遊戯王OCG新カード考察:DDスワラル・スライム

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。

 

 

DDスワラル・スライム
効果モンスター
星2/闇属性/悪魔族/攻 200/守 200
「DDスワラル・スライム」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在する場合、自分メインフェイズに発動できる。
「DDD」融合モンスターカードによって決められた、
このカードを含む融合素材モンスターを手札から墓地へ送り、
その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
②:墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から「DD」モンスター1体を特殊召喚する。

 

 

ブラック企業ディファレント・ディメンション社の融合科の社員。

特殊な融合資格を所持しており契約書無しで融合契約を結ぶ権限を持っている。

すいません嘘です。

 

 

 

新しく判明したDDの新人社員です。

アニメにおいて赤馬零児が遊矢戦で使用したカードであり速攻で融合素材になりました。

 

 

①の効果はDDDの融合モンスターを融合カード無しで特殊召喚できるものです。

スライムと融合ってなんかいやらしいですね!

この手の融合効果を持つモンスターにしては珍しく、

フィールドからでなく手札から融合素材モンスターを墓地に送る必要があります。

フィールドのモンスターを素材に出来ないのはちょっと残念ではありますが

DDは地獄門の契約書でどんどんデッキからサーチする事が可能な為、

召喚権を必要とせずに融合召喚できるのは中々ありがたかったりします。

このカードと他のDDがあれば融合召喚可能というのは非常に条件が緩く、

特にDDD神託王ダルクを出しやすくなるのはDDでは大きな意味を持ちます。

ただ融合素材にDDDが必要とするDDD怒濤壊薙王カエサル・ラグナロク

融合召喚する事が出来ない点は残念な部分とはいえるでしょう。

 

 

②の効果は墓地のスワラルスライムを除外する事により

手札からDDモンスター1体を特殊召喚できる効果です。

これは特に上級、最上級のDDを特殊召喚する場合に真価を発揮する効果で

DD魔導賢者ケプラーを使わなければ召喚の難しいDDD死偉王ヘル・アーマゲドンや

DDD壊薙王アビス・ラグナロクも場に出せる機会がぐっと増えるでしょう。

ペンデュラムスケールをセッティングする必要が無い為、DDパンドラの効果も

幾分か発動しやすくなります。(それでも契約書を多用するDDでは厳しいけど)

 

 

何気にDDの中では唯一のレベル2のモンスターです。

DDナイト・ハウリングで蘇生すればヘル・ツイン・コップや

幻層の守護者アルマデスのシンクロ召喚が可能になります。

スワラルスライムと一緒に採用しておくと役に立つ場面も出るかもしれません。

特にペンデュラム召喚を狙わないDDにおいて活躍するカードだと思います。

 

 

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

トランス・デーモン

除外されている闇属性モンスターを手札に加える事が可能なカードです。

効果で除外したスワラルスライムを回収し再び①と②の効果を使用できます。

同じく闇属性の悪魔族なのでDDにも採用がしやすいでしょう。

闇次元の解放にも対応していますが場に出すより手札に戻した方が都合がいいでしょう。

 

 

DDD壊薙王アビス・ラグナロク

DDの中でも特にスワラルスライムと抜群の相性を誇るカードと言えます。

②の効果によりアビスラグナロクを簡単に場に出す事が出来る上、

さらに①の効果によりペンデュラムモンスターでも問題なく墓地に送る事が出来るため、

アビスラグナロクのモンスター効果を非常に活かしやすくなります。

DDD烈火王テムジン召喚を融合召喚していればさらにモンスターを展開できるでしょう。

融合召喚のサポート用に作られているスワラルスライムですが融合召喚だけでなく

DDD双暁王カリ・ユガのエクシーズ召喚も強くサポートしてくれるカードと言えます。

関連記事

集いし願い:遊戯王カード考察

多分これが1番オーバーキルできると思います   今日ついに20th ANNIV

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:Kaiju(壊獣)”EXTRA PACK 2016″

2016年9月10日にEXTRA PACK 2016が発売されます。 コズモやバージェストマな

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ブンボーグ009(ゼロゼロナイン)

脳筋の彼方へ・・・・・・     シャイニング・ビクトリーズの

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ロングフォーン・ブル

ワグナス!ペンデュラムサーチできなくなってた!   今回紹介するのは今回紹

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:沈黙の剣士-サイレント・ソードマン、沈黙の剣

今回紹介するのはデュエリストパック-王の記憶編-よりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:鬼(おに)くじ

ゴブリン「スカってなんだよスカって・・・・・・」 今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2

記事を読む

遊戯王カード考察:ヴァンパイアの領域 重要なライフ回復手段、複数発動も十分アリ

今回紹介するのはデッキビルドパック ダーク・セイヴァーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王カード考察:オルターガイスト・マルチフェイカー オルターガイスト専用、かと思いきや案外・・・

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。   &n

記事を読む

遊戯王カード考察:ドラグニティ・ドライブ 特殊召喚の制約はまあなんとかなります

今回紹介するのはCYBERNETIC HORIZONよりこのカードです。  

記事を読む

覇王門零(はおうもんゼロ):遊戯王カード考察

レベル1ペンデュラムを愛用している人達へ・・・   今回紹介するのはマキシマム

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:エルフェーズ サイバネット・バックドアと相性よし リンク素材にするだけが芸じゃない

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:プロフィビット・スネーク 毎ターン回収可能な戦闘サポート

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第57話『雲上の決戦』感想

遊戯王ヴレインズ57話の感想です。  

遊戯王カード考察:シューティングコード・トーカー 攻撃力を上昇させるメリットがでかい

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-マスター・リンク-よりこのカード

遊戯王カード考察:G戦隊 シャインブラック 意外と充実している地属性昆虫族通常モンスター

7月にジャンプビクトリーカーニバル2018が行われます。 今回紹

→もっと見る

    • 5,407,932 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑