遊戯王OCG新カード考察:ペンデュラム・コール

マスター・オブ・ペンデュラムの発売も近づいて来ましたね。

可変機獣 ガンナードラゴンが入ってるあたり

やはりランク7のエクシーズ召喚が魔術師のコンセプトの1つなのでしょう。

今回紹介するのはこのカードです。

 

 

 

ペンデュラム・コール
通常魔法
「ペンデュラム・コール」は1ターンに1枚しか発動できず、
「魔術師」PモンスターのP効果を発動したターンには発動できない。
①:手札を1枚捨てて発動できる。
カード名の異なる「魔術師」Pモンスター2体をデッキから手札に加える。
この効果の発動後、次の相手ターン終了時まで
自分のPゾーンの「魔術師」カードは効果では破壊されない。

 

 

 

魔術師ペンデュラムの新しいサーチカードです。

魔術師ペンデュラムも随分とサーチカードが増えましたね。

 

異なる魔術師ペンデュラムを2枚デッキからサーチできる効果を持っています。

発動に手札コストを1枚要求するので実質2:2交換ですね。

手札コストにするカードは何でもよくて2枚同時にサーチできるという。

サーチカードの中でも非常に優れた効果を持っています。

このカードがあればペンデュラムスケールを揃える事は容易でしょう。

 

 

そして効果の発動後相手ターン終了時までペンデュラムゾーンの魔術師に

破壊耐性を得る事が可能です。この耐性はペンデュラムにとって非常にありがたく、

「ペンデュラムスケールをセッティングした後すぐ羽箒喰らって大打撃!」

みたいな事態はまあ日常茶飯事なわけですがその場面に対し1ターンの猶予を貰えます。

ペンデュラムを2回決めれるのなら状況にもよりますがその後に羽箒を喰らったとしても

ある程度損失分を補填する事は十分に可能になるでしょう。

相手も心情的にペンデュラムカードを破壊できない時に羽箒を打ちたくないでしょうから

そのターンは他の伏せカードも羽箒の被害を受けにくいという副次的効果もあるでしょう。

あくまで「ペンデュラムゾーンの魔術師カード」を破壊から守るカードであり

モンスターゾーンの魔術師ペンデュラムには耐性を付与しない点には気をつけましょう。

 

 

また1ターンに1度しか発動できない制約と魔術師ペンデュラムの

ペンデュラム効果を発動したターンには発動できない制約があります。

間違いなくこいつの対策です。

そもそも「発動したターン」と書かれている関係上、ペンデュラム・コールの後では

魔術師のペンデュラム効果は問題なく発動が可能であり、あまり制約になっていません。

発動後の破壊耐性も慧眼の魔術師のペンデュラム効果を使えなくする措置とも言えます。

さすがにサーチしつつエクストラデッキにすぐさま送れるのはまずいと判断したのでしょう。

とはいえ1ターン待てば発動可能な為、問題なく両方採用する事は可能でしょう。

 

 

こんなもん必須カードに決まってます

サーチカードが弱いわけないのにさらに耐性付与効果までついてます。

補助程度に数枚の魔術師ペンデュラムを採用しているデッキならまだしも

魔術師ペンデュラムをメインに運用するデッキなら思考停止でフル投入していいカードです。

このカードのおかげで魔術師ペンデュラムの安定性は大きく上がるでしょう。

魔術師ペンデュラムと相性のいい霞の谷の巨神鳥も場に出しやすくなると思われます。

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

キラー・スネーク

手札コストとして代表的なモンスターですね。

魔術師ペンデュラムには同じく手札コストを必要とする竜脈の魔術師竜穴の魔術師がいるので

魔術師ペンデュラムに採用して困る事はないモンスターと言えるでしょう。

 

 

賤竜の魔術師

魔術師ペンデュラムの中でも特に恩恵が大きいカードと言えるでしょう。

魔術師ペンデュラムをペンデュラム・コールのコストにした場合でも再び手札に回収できます。

ペンデュラム・コールでスケールを簡単に揃えられる為、レベル6のこのカードも

簡単にペンデュラム召喚でき、モンスター効果を有効活用する事が出来ます。

またペンデュラム効果の発動条件も簡単に満たす事が可能になります。

関連記事

電送擬人(でんそうぎじん)エレキネシス:遊戯王カード考察 10期向け手札誘発、メタカード以外の使い道も

10月です。とうとう新しいリミットレギュレーション適用ですね。 まあ既にSPYRAL環境になっ

記事を読む

遊戯王アークファイブ第95話『己の信じるデュエル』感想

遊戯王ARC-V95話の感想です。 ジャックとのデュエルに破れコースから落下していったセルゲイ

記事を読む

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売されます。 今回紹介するのは

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)マンジロック 初のレベル1となる何気に今一番アツイ剛鬼

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:古代の機械混沌巨人(アンティーク・ギア・カオス・ジャイアント)

圧倒的殺意の塊!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこのカードです

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:A BF(アサルト ブラックフェザー)-霧雨のクナイ

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:トリックスター・フォクシーウィッチ ちくちくじゃ済まないダメージ量

今回12月23日、LINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)の発売です。

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第29話『クサナギ・レポート』感想

遊戯王ヴレインズ29話の感想です。 ゲノム、バイラ、ファウストの3騎士全てを退けたプレイメーカ

記事を読む

遊戯王カード考察:地翔星(ちしょうせい)ハヤテ、天昇星(てんしょうせい)テンマ

今回紹介するのはコレクターズパック2018よりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,869,032 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑