GUYダンス:遊戯王カード考察 とりあえず複数同時展開の妨害にはなるかな

今回紹介するのはEXTREME FORCE(エクストリーム・フォース)よりこのカードです。

 

 

 

GUYダンス
通常罠
このカード名の効果はデュエル中に1度しか適用できない。
①:使用していない相手のメインモンスターゾーンを1ヵ所指定して発動できる。
指定したモンスターゾーンが使用可能である限り、
相手がメインモンスターゾーンにモンスターを通常召喚・特殊召喚する場合、
そのゾーンしか使用できない。
この効果は指定したゾーンにモンスターゾーンが置かれるまで適用される。

 

 

汎用の通常罠です。

お前何やってんだグレファァァァァァァ!!

イラストではダイ・グレファーが異次元の女戦士に求愛ダンスを披露してます。

一方の異次元の女戦士、すっげー嫌そうな表情です

なんというかもう「生理的に駄目」感を全身で表現しています。

前々からダイ・グレファーは異次元の女戦士を執拗に追い掛け回す変質者扱いされてましたが

今回とうとう本格的にネタキャラ化してきました。

背景は混沌空間に似ています。

異次元の女戦士がグレファーを道連れに除外した後の出来事なんでしょうか。

そしてうしろのおっさん2人は誰だ

どこから来た。なんでこんな場所でギター弾いてんだ。

 

 

その効果はデュエル中に1度だけ、

まだモンスターが置かれていない相手のメインモンスターゾーン1つを指定、

一度そのメインモンスターゾーンにモンスターが置かれるまでの間

そのメインモンスターゾーンが使用可能な状態であるならば

メインモンスターゾーンにモンスターを出す場合に

その指定した場所にしか使用できなくなるというものです。

デュエル中1度だけという重い制約が存在しますが

これは複数枚発動可能だと簡単に強力なロックが作れてしまう為でしょう。

「1度しか適用できない」というRUM-七皇の剣と同じ書き方であり

ジャンク・コレクター等でコピーしたとしても2回発動する事はできません。

またあくまでメインモンスターゾーンの使用を制限する効果であり

エクストラモンスターゾーンに出す場合には特に制限は発生しません。

 

 

このカードの用途として真っ先に思いつくのは

「複数のモンスターを同時に特殊召喚する行為への妨害」です。

そういった効果にチェーンしてこのカードを発動すれば

特殊召喚を指定したモンスターゾーン1つのみへと制限する事が可能です。

ソウル・チャージ、真炎の爆発、スケープ・ゴートあたりが狙い目となるでしょう。

ペンデュラム召喚も妨害する事が出来ますがチェーンして発動する事は出来ないので

いつこのカードで妨害するかのタイミングが重要となります。

 

 

次に相手がリンクマーカー先にEXデッキのモンスターを出そうとした時に

別のモンスターゾーンを指定してリンクマーカー先に出せなくさせる事が考えられます。

ただこれも相手がそのモンスターゾーンに一旦モンスターを出せば

その時点で妨害が解除されてしまうので発動するタイミングが重要となります。

上手くEXデッキから特殊召喚する直前を見極めましょう。

 

 

あとはトポロジック・ボマー・ドラゴンの真正面のリンク先を指定する事で

相手に無理やりリンク先に特殊召喚させてトポロジックボマーの効果を発動、

相手を全滅させてしまうという方法もあります。

ただトポロジックボマーの効果は通常召喚では発動しない為、

相手が既に通常召喚を終えたのを見計らって発動するか

もしくは特殊召喚する効果にチェーンして発動をするといいでしょう。

 

 

それほど強力なカードではないですし制約の関係上1枚入れるのが関の山ですが

上手く使いこなすと結構格好いいタイプのカードだと思います。

見事にこのカードで相手をハメた時はドヤ顔してあげましょう。

関連記事

遊戯王OCGカード考察:古代の歯車機械(アンティーク・ギアガジェット)

機械複製術と相性抜群!   今回紹介するのはストラクチャーデッキR-機械竜叛乱

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:WW(ウィンド・ウィッチ)-アイス・ベル

展開しながらバーンダメージ!   今回紹介するのはレイジング・テンペストよりこ

記事を読む

幻煌龍(げんおうりゅう):遊戯王テーマ考察

通常モンスターである幻煌龍(げんおうりゅう) スパイラルを主軸にする新しいテーマ、 それがマキ

記事を読む

忍びの六武(しのびのろくぶ):遊戯王カード考察 ザ・ロマンカード、墓地をいかに肥やすかが鍵

今回紹介するのはデッキビルドパック スピリット・ウォリアーズよりこのカードです。  

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:RR(レイド・ラプターズ)-アルティメット・ファルコン

シャイニング・ビクトリーズのCMも放送されましたね。 今回紹介するのはシャイニング・ビクトリー

記事を読む

覇王門無限(はおうもんインフィニティ):遊戯王カード考察

制約そんなもんでいいの?   今回紹介するのはマキシマム・クライシスよりこのカ

記事を読む

遊戯王アークファイブ考察:零羅は赤馬零児の弟ではない?

アークファイブ公式のキャラクター説明なんですが零羅の説明に大きな違和感を感じました。 『零児を「兄

記事を読む

遊戯王OCG新カード考察:超戦士カオス・ソルジャー、超戦士の儀式

今回紹介するのはディメンション・オブ・カオスよりこのカードです。   &nbs

記事を読む

電送擬人(でんそうぎじん)エレキネシス:遊戯王カード考察 10期向け手札誘発、メタカード以外の使い道も

10月です。とうとう新しいリミットレギュレーション適用ですね。 まあ既にSPYRAL環境になっ

記事を読む

遊戯王OCGカード考察:フルメタルフォーゼ・アルカエスト

相手モンスターを溶かしまくれ!   今回紹介するのはインベイジョン・オブ・ヴェ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

広告1

スポンサーリンク
遊戯王カード考察:やぶ蛇 地雷カードの決定版 発動できた場合皆は何を出す?

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:クインテット・マジシャン シンプルに豪快で強い、未来融合もオススメ

2月23日にザ・ヴァリュアブル・ブック20が発売されます。 今回

遊戯王カード考察:ヤジロベーダー さあなんか新用語が出て来ましたよ

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:急き兎馬(せきとば) 新しいランク5素材候補、実はデメリットも有効活用できる

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

遊戯王カード考察:星遺物-『星槍』(せいいぶつ せいそう) リンク用の強力な戦闘補助、回収もしやすい

今回紹介するのはフレイム・オブ・デストラクションよりこのカードです。

→もっと見る

    • 4,966,755 総合計アクセス数
PAGE TOP ↑