遊戯王カード考察:剛鬼(ごうき)ザ・マスター・オーガ アタッカーと制圧役どっちも行ける

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

 

 

 

剛鬼ザ・マスター・オーガ
リンク・効果モンスター
地属性/戦士族/攻2800/LINK-4
【リンクマーカー:上 左下 下 右下】

←   →
/ ↓ \
「剛鬼」モンスター2体以上
①:1ターンに1度、
このカードのリンク先の自分の「剛鬼」モンスターを任意の数だけ持ち主の手札に戻し、
手札に戻した数だけ相手フィールドの表側表示のカードを対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、
相手フィールドに表側表示モンスターが存在する場合、
その内の攻撃力が一番高いモンスターしか攻撃対象に選択できない。

 

 

剛鬼のニューフェイスとなるLINK-4リンクモンスターです。

VRAINSにおいてGo鬼塚がゲノム戦で使用し

地獄螺旋鬼ゴシックローンと地獄螺旋鬼ネクロ・ダーウィンの効果を無効にした後、

そのタッグに続けざまに攻撃をしかけ試合終了のゴングを鳴らしました。

 

黒と赤のマントをつけた剛鬼がオーラを発しながら腕を組んで仁王立ちしています。

非常に強者感漂う素敵なポーズですね。

イラストには描かれていませんがアニメでは巨大なバトルアクスを所持しています。

 

 

【リンクマーカー:上 左下 下 右下】
「剛鬼」モンスター2体以上

リンク素材には剛鬼2体以上を指定しています。

LINK-4と重めすが剛鬼自体は手札の補充能力に優れている為、

どちらかと言えばどう素材を展開するかの方が課題となるでしょ

素材2体があればOKなのでまずは剛鬼サンダー・オーガのリンク召喚を狙い、

あちらの効果で追加で剛鬼を召喚しつつリンク召喚を狙っていくといいでしょう。

また墓地にLINK-3の剛鬼リンクがあれば

蘇生カードを用いる事でスムーズにリンク召喚に繋げる事が可能です。

 

リンクマーカーは下方向3つと真正という配置になっています。

丁度トポロジック・ボマー・ドラゴンと同じ配置ですね。

効果も含めてEXモンスターゾーンに出してこそ真価を発揮するカードですが

相手方向に1つリンクマーカーが向いているのは留意しておきましょう。

 

 

①:1ターンに1度、
このカードのリンク先の自分の「剛鬼」モンスターを任意の数だけ持ち主の手札に戻し、
手札に戻した数だけ相手フィールドの表側表示のカードを対象として発動できる。
そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。
この効果は相手ターンでも発動できる。

①の効果は1ターンに1度、自分リンク先の剛鬼を好きな数だけ手札に戻し

その戻した数だけ相手の場の表側表示カードの効果を

そのターンの間無効にできるフリーチェーン効果です。

LINK-4のモンスターを出した後にさらに手札に戻す剛鬼を用意する必要がありますが

カードの効果無効をフリーチェーンで行えるというのは強力無比であり

モンスター効果による展開防止や厄介なエースモンスターの機能停止、

更には魔法罠の発動も無効に出来るという非常に万能な妨害手段として機能します。

また剛鬼を手札に戻す点も剛鬼ハッグベアや剛鬼ヘッドバットなどの効果を

再利用する目的で活用が可能となります。

 

 

②:このカードは相手モンスター全てに1回ずつ攻撃でき、
相手フィールドに表側表示モンスターが存在する場合、
その内の攻撃力が一番高いモンスターしか攻撃対象に選択できない。

②の効果は相手フィールドに表側表示モンスターが複数いる場合

攻撃力の一番高いモンスターしか攻撃対象にできない代わりに

相手モンスター全てに1回ずつ攻撃できる制約及び連続攻撃効果です。

このカードの攻撃力は2800とかなり高めで

これで相手モンスター全てに攻撃できるのは非常に強力です。

逆に相手が1体でもこの2800を上回る攻撃力を持つモンスターを

用意していた場合、実質的に攻撃的に封じられるデメリットがありますが

剛鬼にはヘッドバットやツイストコブラ、ザ・グレート・オーガなど

戦闘を補助するカードは多く存在するので上手くそれらを活用していきましょう。

攻撃力を高めた上での連続攻撃は輪をかけて強烈で

上手く攻撃表示のモンスターに連続攻撃できれば1ラウンドKOも狙えます。

 

 

どちらの効果も強烈で先行で展開して相手の行動を制限するもよし、

相手の展開後に出して連続攻撃で一気に殲滅するもよしという

攻守ともに隙が無い切り札に相応しい性能を有しています。

相手モンスター全体の弱体化を狙えるザ・グレート・オーガとは

また違った制圧力を誇るカードであり

剛鬼における新しい可能性となってくれる事は間違いありません。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:命削りの宝札

今回紹介するのは「MILLENNIUM PACK」よりこのカードです。   &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:不知火の武士(もののふ)

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:黄昏の忍者将軍-ゲツガ

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ミラー・リゾネーター

遊戯王OCGラボでハイスピード・ライダーズのカードをメインに使用した 【スピードロイド】VS【

記事を読む

真竜(しんりゅう)「アドバンス召喚軸」:遊戯王テーマ考察

竜剣士ラスターPと竜魔王レクターPの対決は2人が合体し 真竜剣士マスターPになるスペリオルドラ

記事を読む

遊戯王カード考察:F.A.(フォーミュラアスリート)ダークネスマスター F.A.の貴重な除去要員

今回紹介するのはEXTRA PACK 2018よりこのカードです。   &nb

記事を読む

LL(リリカル・ルスキニア)-インディペンデント・ナイチンゲール:遊戯王カード考察

ちょっと再現しちゃダメな部分再現してます   今回紹介するのはマキシマム・クラ

記事を読む

忍びの六武(しのびのろくぶ):遊戯王カード考察 ザ・ロマンカード、墓地をいかに肥やすかが鍵

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

影六武衆(かげろくぶしゅう)-リハン:遊戯王カード考察  融合の六武衆が登場、影忍術で使いまわそう

8月11日にデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズが発売されます。 今回紹介するのはその

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ブランコブラ

たかが攻撃力300、だがしかし・・・   今回紹介するのはスターターデッキ20

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,865,704 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑