遊戯王カード考察:おジャマパーティ 普通におジャマ単体で使えるほど優秀

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2-よりこのカードです。

 

 

 

おジャマパーティ
永続罠
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。
デッキから「おジャマ」カード1枚を手札に加え、その後手札を1枚選んで捨てる。
②:自分フィールドの、「アームド・ドラゴン」モンスターまたは
機械族・光属性の融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分の手札・フィールド・墓地の「おジャマ」カード1枚を除外できる。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
除外されている自分の「おジャマ」モンスターを可能な限り特殊召喚する。

 

 

おジャマというか万丈目デッキのサポートとなる永続罠です。

 

カード名はパジャマパーティーからもじっているのでしょう。

おジャマトリオが仲良くパジャマパーティーをしています。

おジャマッチングやおジャマ改造が何だったのかって感じの仲良さです。

ダストン柄のベッドがちょっと欲しいです。

 

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに発動できる。
デッキから「おジャマ」カード1枚を手札に加え、その後手札を1枚選んで捨てる。

①の効果は1ターンに1度、お互いのメインフェイズ時に

デッキからおジャマカード1枚を手札に加えた後に

手札を1枚選んで捨てる手札交換効果です。

おジャマジックをサーチしてそのまま墓地に送る事で

そのままイエロー、グリーン、ブラックの3体をサーチする事が可能であり

手札に来た3枚はそのまま次のターンこの効果のコストにする事が出来ます。

他にも2枚目以降のおジャマパーティを捨てて③の効果を発動するのもありです。

1ターンに1度しか発動が出来ませんが

お互いのターンで発動を狙えるだけでも十分すぎるほどに優秀です。

 

 

②:自分フィールドの、「アームド・ドラゴン」モンスターまたは
機械族・光属性の融合モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに自分の手札・フィールド・墓地の「おジャマ」カード1枚を除外できる。

②の効果はアームド・ドラゴンと名の付くモンスター、

もしくは光属性機械族の融合モンスターが戦闘か効果で破壊される場合に

手札かフィールドか墓地のおジャマ1枚を除外する事で身代わりに出来るというものです。

1ターンに1度の制約などは特になく、除外コストにするおジャマさえあれば

実質的に各種VWXYZやアームド・ドラゴンに破壊耐性を付与可能です。

特にアームド・ドラゴン・カタパルトキャノンに耐性を付与できるのが強烈で

フリーチェーンで全体除外を持つカードを相手はブラック・ホールで対処できなくなるので

(1度出す事さえできれば)相当に場持ち性能は高くなります。

またコストとしておジャマを除外する点も③の効果を使う場合

どれだけおジャマを除外できるかがカギを握る為、メリットになりやすいです。

 

 

このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
除外されている自分の「おジャマ」モンスターを可能な限り特殊召喚する。

③の効果は1ターンに1度、このカードが墓地へ送られた場合に

除外されている自分のおジャマを可能な限り徳召喚するというものです。

おジャマ専用の異次元からの帰還とも言うべき効果であり

除外されているおジャマが多ければ多いほど強烈なアドバンテージを生みます。

その上どこからでも墓地へ送られても発動できるので

このカードの①の効果で手札から捨てるなり

おろかな副葬でデッキから墓地に送るなりで簡単に効果を発動可能です。

勿論相手がフィールドのこのカードを破壊したとしても発動できる為、

除外ゾーンに十分におジャマがいれば相手の破壊を躊躇わせる事も出来るでしょう。

 

強力な効果ですが十分な効能を発揮するには多数のおジャマを除外する必要があり

おジャマッチングやおジャマ改造を一緒に併用している場合は特に

除外されているおジャマの取り合いが発生しやすいです。

上手く活かす場合はおジャマをいかに効率よく除外していくかが課題になるでしょう。

凡人の施しや魂の解放などを活用する他、カオスの要素を混ぜてもいいでしょう。

 

 

これおジャマすごい強くなったんじゃないかな

VWXYZやアームド・ドラゴンに関する効果は②の効果のみであり

①と③の効果はおジャマ単体でも機能するものとなっています。

②の効果を発動できれば効率よくおジャマを除外していく事が出来ますが

そうでなくても十分に強力なカードなので

別途おジャマを除外する手段さえ確保できるならば

【おジャマ】を強烈に強化してくれるカードとして活躍してくれます。

 

クセの強い今回の万丈目のカードの中でも特に使いやすい部類と言えるでしょう。

 

 

また②の効果による耐性付与はVWXYZやアームド・ドラゴンに限らず

同じく光属性機械族の融合モンスターを扱う【サイバー】でも活用が可能です。

パワー・ボンドで出したサイバー・エンド・ドラゴンがサイバー・ツイン・ドラゴンが

破壊耐性を得るというのは中々に強烈です。

おジャマ改造も採用できるのでサイバーにおジャマを混ぜるのも選択肢の1つでしょう。

他には召喚獣メルカバーも②の効果で耐性を付与する事が出来るので

【おジャマ】と【召喚獣】を混ぜるという選択肢もあります。

こちらは召喚魔術でおジャマを除外しやすいというメリットがあります。

関連記事

遊戯王アークファイブ第123話『栄光の機械竜』感想

遊戯王ARC-V123話の感想です。 見事BB相手にエンタメデュエルを成功させた遊矢、

記事を読む

遊戯王OCG、2016年7月の制限改定判明!あんまり変わってない!

2016年7月のリミットレギュレーションが判明しました。 前回はがっつりと手が加わり環境に大き

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバース・ホワイトハット 戦闘補助にぴったりでしかも出しやすい

今回紹介するのはSTARTER DECK(2018) よりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ラーの翼神竜-不死鳥(ゴッドフェニックス)

今回紹介するのはMILLENNIUM PACKよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王テーマ考察:アルカナ エクストラジョーカー 戦士族通常モンスターを活用するデッキで

今回紹介するのはPREMIUM PACK 20よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第140話『魂のペンデュラム』感想

遊戯王ARC-V140話の感想です。 沢渡とクロウも倒され零王も倒され 沢渡からペンダン

記事を読む

巨大要塞ゼロス:遊戯王カード考察

ヴァー   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカードです。

記事を読む

星遺物-『星盾』(せいいぶつ せいじゅん):遊戯王カード考察 ザ・壁要因といえる実に盾らしい盾

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。 &

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:電子光虫(デジタル・バグ)-ライノセバス

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

スローライフ:遊戯王カード考察  通常召喚一切活用しないデッキって結構少ないんですよ

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:屍界(しかい)のバンシー アンデットワールド最重要カードと言ってもいいです

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-アンデットワールド-よりこのカ

ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-と一緒に揃えておきたいカードは? アンデット族に欲しいものが大体ある

昨日9月22日に発売されたアンデットワールドR。 収録されて

遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売され

ソード・ワールド2.5ルールブックⅡ登場!新種族「メリア」やバードやフェアリーテイマーなどの仕様変更など

ソード・ワールド2.0のバージョンアップとなるソード・ワールド2.5。

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのは

→もっと見る

    • 5,653,077 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑