号の応募者全員サービスにおいて 遊戯王VRAINS

東方鈴奈庵第53(最終話)話『八雲紫の安寧(後編)』感想

東方鈴奈庵53話の感想です。 はい、最終話です。何の予告もなく突

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第11話『轟く弾倉 ヴァレルロード』感想

遊戯王ヴレインズ第11話の感想です。 ついにはじまったプレイメー

ソードワールド2.0の神々の何かちょっとおかしい紹介:戦勝神ユリスカロア

ものすごく久しぶりですがソードワールド2.0に関する記事です。

ゲートウェイ・ドラゴン:遊戯王カード考察 シンプルながらも重宝する展開要員

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,476,075 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑