遊戯王カード考察:ベクター・スケア・デーモン まずはアンダークロックテイカーを出そう

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

ベクター・スケア・デーモン
リンク・効果モンスター
闇属性/サイバース族/攻2400/LINK-3
【リンクマーカー:上 右 左下】

←  
↓ \
サイバース族モンスター2体以上
①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに、
破壊したそのモンスターを特殊召喚する。
この効果で相手フィールドにモンスターを特殊召喚した場合、
このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

 

闇属性サイバース族のLINK-3リンクモンスターです。

デーモンと名前がついていますがサイバース族です。

VRAINSにおいてプレイメーカーがAIデュエリスト戦で使用したカードで

スキル「ストームアクセス」で入手した後にリンク召喚、

その効果で攻撃力0のテンタクラスター・ノーチラスを2回攻撃し

後攻1ターンキルを決めました。

このカードの入手背景には

「SOLテクノロジー社のデータバンク内ではどんなカードが手に入るか?」

という一種の検証的な意味も含まれています。

 

紫のマントに身を包んだ銀色の悪魔風のモンスターです。

禍々しさを感じつつも中々スタイリッシュなデザインです。

スケアというのは「怖がらせる」という意味でありコンピューター用語では

ユーザーの恐怖心を煽り金銭や個人情報を奪い取るスケアウェアというものがあります。

よく見るのはセキュリティソフトを装って

「ウィルスに感染しているのでこれを買って対処しよう!」って詐欺ってくる奴ですね。

ベクターという言葉の意味は色々ありますがこの場合は感染症の媒介者でしょうか。

まあデュエリストにとってはこいつが真っ先に思い浮かぶと思いますが

繋げると「スケアウェアをばらまく悪魔」的な意味合いの名前でしょうか。

入手経路が特殊な為かあまりプレイメーカーのカードらしくないですね。

 

 

 

 

【リンクマーカー:上 右 左下】
サイバース族モンスター2体以上

リンク素材にはサイバース族モンスター2体以上を指定しています。

サイバース・ガジェットから適当なLINK-2サイバース族リンクに繋げつつ

ガジェット・トークンと合わせてリンク素材にするのが手っ取り早い出し方でしょう。

ただ効果の発動にはもう1体モンスターリリースする必要がある為

合計4体のモンスターを用意できる状況が理想的です。

リンクマーカーは上、右、左下と中々独特な向きをしています。

効果の関連上連続攻撃を狙うのであればEXモンスターゾーンに出す事になりますが

そうでなければEX、メインモンスターゾーンどちらでもいけます。

 

 

①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
このカードのリンク先の自分のモンスター1体をリリースして発動できる。
このカードのリンク先となる自分・相手フィールドに、
破壊したそのモンスターを特殊召喚する。
この効果で相手フィールドにモンスターを特殊召喚した場合、
このバトルフェイズ中、このカードはもう1度だけ攻撃できる。

その効果は相手モンスターを戦闘破壊で墓地に送った時に、

リンク先の自分モンスター1体をリリースする事で

リンク先のモンスターゾーンに破壊したモンスターを特殊召喚できます。

この時、相手フィールドにモンスターを特殊召喚した場合は

連続攻撃を行う事が可能となります。

特殊召喚したモンスターに特に制約が発生したりはせず

また表示形式の指定も無い為、特殊召喚したモンスターでそのまま攻撃が可能です。

 

相手の場に出すのは基本的にはディスアドバンテージになりますが

サンドバッグを用意して殴れば相手のライフを削り切れるという場面もあるので

そういう時には積極的に狙っていくといいでしょう。

壁として出していた守備表示のモンスターを攻撃表示で相手の場に出して

改めてぶん殴ってダメージを与えるという芸当も可能です。

黄泉ガエルあたりを壁として出してきた場合には狙ってやりましょう。

墓地に送る必要があるのでトークン等を戦闘破壊しても特殊召喚できない点は注意です。

 

 

 

No.32 海咬龍シャーク・ドレイクとゴヨウ・ガーディアンを

いい感じにミックスしたようなリンクモンスターです。

リリース要因が必要かつ攻撃力2400と上記2体よりやや低めなのが気になりますが

攻撃力に関してはこのカードを出す前にアンダークロックテイカーを出し

そちらであらかじめ相手の攻撃力を下げておく事でフォローが可能です。

モンスター4体を用意しつつまずはアンダークロックテイカーをリンク召喚、

アンダークロックテイカーの効果で相手の攻撃力を下げたうえで

アンダークロックテイカーともう1体でこのカードをリンク召喚、

最後の1体をリリース要員にして攻撃、とする流れが出来れば理想的です。

これが出来れば高い攻撃力のモンスターも戦闘破壊する事が可能であり

そのモンスターを奪ってさらに攻撃する事が出来るので中々に美味しいです。

関連記事

遊戯王OCG新カード考察:シンクローン・リゾネーター

今回紹介するのはハイスピード・ライダーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:マシュマカロン

何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!   今回紹介するのはTHE DARK

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ランスフォリンクス、竜角の狩猟者、ドラコニアの獣竜騎兵、ドラコニアの海竜騎兵

今回紹介するのはEXTRA PACK 2015よりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王アークファイブ第80話『次元を超えた再開』感想

遊戯王ARC-V80話の感想です。 「使えないカードなんてない」という事を周囲に伝える事が出来

記事を読む

No.(ナンバーズ)70 デッドリー・シン:遊戯王カード考察

このカードのおかげで出来る事は結構多いです   今回紹介するのはプレミアムパッ

記事を読む

遊戯王カード考察:破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ

フィールドも墓地も全て除外してしまえ   今回紹介するのは12月19日に発売さ

記事を読む

絶縁の落とし穴:遊戯王カード考察  相手がリンクモンスター使わない?自分でリンク召喚すればいいじゃない!

今回紹介するのはコード・オブ・ザ・デュエリストよりこのカードです。   &nb

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:クリストロン・インパクト、クリストロン・エントリー、クリスタルP(ポテンシャル)

全部強いです。   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェノムよりこのカー

記事を読む

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第21話『新たな闘いの火種』感想

遊戯王ヴレインズ21話の感想です。 財前晃とのデュエルに勝利したプレイメーカーは ハノイ

記事を読む

遊戯王カード考察:滅びの呪文-デス・アルテマ

対象を選ばない裏側表示の除外!ブラフとしても使える!   今回紹介するのは20

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,339,732 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑