遊戯王カード考察:ファイヤーオパールヘッド 3体目のスケール0、ランスフォリンクスとセットでどうぞ

今回紹介するのはデュエリストフェスティバル2017で配布されたこのカードです。

 

 

 

ファイヤーオパールヘッド
ペンデュラム・通常モンスター
星6/炎属性/恐竜族/攻2500/守1000
【Pスケール:青0/赤0】
【モンスター情報】
熱く燃えたぎる石頭の恐竜番長。
ダイナミックな動きと炎で敵を翻弄し、
必殺のファイヤーオパールヘッドをお見舞いする。

 

炎属性恐竜族のレベル6ペンデュラム通常モンスターです。

 

足や頭部を真っ赤にもやしながら火山を駆け走る恐竜です。

石頭の恐竜番長とフレーバーテキストに書いてあり

石頭としての「ヘッド」と番長としての「ヘッド」を同時にかけています。

恐らくは率いている一段の名前が「ファイヤーオパール」なのでしょうね。

そして必殺技名に自分の名を冠しているあたり中々自尊心が高そうです。

 

ファイヤーオパールというのは宝石のオパールの一種で

オパールの中でも赤、橙、金色のものがこう呼ばれます。

メキシコオパールという別名もありオパールでの産出が盛んです。

このカードの場合「燃える頭」と「(宝)石頭」という2つの意味があるのでしょう。

 

 

覇王門零、ペンデュラムーチョに続く3体目のスケール0です。

他の2体と比較するとペンデュラム効果、モンスター効果共に一切ありませんが

その代わりとして通常モンスターという事で召喚師のスキルに対応しており

また恐竜族という事で化石調査にも対応しています。

もっと言えば魂喰いオヴィラプターでもサーチが可能です。

スケール0の中でも特にサーチしやすいペンデュラムと言えるでしょう。

単純に3体目のスケール0という事で

ペンデュラム・パラドックスでスケール0を回収しやすくなる点も魅力です。

 

 

また攻撃力が2500と十分な数値を持っているのも特徴です。

他のスケール0がいずれも攻撃力0という体たらくなので

アタッカー要員も欲しい場合はこのカードの出番となります。

レベル6なのでスケール7が用意できるならペンデュラム召喚が可能であり

アタッカー用のペンデュラムの中でもかなり出しやすい部類です。

 

 

同じくレベル6恐竜族通常ペンデュラムにランスフォリンクスが存在します。

あちらはスケール7でありこのカードと一緒に合わせる事で

レベル1~6までのペンデュラム召喚が可能になります。

召喚師のスキルや化石調査、その他もろもろの恐竜族サポートを共有可能であり

状況に応じてスケールの足りない方をサーチするのに適しています。

ランスフォリンクスが持つ通常モンスターに貫通効果を付与するペンデュラム効果も

ファイヤーオパールヘッドにとってありがたいものであり

もっと高いスケールが欲しいとかサーチしなくても高スケールの確保に困らないとかでなければ

ファイヤーオパールヘッドとランスフォリンクスを一緒に採用するといいでしょう。

ちなみに2枚とも攻撃力2500と

ペンデュラム通常モンスターの中で最高打点を誇ります。

関連記事

天空賢者(エンジェルセージ)ミネルヴァ:遊戯王カード考察  天空の聖域があればカウンター罠回収可能、打点としても優秀

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-神光の波動-よりこのカードです。  

記事を読む

螺旋のストライクバースト:遊戯王カード考察

状況を選ばず活用できる優等生!   今回紹介するのは20th ANNIVERS

記事を読む

旋風機(せんぷうき)ストリボーグ:遊戯王カード考察  リリース素材を手札に戻す新時代のアドバンス召喚!

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

コード・トーカー:遊戯王カード考察

9月9日から各種店舗においてカードが貰える リンクモンスターGETキャンペーンが開催されます。

記事を読む

遊戯王カード考察:サイバーロード・フュージョン サイバー流速攻魔法版平行世界融合

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:剛鬼死闘(ごうきデスマッチ) デッキから可能な限りっておま・・・

今回紹介するのはLINK VRAINS BOX(リンク・ヴレインズ・ボックス)よりこのカードです。

記事を読む

ワンタイム・パスコード:遊戯王カード考察  制約の緩いトークン生成カード!シンクロ素材にリリース要因になんでもござれ

今回紹介するのはサーキット・ブレイクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:A-アサルト・コア、B-バスター・ドレイク、 C-クラッシュ・ワイバーン

公式はユニオンを見捨てていなかった!   今回紹介するのはストラクチャーデッキ

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第34話『聖なる天樹』感想

遊戯王ヴレインズ34話の感想です。 今年最初のヴレインズですね。 スペクターの聖天樹デッ

記事を読む

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのはその付録としてついてくるこのカ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:屍界(しかい)のバンシー アンデットワールド最重要カードと言ってもいいです

今回紹介するのはストラクチャーデッキR-アンデットワールド-よりこのカ

ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-と一緒に揃えておきたいカードは? アンデット族に欲しいものが大体ある

昨日9月22日に発売されたアンデットワールドR。 収録されて

遊戯王カード考察:死霊王 ドーハスーラ 何気にアンデット族以外でも有用

本日9月22日、ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-が発売され

ソード・ワールド2.5ルールブックⅡ登場!新種族「メリア」やバードやフェアリーテイマーなどの仕様変更など

ソード・ワールド2.0のバージョンアップとなるソード・ワールド2.5。

遊戯王カード考察:コード・ジェネレーター マイクロ・コーダーやコード・ラジエーターの仲間が増えました

Vジャンプ11月号が9月21日に発売されます。 今回紹介するのは

→もっと見る

    • 5,653,077 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑