遊戯王カード考察:シャドール・ネフィリム ネフィリムが帰って来た!・・・・・・あれなんか違う

公開日: : 最終更新日:2017/11/20 カード考察, 遊戯王, 遊戯王OCG ,

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

 

 

 

シャドール・ネフィリム
リンク・効果モンスター
光属性/天使族/攻1200/LINK-2
【リンクマーカー:左 右】
\ ↑ /
 
/ ↓ \
リバースモンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、
「シャドール」融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。
②:このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「シャドール」カード1枚を選んで墓地へ送り、このカードを墓地から特殊召喚する。

 

 

シャドールの新規となる光属性天使族のLINK-2リンクモンスターです。

 

エルシャドール・ネフィリムが

各種インフェルノイドに見られるカプセルの中で眠りについています。

ジェムナイト・ラピスがこれからエルシャドール・ネフィリムになる所なのか

それとも全てが終わったあと静かに眠りについているのかは不明です。

光源の関係かエルシャドール・ネフィリムよりも大分色合いが明るいですね。

 

というわけで「ネフィリム返して!」と嘆いていたシャドール使いの皆さん、

とうとうネフィリムが帰ってきましたよ!

 

 

 

【リンクマーカー:左 右】
リバースモンスター2体

 

リンク素材にはリバースモンスター2体を要求しています。

丁度サブテラーマリスの妖魔と同じですね。

シャドールの他にもサブテラーやクローラーたりでもリンク召喚が狙えますが

ゴーストリックなどリバースした時の効果は持っているけど

リバースモンスターではないカードも存在しており

そういったカードは素材にできない点に注意してください。

リンクマーカーは左右でありリンクヴレインズパックの中では

珍しくメインモンスターゾーン向きのリンクマーカーとなっています。

ただこのカードは効果の関係上こちらの方が都合がいいと言えます。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
自分の手札・フィールドから、
「シャドール」融合モンスターカードによって決められた
融合素材モンスターを墓地へ送り、
その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。

 

 

①の効果は1ターンに1度、自分メインフェイズ時に

手札かフィールドから融合素材を墓地へ送り

シャドール融合モンスターを融合召喚するというものです。

このカード自身も素材出来る為、光属性以外のカードを手札か場に用意すれば

そのまま各種シャドールを融合召喚する事が可能です。

このカード自身特にフィールドに残してあまり意義のあるカードでもない為

積極的に融合素材として活用していく事になるでしょう。

 

 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
手札及び自分フィールドの表側表示のカードの中から、
「シャドール」カード1枚を選んで墓地へ送り、このカードを墓地から特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、このカードが墓地に存在する時に

手札か自分の場の表側表示で存在するシャドールを墓地へ送り

墓地から自身を特殊召喚する蘇生効果です。

モンスターだけでなく魔法罠のシャドールを墓地に送って発動する事も可能な他、

しっかりと効果で墓地へ送るので

各種シャドールの墓地へ送られた効果の発動条件を満たせます。

①の効果と組み合わせて繰り返し融合素材として活用していく事が可能であり

また自然とメインモンスターゾーンに特殊召喚される形となる為、

左右のリンクマーカーを最大限に活かす事が出来ます。

 

 

【シャドール】においてコンスタントに融合を行っていけるカードとして、

そして何よりもEXデッキ召喚枠を簡単に確保できるカードとして重宝します。

一度このカードの蘇生を行えるようになれば

安定してEXデッキ召喚枠を3つ確保する事が可能であり

連続で融合召喚を狙うのも非常にやりやすくなります。

 

 

またこのカードのリンク召喚を狙えるデッキであれば

一部のシャドールを出張させて別のデッキに出張させる手も存在します。

例えば獣族のリバースモンスターである

ライトロード・ハンターライコウや子狸たんたんを採用している場合、

レスキューキャットそれら2体をデッキから呼ぶことでリンク召喚が狙えます。

また②の効果で手札から捨てるシャドールとしては

守備力0のシャドール・ドラゴンが悪夢再びで2枚同時に回収でき

また捨てる際に魔法罠を破壊する効果を持つのでオススメです。

再利用は難しいですが単純にドローが便利なシャドール・ビーストもありです。

簡単に蘇生できEXデッキ召喚枠を増やせるカードというのは

シャドール以外においてもありがたいデッキは多いでしょう。

 

蘇生しやすいLINK-2としてリンク召喚の素材として活用する手もあります。

例えば暗躍のドルイド・ドリュースでシャドール・ドラゴンを蘇生し

蘇生したシャドール・ドラゴンを墓地へ送ってこのカードを出せば

相手の魔法罠を破壊しつつ手札1枚でLINK-3に繋げられます。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:DDD双暁王(そうぎょうおう)カリ・ユガ

7月に発売されるディメンション・オブ・カオスのカードが早くも一部判明しました。 今回紹介するの

記事を読む

遊戯王カード考察:魔界劇団-ティンクル・リトルスター

デビル・ヒールと相性バッチリ!   今回紹介するのはDIMENSION BOX

記事を読む

遊戯王アークファイブ第133話『輝かしきエンタメショー』感想

遊戯王ARC-V134話の感想です。 ユーリの伏せカード「超融合」を見事に当てた榊遊勝。

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:聖珖神竜(せいこうしんりゅう)スターダスト・シフル

今回紹介するのはVジャンプの応募者全員サービスよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王カード考察:身分転換 とりあえず活路エクゾ対策とかに

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:カイザー・ブラッド・ヴォルス

レベル5手札特殊召喚の新たな候補!   今回紹介するのはTHE DARK SI

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:影のデッキ破壊ウイルス

守備力版魔のデッキ破壊ウイルス!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

メタバース:遊戯王カード考察  テラフォーミングの代わりにするかそれとも「ならでは」を活かすか

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:No.(ナンバーズ)24 竜血鬼(りゅうけつき)ドラギュラス

ランク6の新しいエース候補!   今回紹介するのはコレクターズパック「閃光の決

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:花積み、超こいこい、イカサマ御法度

カーディアン本領発揮!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムより

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,666 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑