遊戯王カード考察:鋼鉄の襲撃者(ヘビーメタル・レイダース)

いよいよ今日、デュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-の発売です。

今回紹介するのはそんなレジェンドデュエリスト編2よりこのカードです。

 

 

 

鋼鉄の襲撃者
フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分の機械族・闇属性モンスターは、
それぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されず、
その戦闘で自分が戦闘ダメージを受けた場合、
その数値分だけ攻撃力がアップする。
②:1ターンに1度、
自分フィールドの元々の種族・属性が機械族・闇属性のモンスターが、
戦闘または自身の効果でフィールドのカードを破壊した場合に発動できる。
手札から機械族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

闇属性、機械族サポートとなるフィールド魔法です。

 

メタル・デビルゾアを筆頭にスロットマシーンAM-7や

TM-1ランチャースパイダーなどバンデット・キースのカードが集合しています。

「鋼鉄の襲撃者」はリボルバー・ドラゴンがパッケージを務めるパックと同じ名前で

また原作遊戯王120話のタイトルも鋼鉄の襲撃者となっおり

これもまた城之内VSキースのデュエル回となっています。

何かとバンデット・キースと縁のある言葉だと言えるでしょう。

 

 

①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分の機械族・闇属性モンスターは、
それぞれ1ターンに1度だけ戦闘では破壊されず、
その戦闘で自分が戦闘ダメージを受けた場合、
その数値分だけ攻撃力がアップする。

①の効果はこのカードがフィールドゾーンに存在している間、

自分の闇属性機械族すべてに1ターンに1度だけの戦闘破壊耐性を付与、

さらにその耐性が付与された戦闘で自身が戦闘ダメージを受けた場合に

そのダメージの数値分だけ攻撃力を永続的に上昇させるというものです。

基本的にこの効果で攻撃力を上昇した場合攻撃した相手と同じ攻撃力となる為

次のターンで改めて戦闘破壊耐性を付与しつつ

同じ攻撃力で攻撃してきたモンスターを殴る事が可能です。

実際にこのカードがある状態で相手が素直に攻撃してくれる事はまずありませんが

攻撃の牽制としては十分に機能しますし仮に突破されてしまう場合でも

受ける戦闘ダメージを抑える事ができるでしょう。

攻撃力の上昇は永続の為、わざと自爆特攻して攻撃力を高めるのも1つの手です。

 

 

②:1ターンに1度、
自分フィールドの元々の種族・属性が機械族・闇属性のモンスターが、
戦闘または自身の効果でフィールドのカードを破壊した場合に発動できる。
手札から機械族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。

②の効果は1ターンに1度、

元々の種族と属性が闇属性機械族の自分の場のモンスターが

相手モンスターを戦闘破壊するか自身の効果で場のカードを破壊した場合に

手札から闇属性機械族を特殊召喚するというものです。

特にリボルバー・ドラゴンやデスペラード・リボルバー・ドラゴン、

各種ギミックパペットといった最上級モンスターの展開に重宝します。

A・マインドのようなチューナーを展開してシンクロ召喚に繋げてもいいでしょう。

発動条件となる効果破壊はモンスター、魔法罠どちらでもよく

また自分のカードを破壊したとしても発動する事が可能です。

破壊効果を持つ闇属性機械族はリボルバー・ドラゴン系統のカードの他、

No.15 ギミック・パペット-ジャイアントキラーをはじめとする

ギミックパペットエクシーズやKozmo-ダークシミター等が該当します。

単純に攻撃力の高いSin・サイバー・エンド・ドラゴンでも発動を狙いやすいでしょう。

 

 

リボルバー・ドラゴンを始めとするバンデット・キースのカードは勿論の事、

闇属性機械族が中心の【ギミック・パペット】や【サイバー・ダーク】においても

活躍が見込めるカードとなっています。

特にギミック・パペットは②の効果のトリガーに出来るカードが多く、

手札から特殊召喚できる点もエクシーズ召喚の補助として非常にありがたいです。

 

今後闇属性機械族のカードが増えるたびに注目したいカードですね。

特に「耐性は強いけど戦闘面で心もとない」ってカードが出た場合には

①の効果が非常に活きてきます。

関連記事

遊戯王OCG,10月の制限改定を個人的に予想してみる

新しいリミットレギュレーションが出る10月も近づいてまいりました。 前回7月の制限改定はまさか

記事を読む

鎖付き真紅眼牙(くさりつきレッドアイズ・ファング):遊戯王カード考察 鎖付きシリーズにもなるレッドアイズマジ可能性の竜

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編-よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCG考察:あの禁止カードどもはどうエラッタすれば復帰できるか?その3

昨日の夜、ライフを失くしてバーンの海に濡れていた。 今日の昼、ドローカードを元にエクゾディアを追っ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:破滅竜ガンドラX(クロス)

とりあえず二回出して殴れば大体勝てると思う   劇場版遊戯王の公開日も近づいて

記事を読む

EM(エンタメイト)オッドアイズ・ディゾルヴァー:遊戯王カード考察  EMガトリングールを出しやすくしてくれます

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:ジュラゲド

  今回はデュエリストパック決闘都市編よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:魔帝(まてい)アングマール

今回紹介するのはプレミアムパック18よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG:自分なりのデッキの組み方について

前回の記事でデッキ枚数に関する話を少しさせていただきました。せっかくなので 今回は実際に自分が

記事を読む

遊戯王カード考察:捕食生成(プレデター・プラスト)

フリーチェーンで捕食カウンターばら撒け!   今回紹介するのはディメンションボ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSY(サイ)フレーム・サーキット

ハイスピード・ライダーズのCMも公開されましたね。 今回紹介するのはそのCMで判明したこのカー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:ストームサイファー デメリットだけじゃない2400打点デメリットアタッカー

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

遊戯王カード考察:オルターガイスト・キードゥルガー 場合によっては自爆特攻も考慮

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トポロジック・トゥリスバエナ 魔法罠を除去できる汎用LINK-3、攻撃力も高め

【お詫び:「新月」のボイスについて】 駆逐艦「新月」のボイスですが、

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第31話『終末のトリガー』感想

遊戯王ヴレインズ31話の感想です。 はじまったゴーストガールとリ

遊戯王カード考察:No.(ナンバーズ)5 亡朧竜(もうろうりゅう) デス・キマイラ・ドラゴン

今回紹介するのはプレミアムパック20よりこのカードです。 &nb

→もっと見る

    • 4,875,684 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑