遊戯王カード考察:水精鱗(マーメイル)-サラキアビス フリーチェーンで海皇の効果発動可能

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パック)よりこのカードです。

 

 

 

水精鱗-サラキアビス
リンク・効果モンスター
水属性/海竜族/攻1600/LINK-2
【リンクマーカー:左下 右下】
\ ↑ /
←   →

魚族・海竜族・水族モンスター2体
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先のモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。
②:相手ターンに手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから「水精鱗」モンスター1体を手札に加える。
③:このカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合、
デッキから水属性モンスター1体を墓地へ送り、
自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

 

 

マーメイルの新規となるリンクモンスターです。

 

ビフォー

アフター

水精鱗-アビストリーテが服装をリニューアル、

さらに下半身が魚から人間のものとなっており完全な人型となっています。

名前の由来は恐らくローマ神話に登場する海水の女神、サラーキアからでしょう。

ギリシャ神話の女神、アムピトリーテー(恐らくアビストリーテのモデル)と

同一視される事がありアビストリーテを元にしているのもそこが理由でしょう。

ちなみにサラーキアはネプトゥーヌスの妻であり

このネプトゥーヌスをモチーフにしたモンスターに海皇子 ネプトアビスがいます。

もしかしたらサラキアビスとネプトアビスは夫婦の関係なのかもしれませんね。

人妻ですよ人妻!

 

 

【リンクマーカー:左下 右下】
魚族・海竜族・水族モンスター2体

リンク素材には魚族、海竜族、水族のいずれかから2体を要求しています。

マーメイルは全てこの3種族のうちのどれかに該当している為

問題なくリンク召喚を行う事ができるでしょう。

海皇も全て海竜族なのでまったく問題ありません。

それ以外にもガエルにグレイドルにバージェストマ、

あとアクアアクトレスあたりでもリンク召喚を狙っていけるでしょう。

他にも深海のディーヴァなどからリンク召喚を狙う事が可能です。

この3種族に該当していれば水属性以外でもOKですが

効果の方に水属性サポートがある他、この3種族は大抵水属性なので

基本的に水属性デッキで使う事になるでしょう。

概ねマスター・ボーイよりちょっと縛りがきついぐらいの感覚です。

リンクマーカーは安心と信頼の左下と右下です。

 

 

①:このカードのリンク先のモンスターの攻撃力・守備力は500アップする。

①の効果はリンク先のモンスターの攻撃力守備力を500させる強化効果です。

マスター・ボーイの効果と似ていますがリンク先しか強化できない代わりに

水属性以外も強化可能となっています。

自身を強化できない点が少し痛いですが

仲間モンスターの支援としては十分に役立ってくれるでしょう。

 

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
②:相手ターンに手札を1枚墓地へ送って発動できる。
デッキから「水精鱗」モンスター1体を手札に加える。

②の効果は相手ターン中に1度、手札を1枚墓地へ送る事で

デッキからマーメイル1体を手札に加えるという手札交換効果です。

相手ターンにしか発動できませんが各種海皇が持つ

「水属性モンスターの効果を発動する為に墓地へ送られた時」

という発動条件を満たす事が可能でなおかつフリーチェーンなのがポイントで

相手ターン中に海皇の重装兵をコストにして破壊効果を発動、

相手の展開を妨害するといった芸当も可能です。

海皇の他アビスグンデの効果発動のトリガーにしてもいいでしょう。

 

 

このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
③:このカードが相手モンスターの攻撃または相手の効果で破壊された場合、
デッキから水属性モンスター1体を墓地へ送り、
自分の墓地の水属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。

③の効果は1ターンに1度、このカードが相手の攻撃か相手の効果で破壊された場合に

デッキから水属性モンスター1体を送る事で

自分の墓地の水属性モンスター1体を守備表示で特殊召喚する蘇生効果です。

相手依存になりますが墓地肥やしをしつつさらに蘇生までするという強烈な効果で

相手はうかつにこのカードを破壊する事が出来なくなるでしょう。

こちらも各種海皇の効果のトリガーにできしかもデッキから直接発動可能です。

発動できればかなり強い効果でありこの効果を発動させる為に、

相手のブラック・ホールなどにチェーンして

破壊される為だけにリビングデッドの呼び声などでこのカードを蘇生してもいいでしょう。

 

 

マーメイル用の効果を持ちつつも②の効果と③の効果で

海皇の効果発動のトリガーとして活用できる全力で海皇に媚売ってるカードです。

②の効果も③の効果も相手ターン向けの効果であり

攻めよりも守りにおいて真価を発揮するカードです。

②の効果を考慮しなくても①と③の効果だけでも水属性デッキ全般で有用であり

このカードを出せるデッキであれば積極的に採用していいカードだと思います。

関連記事

『タイミングを逃す』:今から知っても遅くない遊戯王用語解説、キーワードは「時」と「できる」!あと「その後」!

遊戯王に新しく導入されるリンク召喚、そして新マスタールール。 今回のルール変更はあまりにも今ま

記事を読む

サイバネット・ユニバース:遊戯王カード考察

墓地の再利用と妨害を兼ねるフィールド魔法!   今回紹介するのはスターターデッ

記事を読む

熱き決闘者たち(あつきデュエリストたち):遊戯王カード考察

3つの特徴的な効果を使いこなせ!   今回紹介するのは20th ANNIVER

記事を読む

妖精伝姫(フェアリーテイル)-カグヤ:遊戯王カード考察

今度のフェアリーテイルは日本からだ!   今回紹介するのはマキシマム・クライシ

記事を読む

超重武者(ちょうじゅうむしゃ)コブ-C(シー):遊戯王カード考察  まさかの超重武者専用レベルスティーラー

今回紹介するのはコレクターズパック2017よりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:聖戦士カオス・ソルジャー

待ちに待った大逆転裁判を入手できてちょっと興奮が抑えきれないユリポエです。 でも頑張ってブログ

記事を読む

遊戯王OCGテーマ考察:サイバー・エンジェル “閃光の決闘者編”

ARC-VにGXからなんと天上院明日香が登場する事になりました! その影響もあってかサイバー・

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第32話『ハノイの塔』感想

遊戯王ヴレインズ32話の感想です。 リボルバーに敗れ去ってしまったゴーストガール。 彼女

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:EM(エンタメイト)モンキーボード

今回紹介するのはブレイカーズ・オブ・シャドウよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-アイス・ベル

展開しながらバーンダメージ!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:再臨の帝王 素直にリリース要員に使う以外ではエクシーズ素材とかにも

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:E・HERO(エレメンタルヒーロー) ソリッドマン HERO専用おまけ付きゴブリンドバーグ

本日1月20日、Vジャンプ3月号が発売されます。 今回紹介するの

遊戯王カード考察:トリックスター・シャクナージュ 墓地からの除外狙ってみる?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:トリックスター・デビルフィニウム リンカーネイションの再利用手段にどうぞ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第35話『もう一つのロスト事件』感想

遊戯王ヴレインズ35話の感想です。 前回のあらすじ:スペ

→もっと見る

    • 4,980,048 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑