遊戯王OCG新カード考察:法眼の魔術師

Vジャンプのレジェンダリーコレクション、皆さんは入手できたでしょうか?

ホープゼアルは人気出ると思うので対策はしっかりとしておきましょう。

禁じられた聖杯とかオススメです、速攻魔法なので手札からそのまま打てます。

 

今回紹介するのはこのカードです。

 

 

法眼の魔術師
ペンデュラム・効果モンスター
星7/光属性/魔法使い族/攻2000/守2500
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、手札のPモンスター1体を相手に見せ、
自分のPゾーンの「魔術師」カード1枚を対象として発動できる。
その「魔術師」カードのPスケールはターン終了時まで、
見せたPモンスターのPスケールと同じになる。
【モンスター効果】
①:このターンにP召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「魔術師」Pモンスターは相手の効果では破壊されない。

 

 

マスター・オブ・ペンデュラムに先駆けてやってきた新しい魔術師です。

魔術師ペンデュラムもすっかり大所帯になって来ましたね。

ちょっとサンライズ立ちっぽい構えが印象的です。

手に持ってるのが赤ちゃんのガラガラに見えたのは内緒です。

 

ペンデュラム効果はペンデュラムゾーンの魔術師のスケールを

手札のペンデュラムモンスターと同じにするというものです。

この効果により時読みの魔術師や相生の魔術師の条件を満たせない場合でも

その高いスケールを発揮する事が可能になります。

またスケールを変化させる対象こそ魔術師カードに限定されていますが

手札から見せるペンデュラムモンスターは魔術師に限定されていません。

DD魔導賢者ケプラーやブンボーグ005があればレベル8、レベル9の

モンスターをペンデュラム召喚する事も可能になります。

制限なしにこのレベルのペンデュラム召喚が行える貴重な方法の1つです。

特に DD魔導賢者ケプラーのデメリットを気にしないでいいというのは

高いレベルのDDをペンデュラム召喚したい場合にも重宝するでしょう。

 

 

モンスター効果はこのカードをペンデュラム召喚したターン、

魔術師ペンデュラムを効果破壊から守るというものです。

これによりペンデュラム召喚の天敵の1つである奈落の落とし穴から

仲間の魔術師ペンデュラムを守る事が出来ます。

魔術師ペンデュラムを扱う場合ならこのカードを一緒にペンデュラム召喚するだけで

その安心感はがらりと変わってくるでしょう。

ただしあくまでモンスター扱いとなっている魔術師ペンデュラム限定なので

ペンデュラムゾーンにいる魔術師カードまで身を守る事は出来ません。

 

 

ペンデュラム効果、モンスター効果共に魔術師ペンデュラムにとっては

かゆい所に手が届くありがたいカードと言えるでしょう。

またレベル7の魔術師の1体なのでレベル7のエクシーズ召喚を狙いたい場合にも

採用が見込めるモンスターといえます。

特にスケール8で同じくレベル7の竜穴の魔術師とはセットで活躍できるでしょう。

 

 

以下は個人的に相性がいいと思われるカードを挙げていきます。

※カード名をクリックでwikiを表示します

 

EMトランプ・ウィッチ

トランプウィッチはスケール4と扱いにくいスケールを持っていますが

自身のペンデュラムスケールを変化させる事のできる法眼の魔術師ならば

柔軟にペンデュラム召喚をする事も可能になり、トランプウィッチによる

融合効果も発揮しやすくなるでしょう。

強力な効果を持つオッドアイズ・ボルテックス・ドラゴンの召喚に役立つ他、

法眼の魔術師はレベル7である為ルーンアイズ・ペンデュラム・ドラゴンの

性能も十二分に発揮する事が可能になります。

特に高レベルのペンデュラム召喚を中心に狙うデッキにオススメです。

 

 

 

賤竜の魔術師

魔術師ペンデュラムはランク7のエクシーズ召喚をする機会が結構あり、

法眼の魔術師も墓地にいってしまう事が多いです。

賤竜の魔術師のモンスター効果で墓地から法眼の魔術師を回収すれば、

再び法眼の魔術師のペンデュラム召喚が可能になります。

また法眼の魔術師のペンデュラム効果でスケールを変化させたい場合にも

賤竜の魔術師の回収効果は有効に働いてくれるでしょう。

唯一スケールが被っている事が残念ですが法眼の魔術師でスケールを変化させれば

フォローはいくらでも可能でしょう。

関連記事

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第64話『ターニング・ポイント』感想

遊戯王ヴレインズ64話の感想です。   前回のあらすじ:↑これ演技でし

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:DDD怒濤壊薙王(どとうかいちおう)カエサル・ラグナロク

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

遊戯王カード考察:おろかな重葬(じゅうそう) そろそろ眷竜スターヴ許されなさそう

今回紹介するのはSOUL FUSION(ソウル・フュージョン)よりこのカードです。  

記事を読む

魅幽鳥(みくらとり):遊戯王カード考察 デメリットなし2300打点ってだけでも強いのに

ようやくここら辺も夜あたりには涼しさが感じられるようになってきました。 暑がりな自分にとってこ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:青き眼の賢士(けんし)、青き眼の護人(もりと)

今回紹介するのはシャイニング・ビクトリーズよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:ドラコニアの翼竜騎兵(Sky Dragoons of Draconia)

意外と貴重な鳥獣族ペンデュラム   今回紹介するのはEXTRA PACK 20

記事を読む

遊戯王アークファイブ第101話『銀河の眼(まなこ)』感想

遊戯王ARC-V101話の感想です。 遊矢、沢渡、権現坂が出会ったエクシーズ次元のデュエリスト

記事を読む

マスター・オブ・ペンデュラムと一緒に揃えておきたいカードは?財布と相談だ!

6月20日土曜日、いよいよマスター・オブ・ペンデュラムの発売ですね。 数多くの魅力的な新カード

記事を読む

遊戯王カード考察:ブラック・バード・クローズ んもー、クロウ君ってばすぐ手札から罠発動する

今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編3-よりこのカードです。 &nbs

記事を読む

幻想魔術師(マジカルイリュージョニスト)・ノー・フェイス:遊戯王カード考察 サクリファイス用の優秀な蘇生要員

なんかまた暑くなってきました? 今回紹介するのはデュエリストパック-レジェンドデュエリスト編2

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
    • 5,563,482 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑