パワーコード・トーカー:遊戯王カード考察 今度のコードトーカーは脳筋担当

12月9日に新しいストラクチャーデッキ、パワーコード・リンクが発売されます。

今回紹介するのはそのパワーコード・リンクからこのカードです。

 

 

 

パワーコード・トーカー
リンク・効果モンスター
炎属性/サイバース族/攻2300/LINK-3
【リンクマーカー:左 右 左下】
\ ↑ /
←   →
↓ \
モンスター3体
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。
②:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、
このカードのリンク先の自分モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力の倍になる。

 

 

コード・トーカー、デコード・トーカー、エンコード・トーカー、

エクスコード・トーカーに続く5体目のコード・トーカーです。

やはり攻撃力は2300であり今回は炎属性のコード・トーカーです。

 

赤、金、白と実にヒーローらしいカラーリングを基調としたコード・トーカーです。

炎属性という面も相まってコード・トーカーの中では

一番主役ロボっぽい雰囲気を醸し出しています。

なんとなくナイツ&マジックのグゥエールを思い出させるカラーリングです。

そして武器は腕に装着するタイプのハサミ状のクローです。

なんとなく射出も出来そうな形状してますね。

パワーコードというのは主にロック・ギターの演奏技法として使われる言葉ですが

この場合は電源コードの事だと思われます。

 

 

【リンクマーカー:左 右 左下】
モンスター3体

リンク素材にはモンスター3体を要求しています。

リンク素材に一切の制限がありませんが必ずモンスター3体を要求している為、

LINK-2のモンスターを使って素材数を軽減といった事はできません。

とはいえ何でもいいのでモンスター3体を揃えればいいというのはかなり条件が緩いです。

ある程度展開力に優れたデッキであれば問題なくリンク召喚を狙えるでしょう。

②の効果を考えればさらにもう1体リリース要因を確保する事が望ましいです。

リンクマーカーは左右と左下の計3か所であり

丁度ヴァレルロード・ドラゴンから右下部分のみ消えたような配置となっています。

ややメインモンスターゾーン向きのリンクマーカーだと言えますが

EXモンスターゾーン、メインモンスターゾーンどちらに置いても機能してくれます。

 

 

①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。

①の効果は1ターンに1度、

場の表側表示のモンスターの効果をそのターンの間無効にするというものです。

主に破壊耐性のあるモンスターの効果を無効して破壊できるようにしたり

戦闘時に発動する効果を封じて安全に攻撃する為に使う事になるでしょう。

また自分のモンスターにも使用する事が出来る為、

神獣王バルバロスやクリフォートなどの攻撃力を元に戻す使い方もあります。

 

 

②:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に、
このカードのリンク先の自分モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、元々の攻撃力の倍になる。

②の効果は相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に

リンク先のモンスター1体をリリースする事で

そのダメージ計算時の間だけ攻撃力を元々の数値の倍にするというものです。

これによりリリース要因さえいれば4600打点として機能する事が可能です。

4600というのは現在の全てのリンクモンスターの中でも有数の数値であり

①の効果と破壊耐性も突破できるので大抵の相手を戦闘破壊する事ができるでしょう。

スケープ・ゴートを使えば丁度このカードのリンク召喚と

リリース要因の確保を同時に行う事が可能です。

あくまでモンスターと戦闘を行う時限定で

直接攻撃時には効果を発動できない点には注意しましょう。

 

 

リンク版ホープ・ザ・ライトニングといった趣きのあるカードです。

あちらより打点がやや低くリリース要員も必要ですが

破壊耐性などの永続効果にも対処する事が出来るのは見逃せないポイントです。

各種コードトーカーの中でも非常に分かりやすい打点要員として

とにかくモンスターを戦闘破壊したい場合に活躍してくれます。

EX、メインモンスターゾーンどちらでも一定の活躍が出来る事から

リコーデッド・アライブとも高相性です。

シンプルに強く素材指定も緩いためサイバース族デッキに限らず

様々なデッキで活用させる事ができるでしょう。

 

 

それにしてもコード・トーカー、かなり速いペースで新しいカード来ますね。

全属性が揃う日もそう遠くないでしょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:DDD極智王(きょくちおう)カオス・アポカリプス

とうとう今年もあと1ヶ月です。 ペンデュラム・ドミネーションのCMが発表されましたね。

記事を読む

究極変異態・インセクト女王(クィーン):遊戯王カード考察 ちゃんとトークン守備表示で出せます

こちらはなんとか台風が通過しました。 でもまた少し暑くなってきました? 今回紹介するのは

記事を読む

デュアル・アセンブルム:遊戯王カード考察 対象に取らない除外効果!攻撃力低下はバックドアでフォローしよう

今回紹介するのはサイバース・リンクよりこのカードです。    

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:真竜皇(しんりゅうおう)リトスアジムD(ディザスター)

新たなるエクストラデッキメタ降臨   今回紹介するのはレイジング・テンペストよ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:EM(エンタメイト)ロングフォーン・ブル

ワグナス!ペンデュラムサーチできなくなってた!   今回紹介するのは今回紹

記事を読む

遊戯王アークファイブ第116話『太陽と月の守護者』感想

遊戯王ARC-V116話の感想です。 前回セレナの裏切りにあい柚子を攫われてしまいましたが

記事を読む

【天気】:遊戯王テーマ考察 範囲型の永続魔法、永続罠を駆使してフリーチェーンしまくれ

今日8月11日、いよいよスピリット・ウォリアーズの発売です。 今回はそれに登場する新テーマ、天

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:超カバーカーニバル

さあカバよ!今こそお前が輝く時だ!   今回紹介するのはザ・ダーク・イリュージ

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:PSYフレームギア・β、PSYフレームギア・δ、PSYフレームギア・ε

ハイスピード・ライダーズの発売も近づいてきましたね。 既に収録カードリストが判明した模様です。

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:D-HERO(デステニーヒーロー) ディストピアガイ

デステニーヒーローの新たなる看板モンスター   今回紹介するのはデステニー・ソ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    強くて紅くて効果もシンプルでイラストもかっこいい(小並感)。

  2. 匿名 より:

    いまやスケープゴート一枚から4600+効果無効がとんでくる時代… 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:聖騎士の追想 イゾルデ ボールスに続くまとまった聖剣墓地肥やし手段

いよいよ今日、LINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・パ

遊戯王カード考察:インヴェルズ・オリジン 激流葬あたりと組み合わせよう

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王カード考察:フレッシュマドルチェ・シスタルト 魔法罠を守る優しいシスター

今回紹介するのはLINK VRAINS PACK(リンク・ヴレインズ・

遊戯王VRAINS(ヴレインズ)第28話『三騎士、最後の将』感想

遊戯王ヴレインズ28話の感想です。 惜しくもロンリーブレイブの前

遊戯王カード考察:トラフィックゴースト 待望の下方向3つの汎用LINK-3

今回紹介するのはストラクチャーデッキ-パワーコード・リンク-よりこのカ

→もっと見る

    • 4,815,283 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑